ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

烏山線 烏山-宝積寺(2013/8/4)

2013.08.07 (Wed)
2013年夏の青春18きっぷで行く烏山線と日光線乗り潰しの旅です。
烏山駅
 
前回の続き)烏山線終点の烏山に到着。このあとは折り返しで宇都宮行きとなる列車に
乗車し宇都宮に戻ります。

烏山に到着し烏山線の乗り潰しが完了。2012年頃は手前に1本だけ立つ架線柱あたりに
架線柱1本の蓄電池駆動電車「スマート電池くん」の充電設備があったと思うのですが、
見た感じ架線柱そのものから建て直し、新規の充電設備はホーム前に設置するようです。
 
元・JRバス関東営業所
 
これは駅前の元JRバス関東の建物。ウィキペディアによると、烏山駅前からは常野線
(烏山-馬頭)が運行していましたが、2011年3月末で廃止。おそらく建物も、その時以来
空き家になっているのでしょう。

 
こちらは駅前にあるコイン洗車場の跡地。看板からすると、JRバス関東の持ち物のようで
コイン洗車場として営業終了後は使われなくなったバス停の置き場となっていました。

鉄道廃止となれば、マスコミに大きく取り上げられたり地元議員が反対したりといろいろと
すったもんだがありますが、それ以外にも民営バスが撤退し公営コミュニティバスに転換、
そして、それすらも維持できなくなり廃止となるケースは地方に多々あり、これを見てると
ブルっちゃいますね。

大金駅
 
烏山から再び烏山線の列車に乗車、20分で烏山線唯一列車交換可能な大金駅に到着。
ここで烏山行きの普通列車と列車交換。(車輌は今朝乗車したキハ40 1009+1008の2両)
ちなみに大金は先月末までは有人駅でしたが、8月から無人駅となり自動券売機も撤去。

宝積寺駅
 
烏山から40分ちょっとで東北本線との接続駅で烏山線起点駅の宝積寺に到着。このまま
乗車し続け宇都宮に戻ってもいいのですが、路線上起点駅となる宝積寺駅舎を見るために
一旦下車。宇都宮へは1本あとの宇都宮線(東北本線)の電車で戻ります。

 
ウィキペディアによると、駅舎は2008年3月に竣工した橋上駅舎。今撮影している東口は
改築によって新設されたそうで、駅前には石倉を再利用したちょっ蔵広場があります。

 
この駅舎の奇抜なデザインは建築家隈研吾氏監修によるもので2008年に鉄道デザインの
国際デザインコンペティション「ブルネル賞」で建築部門の奨励賞を受賞。
このあとは宇都宮線の普通列車に乗車し宇都宮へと向かいます。(次回に続く)

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。