ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幕張車両センター木更津派出キハE130形100番台(2013/7/21)

2013.07.23 (Tue)
久留里駅
 
いすみ鉄道の列車を撮影したあとはクルマを飛ばして久留里線久留里駅へ行き、昨年
12月からキハ30・37・38形に替わって導入されたキハE130形100番台を導入後初撮影。

キハE130形はキハ110系に続くJR東日本の一般形気動車として製造され2007年1月から
水郡線で使用開始。車体はステンレス製軽量構体、前面はFRP製と一般形電車に類似。
久留里線用の100番台は2011年11月に導入を発表。水郡線用の0番台に準じた設計で、
全車両運転台、全席ロングシート、トイレ無し。新潟トランシス製造で、101-110の10両が
在籍。塗色は、前面は黄色と緑色、側面は青色と緑色を配した久留里線オリジナル色。
(客用扉は水郡線用0番台と同じ黄色)
 
 
(画像を見ると)上り列車が2両編成、下り列車が3両編成で運転されていますが、日曜の
夕方と言うこともあり車内はガラガラ。頭の悪そ~な高校生が部活帰りに乗ってるぐらい。
中には駅近くのコンビニで買ったカップ麺を持って駆け込み乗車してる奴もいたけど、汁は
最後にどうするんでしょうかねぇ?(笑)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。