ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟車両センター485系 きらきらうえつ(2013/1/1)

2013.01.18 (Fri)
2012年冬の青春18きっぷで行くきらきらうえつ乗車と彌彦神社初詣の旅です。
酒田駅
 
前回の続き)酒田から新潟行きのきらきらうえつに乗車し新潟へと向かいます。

きらきらうえつに乗車するまで酒田駅を発着する列車を撮影。これは到着した特急いなほ
新潟車両センター485系T12編成。(残念ながら撮影時は幕が「回送」に変わっていました)
これで半年以上東北を旅することがないので485系いなほを見るのは今回が最後かも。
 
 
快速きらきらうえつが入線。車輌は新潟車両センター485系700番台きらきらうえつ専用。
4両編成で1・3・4号車が全席指定席の普通座席。元旦なので満席になることはないと
分かっていましたが、自由席はないのでジパング平泉号、秋田新幹線ともにあらかじめ
千葉で指定券を購入済み。(購入済みなので逆に大雪による運休が怖かった)

 
2号車はビュッフェと和風ラウンジ。ラウンジは以前は「譲り合ってのご利用を」だったのが
よっぽどマナーが悪かったのか、現在は「ビュッフェでの食品購入者対象で時間制」へと
ルールが変更。日本海の見える出発直後に利用したかったので乗車するなり座席を確保。

 
 
ビュッフェで駅弁を購入。今回は沿線名物の村上牛を使った「村上牛しぐれ」をチョイス。
着席するとアテンダントさんが利用時間を書いた札をテーブルまで持ってきてくれました。

 
ラウンジでの食事のあとは指定座席に戻り冬の日本海を見ながら微睡み。

 
村上駅手前の交直切替デッドセクションで一時的に車内の電気が消えました。

新潟駅
 
村上を過ぎて新発田からは白新線に入り、酒田から2時間20分で終点の新潟に到着。
このあとは新潟駅を発着する列車を撮影します。(次回に続く)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。