ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館本線 函館-長万部(2012/9/16)

2012.09.27 (Thu)
キュンと北海道フリーパスで行くJR北海道の特急列車乗りつくし北海道周遊の旅です。
函館駅
 
前回の続き)函館からスーパー北斗に乗車し長万部へと向かいます。

このあとはスーパー北斗で長万部まで戻り、長万部で小樽行きの普通列車に乗り換えて
函館本線を函館から小樽まで乗り潰します。もっとも、函館本線には大沼-渡島砂原-森の
砂原線と呼ばれる支線があり、そこも未乗車。その辺りは2013年に予定している、廃線前
最後の江差線乗車と絡めて乗り潰すとして、今回は本線だけに乗車。
 
 
札幌行き特急スーパー北斗。車輌はキハ281系。往路がキハ283系、復路がキハ281系と
違う車輌の乗車でき、まさに特急列車乗りつくしの旅!!

 
函館を出発すると車窓には「北の大地に向けて夢運ぶ北海道新幹線」の文字。新幹線が
開業すると在来線は第三セクターに転換され、看板の掲げられた函館運輸所を始め、
全ての関連施設が衰退すると思われるけど、その車庫自体に看板が掲げられている皮肉。

 
しばらくすると建設中の北海道新幹線の高架が見えてきました。ただ、高架だけでなく
できれば建設中の新函館駅の駅舎も撮影しようとカメラを構えていたものの、どこが新駅の
予定地なのか良く分からず撮り逃す始末。(笑)
 (※ 実はこれ、新函館駅が新設される
渡島大野駅の位置を七飯駅あたりと勘違いしていたからで渡島大野駅は本線と藤城線が
分岐したあとの本線上にあり、下り専用の藤城線を走行する特急列車からは見えません)

 
続いて、函館本線は大沼国定公園付近を走行。大沼湖、小沼湖、駒ケ岳の美しい姿を・・・
・・・と言いたいところですが、地図を確認していなかったので何がなんだか分からず。

八雲駅
 
函館から1時間弱で八雲に到着。建設中の北海道新幹線は新函館の次の駅を八雲町に
予定していますが、その位置は現行JR駅から西に3kmあまり行った畑のど真ん中とか?

長万部駅
 
函館から1時間20分弱で目的の長万部に到着。
このあとは小樽行きの普通列車に乗り換えて小樽へと向かいます。(次回に続く)

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。