ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東武鉄道 寄居-小川町-坂戸(2012/9/8)

2012.09.13 (Thu)
2012年夏の青春18きっぷで行く八高線・横浜線と東武線未乗車路線乗り潰しの旅です。
寄居駅
 
前回の続き)高崎から高麗川行きの八高線の普通列車に乗車し40分で寄居に到着。

八高線は過去に乗車たことがあるので、寄居から東武鉄道に乗り換えて小川町・坂戸を
経由し越生まで東武線の未乗車区間を乗り潰します。(と言っても寄居-小川町の区間も
その昔、外秩父七峰縦走ハイキング大会で移動のときに乗車したことあり、厳密に言うと
新たな乗り潰し区間ではありませんが)
 
小川町駅
 
寄居から15分で小川町に到着。東武東上線は小川町で運転系統が分断されているので
ここで池袋行きの列車に乗り換え。(車輌は東武10000系)

 
小川駅も寄居駅と同様、八高線と東武鉄道の接続駅で駅舎に接するホームに切り欠きの
1番線と2番線、跨線橋を渡って島式ホームが(一つ上の画像の)3-4番線で、ここまでを
東武鉄道が使用。

 
JRの乗り場は跨線橋をさらに奥に進んだ先にあり連絡通路の途中には(このように)JRの
簡易ICカード改札機が設置されています。

 
JRのホームは島式1面2線で下り高崎方面が7番線、上り高麗川方面が8番線。東武線と
違ってホームに屋根はなく中寄に待合室があります。

ICカードで東武鉄道に乗車してる状態ではあるものの、青春18きっぷを持っているので
JRに乗ってきたことにして改札を出て駅舎を撮影することも不可能ではありませんが、
乗り換え時間は短いし、そう言う不正はしない主義なので素直に池袋行きの急行に乗車。

坂戸駅
 
小川町から20分強で坂戸に到着。このあとは越生線の列車に乗り換えます。

 
ここで凡ミス。計画立案段階で東武線内は途中下車すると余計にお金がかかるしタイトな
乗り継ぎ時間でさっさと乗り潰してしまおうと考えていたので、坂戸では数分で越生行きの
列車に乗り換えなければいけなかったのですが、勘違いで(このような)ホームの写真を
のんびり撮っていたら、目の前で乗車予定だった列車が発車。

 
結果、次の列車まで時間が空いてしまい(このように)東上線と越生線の分岐する場所を
撮影できたものの、このあとの越生では数分でJR線に乗り換えとなるため、残念ながら
この時点で越生駅の撮影がなくなることが決定。(悲)
このあとは越生行きの普通列車に乗車しへと向かいます。(次回に続く)

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。