ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR東日本が日光線・烏山線の6駅舎を改装

2013.09.07 (Sat)
烏山駅
 

JR東日本が10月初に日光線の鶴田、鹿沼、今市の3駅と烏山線の仁井田、大金、烏山の
3駅の計6駅の駅舎を建て替えてリニューアルすると発表しました。建て替えの工事期間は
2014年3月まで。日光線はすでにほかの駅の建て替えを進めており今回の工事で全ての
駅のリニューアルが完了。烏山線は(先月訪れた)終点の烏山、7月まで有人駅だった大金、
かつて直営駅で列車交換も可能だった仁井田の歴史ある木造駅舎が解体されるそうです。
烏山駅舎前には「近代化遺産」なんて案内もありましたが、あっさりしたものです。
 
烏山駅 
烏山駅は那須烏山市の伝統行事「山あげ祭り」をモチーフ。

大金駅 
神社併設の駅として親しまれている大金駅は神社との一体感をコンセプト。

仁井田駅 
学生の利用が多いので混雑などを考慮しシンプルな駅舎に。

鶴田駅 
鶴田駅は鶴をモチーフ。

鹿沼駅 
鹿沼駅は鹿沼市の伝統行事「ぶっつけ祭り」の屋台をイメージ。

 
今市駅は地元の杉並木の木漏れ日をイメージ。
烏山線は(当たり前だけど)窓口も改札もない待合室とトイレだけの小さな鉄筋コンクリート製、
日光線はお馴染みのブラウンを基調としたレトロ調を取り入れた駅舎になりそうですね。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。