ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北本線 一ノ関駅(2012/12/31)

2013.01.12 (Sat)
2012年冬の青春18きっぷで行くジパング平泉号乗車と世界遺産平泉を訪ねる旅です。
一ノ関駅
 
前回の続き)平泉観光のあとは一ノ関から485系ジパングに乗車し盛岡に向かいます。

一ノ関は東北本線、大船渡線、東北新幹線の接続駅で、東側に新幹線高架駅、西側に
在来線地上駅があり、一ノ関運輸区を併設。(この画像は駅西口) 東北本線は一ノ関で
運転系統が分断されていて青春18きっぷの旅はほぼ乗り継ぎとなります。しかも北上は
乗り継ぎが良くなく、今朝の乗り継ぎも臨時の平泉リレー号がなければ次の盛岡行きは
約1時間後と、まさに北東北の「関所」。
 
盛岡車両センター701系
 
 
485系ジパングが入線するまで停車している車輌を撮影。まずは盛岡車両センター701系。
車体帯色は紫色で一ノ関-盛岡で運用。一部に「イーハトーブいわて物語」のラッピングが
施されています。

仙台車両センター701系
 
続いて、仙台車両センター701系。車体帯色は赤+白+緑の3色で黒磯-一ノ関で運用。

盛岡車両センター485系ジパング(ジョイフルトレイン)
 
新幹線改札のほうへ売店を探しに行っているうちに乗車する快速ジパング平泉号が入線。
485系ジパングは2012年4-6月の岩手ディスティネーションキャンペーンにあわせて登場。
4両編成で先頭車は元高崎車両センター所属の「やまなみ」、中間車は青森車両センター
485系3000番台の改造。

 
東京方の後ろ側から撮影しても外観は盛岡方と差異はなし。

 
JR東日本の説明によるとデッキ部は映像と光で「現代と平安時代」を演出。時代を超えた
「非日常」を感じられる空間だそうです。

 
(このように)先頭車は展望席で1号車が展望形自由席、2号車が普通車自由席、3号車が
普通車指定席、4号車が展望形指定席。ちなみに今回は自由席では座れない可能性も
考慮し千葉で座席指定券を購入したのですが、乗ってみたらガラガラ。始発の一ノ関から
乗車すれば展望形でも席が空いていて指定券の510円が完全に無駄になりました。
このあとは快速ジパング平泉号で盛岡へと向かいます。(次回に続く)

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。