ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根室本線・石勝線・千歳線 釧路-千歳(2012/9/18)

2012.10.20 (Sat)
キュンと北海道フリーパスで行くJR北海道の特急列車乗りつくし北海道周遊の旅です。
南千歳駅
 
前回の続き)釧路から札幌行きのスーパーおおぞらに乗車し約4時間で南千歳に到着。

釧路を出たスーパーおおぞらは根室本線を西に進み帯広には定刻より少し遅れて到着。
ここから徐々に到着が遅れるようになり、新得から石勝線に入るころには明らかな遅延。
そのあと、本来であればこの列車は石勝線内はトマムしか停車しないのですが、占冠や
新夕張にも停車する1本前のスーパーおおぞらが運休になった関係上、それらの駅にも
臨時停車しさらに遅延。車内放送で南千歳に約40分遅れて到着するとアナウンスがあり
急ぎ11時過ぎの札幌方面普通列車のダイヤを調べると・・・終電が10:58で終わってる !?

ぎょえー、慌てて車掌のところへ確認に行くと「接続します」の返答。詳しく訊いてみると、
札幌行きの普通列車もちろん、乗り継ぎ客のいる急行はまなすも待たせてあるとのこと。
一瞬、南千歳→千歳はタクシーかと焦っただけにひと安心(笑)。
 
千歳駅
 
定刻だと10時半過ぎに到着するところを約40分遅れて11時過ぎに南千歳に到着。さらに
札幌行きの普通列車に乗り継いで3分で本日の目的地にして北海道周遊の旅の最終地、
千歳に到着。長かった3日間の乗り鉄もこれで終了。

 
予定では、翌朝のフライトが早いので最終日は早めに着いて早めに夕食をとって早めに
寝ようと考えていたのですが、結局千歳到着は11時半。周りはどこのお店も開いておらず
夕食は駅前のコンビニで購入。ホテルにチェックインして部屋に入ったのは深夜12時。(疲)
(よっぽど疲れているのか、千歳駅の撮影が雑になってブレブレ)

千歳第一ホテル
 
最終日の宿泊は千歳駅近くにある千歳第一ホテル。宿泊プランは「【秋得】【日付限定】
オータムバーゲン(食事なし)」。部屋は「シングルルーム◆喫煙◆12平米(セミダブルベット
使用(120×190cm)■喫煙ルーム■無線・有線LAN接続無料) 」で、宿泊費は4500円。

 
普段だったら喫煙ルームは絶対に予約しないのですが、今回は直前予約で禁煙ルームが
取れなかったので諦めて予約。ところが、部屋には喫煙の感じが一切なし。臭いはないし
壁紙も綺麗。じゅうたんは毛足が長い比較的ふわふわしたものを使っているのに超きれい。
旅行中でこのホテルが一番当たり!! (それだけに滞在時間が短いのが悔やまれる)

 
シャワートイレ、アメニティの種類、シャンプーとリンスが別など、水回りも問題なし。

新千歳空港
 
翌朝はホテルの送りサービスを使って新千歳空港へ。7:35発のスカイマークのSKY870便
成田行きで帰宅し、3日間におよぶJR北海道の特急列車乗りつくし、前泊後泊を含めれば
トータル4泊5日もなる贅沢な北海道周遊の旅はこれで終了です。(終)

<2012/9/18乗車記録>
網走10:01発 - (快速しれとこ3727D) - 釧路13:19着 / 16:28発 - (5637D) - 厚岸17:20着 / 17:31発 - (5638D) - 釧路18:19着 / 19:08発 - (スーパーおおぞら14号4014D) - 南千歳22:31着 / 22:35発 - (851M) - 千歳22:39着
通常運賃換算 網走→釧路 乗車券3570円 / 釧路→厚岸 乗車券900円 / 厚岸→釧路→千歳 乗車券6090円 / 釧路→南千歳 特急自由席券2520円 / 合計13080円


北海道千歳市千代田町7丁目

(2014年6月3日更新)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。