ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神電気鉄道阪神なんば線 尼崎-大阪難波(2013/1/14)

2013.02.08 (Fri)
スルッと関西2dayで行く京阪旧3000系テレビカー乗車と関西私鉄乗りつくしの旅です。
尼崎駅
 
前回の続き)尼崎から近鉄線直通の列車に乗車し阪神なんば線を乗り潰します。

阪神なんば線は2009年3月西九条-大阪難波延伸開業にともない、それまでの西大阪線
尼崎-西九条と合わせて改称した路線で、近鉄難波を改称した大阪難波で近鉄線と接続。
阪神と近鉄は相互乗り入れを開始し阪神三宮-近鉄奈良で直通列車が運転されています。

乗車する列車は快速急行奈良行き、車輌は近鉄5800系5303-5803編成。近鉄線と尼崎
-大阪難波は8・10両編成に対応していますが、阪神本線は6両編成までの対応なので
8・10両編成の場合、尼崎で2・4両を増解結。
 
近鉄9820系
 
阪神なんば線は尼崎を出ると次の大物まで阪神本線と並走。大物から大きく右に曲がり
本線と別れて左門殿川を渡ると大阪府に入ります。続いて(上の画像の)神崎川を横断。
ここで近鉄9820系9725-9325編成とすれ違い。

伝法駅
 
その後、橋脚の低い淀川橋梁を渡ると伝法に到着。ここで近鉄1026系1026-1126編成と
すれ違い。さっきから阪神電鉄の路線を走っているのに乗っている車輌、すれ違う車輌とも
近鉄ばかり。気分はすでに近鉄の路線。(笑)

西九条駅
 
かつての終着駅の西九条に到着。阪神なんば線開通に合わせてホームを難波方に元の
2倍以上の215mに延伸。ここから先は新規開業部分。この先、西九条から次の九条まで
地上区間は安治川橋梁を除いて、すべて(上の画像のような)セミシェルター型防音壁に
覆われています。(これは騒音を憂慮して地下化を主張する反対運動に配慮したもの)

大阪難波駅
 
九条からは地下に入り京セラドーム近くのドーム前、前日下車した南海汐見橋駅付近の
桜川を過ぎると近鉄線と接続駅の大阪難波に到着。
このあとは淀屋橋に移動し京阪旧3000系テレビカー撮影へと向かいます。(次回に続く)

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。