ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸電鉄粟生線 新開地-粟生(2013/1/14)

2013.02.05 (Tue)
スルッと関西2dayで行く京阪旧3000系テレビカー乗車と関西私鉄乗りつくしの旅です。
新開地駅
 
前回の続き)大阪駅で183系を撮影したあとは阪神電鉄の列車に乗車し新開地に移動。
このあとは粟生行きの列車に乗車し、赤字で苦しむ粟生線を乗り潰します。

本来であれば阪神梅田駅や阪神電車の画像を紹介したいところですが、土地勘がなくて
JR大阪駅→梅田駅の移動に手間取り駆け込み乗車、下車した新開地駅でも乗車した
列車がすぐに出発してしまったので、阪神に関する写真は一切なし。話は一気に進んで
神戸電鉄の新開地駅からスタート。

神戸電鉄の新開地駅は頭端式ホーム2面3線。地下1階にあり改札は神戸高速線と共用。
神戸高速線のホームが地下2階で、姫路方の階段を登りコンコースを進むと(上の画像の)
神戸電鉄の乗り場に着きます。
 
神戸電鉄3000系
 
ここからは神戸電鉄の車輌を紹介。まずは粟生線志染行き3000系。ちなみに神戸電鉄の
車輌は長さ17m程度、幅が2.7mと少し小型。中古の車輌が使いまわせないのが難点。

神戸電鉄3000系
 
準急三田行きの3000系。同じ3000系でも上の編成とは赤の色味が違いますね。

神戸電鉄1000系
 
普通三田行きの1000系。

神戸電鉄3000系
 
最後は乗車した急行粟生行きの3000系。

神戸電鉄5000系
 
途中の志染駅近くに留置されていた5000系を車内から撮影。

 
途中の沿線の話はすっ飛ばして、新開地を出発してから1時間弱。加古川の橋梁を渡ると
間もなく終点の粟生です。

粟生駅
 
新開地から約1時間で粟生に到着。JR、北条鉄道と共用駅で、駅舎は地産地消をうたった
カフェのシルキーウェイあわの里を併設。
次回は粟生駅を発着する列車を紹介します。(次回に続く)

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。