ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館本線 函館駅 #1(2012/9/16)

2012.09.21 (Fri)
キュンと北海道フリーパスで行くJR北海道の特急列車乗りつくし北海道周遊の旅です。
函館駅
 
前回の続き)苫小牧から函館行きスーパー北斗に乗車し2時間半で終点の函館に到着。

表定速度が在来線特急で日本最速となるスーパー北斗をたっぷり堪能して函館に到着。
途中、室蘭本線でトワイライトエクスプレスとすれ違ったり、内浦湾が見えたりと車窓には
いろいろ紹介したいモノがあったのですが、写真が撮れていないのでそれらの話はすべて
すっ飛ばします。(まぁ青春18きっぷの旅なら4~5回に分けて紹介する距離ですが(笑))
 
 
左がここまで乗車したスーパー北斗キハ283系。となりには新青森行きのスーパー白鳥
789系。スーパー白鳥789系を見たのは2011年のJR東日本パスの旅以来1年3ヶ月ぶり。
スーパー白鳥・白鳥は早ければ2015年度内に開業する北海道新幹線新青森-新函館との
絡みで、いつどうなるか分からないので早めに乗っておかないとヤバイですね。

 
これが基本編成の先頭車。この編成はHE-200番台編成を増結しています。

 
遠くに留置されているキハ183系(手前が非貫通型、奥が貫通型の先頭車)が見えます。

 
かつての鉄道連絡船接続駅らしく、駅の構造は海側が車止めの頭端式ホーム。けれども、
この構造が仇となり青森同様、新幹線駅はここには造られません。しかも、新幹線駅が
青森の隣に造られた新青森と違って、新函館は約20km先の北斗市。函館空港より遠い。

 
こちらは1-4番線に停車中のキハ40形。函館本線の函館-長万部や江差線の江差方面の
普通列車に使用されています。

 
(時間的にはあとで撮影したものになりますが)、最後はJR東日本485系3000番台を
使用する特急白鳥。スーパー白鳥と同じく2011年のJR東日本パスの旅以来1年3ヶ月ぶり。
青森車両センター485系は廃車が始まっているので撮るのも乗るのも急がないと!!
このあとは駅近くのどんぶり横丁市場で昼食にします。(次回に続く)

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。