ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央本線 勝川-名古屋(2012/8/14)

2012.09.06 (Thu)
2012年夏の青春18きっぷで行く武豊線と中京地区の未乗車路線乗り潰しの旅です。
勝川駅
 
前回の続き)東海交通事業城北線を乗り潰したあとは中央本線で名古屋に戻ります。

東海交通事業の勝川駅から10分ほど歩いてJRの勝川駅に到着。ウィキペディアによると、
勝川駅周辺総合整備事業の一環で2009年11月に高架化。ホームは単式2面2線ですが、
東海交通事業城北線の乗り入れを想定し島式ホーム2面4線に対応した造り。
 
 
東海交通事業城北線が乗り入れた場合は中線2線を使う予定ですが、中線2線側は柵で
塞がれ反対側のホームもあまり良く見えない状態。

 
さて、勝川から名古屋行きの普通列車に乗車し名古屋に戻り、長かったの名古屋周辺の
未乗車路線乗り潰しは終了。まぁまだ日も高いし、頑張れば名鉄、近鉄、地下鉄などなら
どこかの駅に行って発着する列車を撮ることも可能ですが、暑くて体力的に無理。(笑)
少し早いものの、連泊している名古屋のホテルに戻りビールを飲んで休むことにしました。

名古屋駅
 
勝川から20分で終点の名古屋に到着。まずは、名古屋駅名物、ホームのきしめん屋さんで
味噌きしめんを一杯。最初のころは名古屋の味噌味がそんなに好きじゃなかったのですが、
最近慣れてきたのか、そこそこ美味い。

世界の山ちゃん
 
続いてホテルでビールを飲むためにつまみを購入。寄ったお店は有名な世界の山ちゃん。

 
購入した商品は、もちろん幻の手羽先。名前だけは超有名だけど、果たして美味しいのか?
できたてを食べるために購入後、即ホテルの部屋に戻り開封。

 
まっスパイシーでビールに良く合うんで2人前をぺろりと食べたけど、“幻”は大袈裟かな。
正直、どうしても世界の山ちゃんじゃなきゃって感じではありませんね。
このあとは少しだけ名古屋駅周辺を散策していますが、そのあたりの話は全て端折って
3日目が終了。翌日は中央本線を経由して東京に戻ります。(次回に続く)

<2012/8/14乗車記録>
名古屋07:21発 - (514D) - 武豊08:25着 / 09:00発 - (1521D) - 半田09:05着 / 09:42発 - (523C) - 亀崎09:48着 / 10:19発 - (525C) - 大府10:37着 / 10:48発 - (2512F) - 岡崎11:03着 / 11:28発 - (愛知環状鉄道1151H)- 中岡崎11:36着 / 12:54発 - (愛知環状鉄道1163H) - 高蔵寺13:49着 / 14:08発 - (633M) - 多治見14:20着 / 14:25発 - (633C~738C)- 岐阜15:32着 / 15:58発 - (196F) - 枇杷島16:21着 / 16:28発 - (東海交通事業129H) - 勝川16:44着 / 17:32発 - (654M) - 名古屋着17:51着
普通運賃換算 名古屋→武豊 740円 / 武豊→半田 180円 / 半田→亀崎 180円 / 亀崎→大府 230円 / 大府→岡崎 400円 / 高蔵寺→多治見→岐阜 1110円 / 岐阜→枇杷島 410円 / 勝川→名古屋 230円 / 合計 3480円 (別途 愛知環状鉄道 岡崎→中岡崎 220円 / 中岡崎→高蔵寺 800円 / 東海交通事業 枇杷島→勝川 430円)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。