ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪モノレール線 門真市-万博記念公園-彩都西(2013/1/13)

2013.02.03 (Sun)
スルッと関西2dayで行く京阪旧3000系テレビカー乗車と関西私鉄乗りつくしの旅です。
門真市駅
 
前回の続き)京阪交野線を乗り潰したあとは門真市から大阪モノレール線を乗り潰します。

大阪モノレール線は、伊丹空港の大阪空港から門真市まで大阪郊外を環状に結ぶ路線で
規格は跨座式モノレール。運営は大阪府が出資する第三セクター。(でも、ちゃんと黒字)
ウィキペディアなんかにも書いてあるけど、2011年に中国重慶市の重慶軌道交通3号線が
開業するまではモノレールとして世界最長の営業距離だったため、実は時間のないときに
乗り潰すには面倒。正直もうホテルに行って休みたいので今回は以前に乗ったことがある
大阪空港-万博記念公園は乗車済みと扱い、それ以外の区間を乗り潰します。
 
 
門真市駅に列車が到着。(最初の画像を見てもらうと分かりますが)、1番線は降車専用で
列車は一旦南側にある引き上げ線へと進み、折り返して大阪空港方面の2番線に入線。

 
これが門真市駅南側に伸びる引き上げ線。将来的には地下鉄長堀鶴見緑地線門真南駅、
JR片町線鴻池新田駅、近鉄けいはんな線荒本駅への延伸計画があるらしい。

万博記念公園駅
 
門真市から18分で万博記念公園に到着。これで昔の乗車と合わせて本線乗り潰し完了。
続いて、支線の彩都線を乗り潰すために彩都西行きの列車に乗車。

彩都西駅
 
万博記念公園から12分で終点の彩都西に到着。これで大阪モノレール線乗り潰し完了。
時間が少しあったので一旦改札を出て駅舎を撮影。

 
ウィキペディアによると、彩都西から先も延伸計画があるらしく、門真市同様に列車は一旦
引き上げ線に進み折り返して万博記念公園方面のホームに入線する、何とも面倒な構造。
(最初から大阪空港方にポイントを作って交互発着にしちゃえばって思うのは私だけ?)

万博記念公園駅
 
彩都西から万博記念公園に戻ってきました。万博記念公園駅のホームは島式2面3線。
彩都線の列車は両側ホームの真ん中の1線から発着し両方の扉が開くため門真市方面、
大阪空港方面のどちらの列車と乗り換えるのも便利。

 
大阪空港行きの列車に乗車。
このあとは北大阪急行電鉄との接続駅の千里中央へと向かいます。(次回に続く)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。