ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥羽本線 大曲-秋田(2012/12/31)

2013.01.13 (Sun)
2012年冬の青春18きっぷで行くジパング平泉号乗車と世界遺産平泉を訪ねる旅です。
大曲駅
 
前回の続き)大曲から秋田行きの普通列車に乗車し秋田へと向かいます。

乗り換え時間が20分あったので改札外に出て買い物ついでに駅舎を撮影。(ただ、大雪で
jpeg画像をリサイズしたらご覧のとおりの低画質(笑))コンビニの一つでもないかと駅前を
見渡してもチェーンの居酒屋ぐらいしか店がないので諦めて急ぎ駅に戻りました。
 
 
(この画像の)右奥が新幹線乗換改札口。在来線直通区間なんて、在来線特急と同じで
ホームなんか区切る必要がないと思うけど、新幹線の特別感を出したいのか、大曲駅でも
新幹線ホームと専用改札を設置。

 
ホームの垂れ幕のほか、(このように)ポスターも貼ってあり、E6系をアピール。ところで、
現行E3系との置き換えが完了し全てE6系になったら“スーパー”は取れるのでしょうか?
まっ置き換えのペース次第では撮るのも乗るのも急がないといけませんね。

 
奥羽本線の新庄発秋田行き普通列車が到着。(車輌は秋田車両センター701系N37編成)
奥羽本線の大曲-秋田は標準軌と狭軌の単線並列(一部は三線軌条)で、田沢湖線と違い
普通列車は従来通りの狭軌。

 
701系をはじめJR東日本の普通列車はコストダウンが酷いと思っていたけど、
車輌の密閉性がよっぽど低いのか、戸袋から風雪が入ってきて扉の裏側に
雪が積もっていました。

 
大曲から50分弱で終点の秋田に到着。最後に秋田車両センター701系の並びを撮影。
(左はN103編成、右はここまで乗車したN37編成)

 
ついでに、秋田新幹線こまちも撮影。(となりのホームから撮影したので編成は不明)
これで2日目の乗り鉄は終了。予約してあるホテルへと向かいます。(次回に続く)

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。