ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央本線 奈良井-立川(2012/8/15)

2012.09.08 (Sat)
2012年夏の青春18きっぷで行く武豊線と中京地区の未乗車路線乗り潰しの旅です。
奈良井駅
 
前回の続き)奈良井宿観光のあとは駅に戻り松本行きの普通列車に乗車し帰京します。

ホームで待っているとやってきた列車は長野総合車両センター115系N3編成。塩尻から
先は当然としても、せめて中央西線区間は313系の転換クロスシートに乗りたかったのに、
残念ながら奈良井から115系のボックスシートとは・・・(悲)

長野総合車両センター115系3連のうち、編成札が緑のN1~N16編成はJR東海のATSも
搭載し、(このように)中央本線の塩尻-中津川にも乗り入れます。(ただ、313系のように
塩尻-中津川の運賃表や運賃箱の設置はなく、見た感じ不正乗車し放題のような・・・)
 
E655系
 
奈良井から20分で塩尻に到着。ここで甲府行きの普通列車に乗り換え。乗り継ぎ時間が
短く乗客の多くがダッシュして座席争いがあったため塩尻の写真は一切なし。塩尻からは
ここ数年青春18きっぷの旅で乗車しているお馴染み区間で寝て過ごしてもイイのですが、
15日は諏訪湖祭湖上花火大会が開催されるため臨時列車が運行されており、車窓には
(このように)E655系の姿も。なかなか寝てもいられません。(笑)

甲府駅
 
塩尻から約1時間30分で終点の甲府に到着。ここも乗り継ぎ時間数分で立川行きの
普通列車に乗り換え。ただ、塩尻と違って多少余裕があったので、ここまで乗車した車輌
(長野総合車両センター115系N33編成)とこれから乗車する車輌(115系C4編成)を撮影。

立川駅
 
甲府から2時間で終点の立川に到着。立川は中央本線甲府方面中距離列車運転区間の
東端で現在のところ115系がもっとも都心近くに乗り入れる駅。(このように)長野色のほか
豊田車の横須賀色を見ることができます。

 
さて、立川駅と言えば名物のおでんそば・うどん。ただ単に駅の立ち食いそばにおでんが
載っているだけですが、これが意外と美味い。写真のさつま揚げのほかに、がんもどきと
煮玉子もあり全部載せも可能。

 
ただ、全部載せちゃうとおでんを食べているだけになっちゃうので今回はさつま揚げのみ。

 
特に用はないけど改札を出て駅舎を撮影。このあとは東京行きの中央線快速の列車に
乗車し中央線・総武快速線を乗り継いで帰宅。途中、秋葉原や錦糸町に寄っていますが、
そのあたりの話は全て端折ってお盆休み乗り鉄の旅は終了です。(終)

<2012/8/15乗車記録>
名古屋06:12発 - (701M) - 中津川07:34着 / 07:38発 - (1827M) - 奈良井09:20着 / 11:42発 - (829M) - 塩尻12:04着 / 12:12発 - (440M) - 甲府13:49着 / 13:52発 - (552M) - 立川15:48着 / 16:21発 - (中央特快1602T) - 御茶ノ水17:01着
普通運賃換算 名古屋→塩尻→千葉 6860円
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。