ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南海電鉄和歌山港線 和歌山市-和歌山港(2013/1/13)

2013.01.25 (Fri)
スルッと関西2dayで行く京阪旧3000系テレビカー乗車と関西私鉄乗りつくしの旅です。
和歌山港駅
 
前回の続き)みさき公園から和歌山港行きの特急サザンに乗車し和歌山港に到着。

和歌山港線は和歌山市から一つ隣の和歌山港までの路線で、和歌山港駅で南海フェリー
南海四国ラインに連絡しています。ダイヤは南海フェリー接続のみを考慮し休日は8往復、
平日も11往復しか運行本数がありません。今回は和歌山港線の乗り潰しが目的なので
和歌山港駅でそのまま乗車してきた列車に再び乗車し和歌山市に戻ります。
 
 
奥に見える船が南海フェリー。上手い感じでサザンと南海フェリーの並びを撮影。(笑)

南海フェリーは昨年お盆の乗り鉄旅行の途中で利用していますが、飛行機の到着が遅れ、
JR和歌山駅から紀勢本線・南海電鉄和歌山港線の乗り継ぎが不可能になり、ここまで
路線バスで移動。港を見渡せる場所がなかったので、フェリー自体の撮影は今回初めて。

 
改札を出て改札とフェリー連絡通路を撮影。全くもって5ヶ月前と同じ画。

 
続いて、駅舎全体を撮影。色々と「南海電鉄/南海フェリー 和歌山港駅」の文字が全部
見える角度を探しましたが、どうしても手前の木が邪魔で、駅舎全体と文字のバランスで
この位置で妥協。

 
駅舎を撮影したあとはホームに戻り乗ってきた特急サザンを撮影。(以前のエントリーにも
書きましたが)、特急サザンは座席指定4両+通勤形4両の8両編成で、座席指定車輌
10000系+通勤形車輌7000・7100系、または新型の座席指定車輌12000系+通勤形車輌
8000系の組成で、今回乗車した車輌は後者。

和歌山港
 
出発直後に車窓から和歌山港フェリーターミナルとフェリーへと続く通路を撮影。

 
和歌山港から5分で和歌山市に到着。(ってかまだ到着してないけど(笑))和歌山市駅の
構内線の複雑さにうっとりしながら前面展望を撮影。
このあとは和歌山市駅を発着する列車を撮影します。(次回に続く)

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。