ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館本線 小樽-札幌(2012/9/17)

2012.10.06 (Sat)
キュンと北海道フリーパスで行くJR北海道の特急列車乗りつくし北海道周遊の旅です。
小樽駅
 
前回の続き)2日目は特急スーパー宗谷に乗車し稚内まで行き宗谷本線を乗り潰します。

2日目は早朝6時半スタート。今日は乗車する列車の本数こそ少ないものの、函館本線の
残り区間小樽-旭川、宗谷本線旭川-稚内、石北本線旭川-網走の長大路線を、たったの
一日で乗り潰す強行軍。それこそ青春18きっぷの旅だったら3~4日はかかるでしょうが、
すべて特急列車を使い、網走到着を23時にすることで可能となります。
 
 
ウィキペディアによると、駅舎は上野駅をモチーフにしており、国の登録有形文化財。改札
頭上の窓には無数の小樽ガラスのランプが取り付けてあります。

なお、北海道新幹線の駅は在来線の小樽駅に併設されず南方の天神地区に新設される
新小樽駅(仮)となる計画で、札幌-小樽は(儲かるので)経営分離されない予定です。

721系
 
さて、乗車まで時間があるので停車している車輌を撮影。まずは721系F-3201編成。

721系
 
続いて、721系F-4102編成。(昨晩見た)F-4101編成同様、北海道ディスティネーションの
イメージキャラクターキュンちゃんラッピング車。

731系
 
続いて、731系G-114編成。

721系
 
今朝、新たに撮影できた形式は731系のみ。このあとは快速エアポート新千歳空港行きの
列車に乗車。(車輌は721系F-3103編成+F-3203編成)

列車は小樽の市街地を過ぎると石狩湾を左に見ながら一路札幌へ。車窓に見える景色は
物凄く綺麗で、車窓だけ眺めてていると、まるで風光明媚がウリの観光ローカル線にでも
乗車してるかのような気になってくるのですが、翻って車内を見渡すと通勤客でごった返す
普通の都市近郊路線の朝と、何とも不思議な路線。(笑)

札幌駅
 
函館本線は銭函から海岸線を離れ札幌に向かって直進。途中で学園都市線と合流して
札幌に到着。札幌駅は2003年流氷ツアーの帰りに寄って以来なので10年ぶり。

 
一旦改札を出て駅舎を撮影。10年経つと駅も変わる・・・と考えがちだけど、そうでもない。
10年前にも、この南口駅舎はほぼ完成していて、異なるのは奥のJRタワーぐらい。(まっ、
それが大きな違いって言えば違いだけど(笑))
このあとは札幌駅を発着する列車を撮影してからスーパー宗谷に乗車します。(次回に続く)

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。