ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光線 宇都宮-日光(2013/8/4)

2013.08.07 (Wed)
2013年夏の青春18きっぷで行く烏山線と日光線乗り潰しの旅です。
宇都宮駅
 
前回の続き)烏山線を往復して宇都宮に戻ってきました。このあとは日光線の列車に乗車。

宝積寺から宇都宮行き普通列車に乗車し10分で宇都宮に到着。(車輌は211系A30編成)
宇都宮線の211系はすでに上野-宇都宮から撤退していて残る区間は宇都宮-黒磯のみ。
その宇都宮-黒磯も日光線と共通の205系600番台への置き換えが決まっています。ただ、
5両編成が日光線と共通の4両編成となるため2本繋ぐときは2両減車。(混雑は大丈夫?)
 
JR東日本キヤE193系
 
ホーム端から宇都宮運転所のほうを眺めるとEast i-Dの姿。おそらく烏山線を検測すると
(もう検測済みかも)思われますが、そういうのは詳しくないので分かりません(笑)。

 
昼食をとってから駅に戻ると烏山線のホームに国鉄急行色の姿。てっきりさっき乗車した
1004かと思いきや、もう一両の1007。

 
しかも、後ろは6月に首都圏色に塗り替えられた1005。1005首都圏色は初めて見ました。
この国鉄色2両編成は是非走行シーンを撮影したいところですが、今回は乗り潰しなので
グッと我慢して日光線へと向かいます。

 
こちらが乗車する日光行きの普通列車。車輌は日光線色の205系Y10編成。今年3月の
ダイヤ改正で107系から置き換え。最初に書いたとおり、宇都宮線宇都宮-黒磯の211系も
共通の205系600番台に置き換えられ、日光線色のほかに湘南色の車輌もあります。

 
まぁそれにしても新車を導入しないで205系で置き換えるあたりがJR東日本らしいですね。
では、早速日光行きの普通列車に乗車して日光へと向かいます。

日光駅
 
宇都宮から40分ちょっとで終点の日光に到着。これで日光線の乗り潰しが完了ですが、
正直言うと途中下車もしないので車内では半分ウトウト。新たな乗り潰し区間にするには
ちょっとダメかなぁ(自分基準)って感じ。
このあとは改札を出て東武日光駅へと向かいます。(次回に続く)

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。