ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大和路線・関西本線 大阪-奈良(2012/8/13)

2012.08.29 (Wed)
2012年夏の青春18きっぷで行くアンパンマントロッコ号乗車と春日大社参拝の旅です。
大阪駅
 
前回の続き)姫路から長浜行きの新快速(車輌は223系)に乗車し1時間で大阪に到着。

大阪からは大和路線の列車に乗り換えて大阪環状線を経由して奈良へ行き世界遺産の
春日大社を参拝。そのあと奈良駅に戻り大和路線加茂行きの列車に乗車。さらに加茂で
亀山行き、亀山で名古屋行きの普通列車を乗り継いで午後は関西本線を乗り潰します。
 
奈良駅
 
大阪から約50分で奈良に到着。(車輌は大和路快速221系) 姫路-大阪と同じく、大阪-
奈良もこれと言った車窓の写真はなし。撮るものがないわけではないものの、大阪近郊の
アーバンネットワークは結構混雑していてローカル線のように自由に撮影できないので、
ついついおざなりになっちゃいます。(笑)

 
ウィキペディアによると、奈良駅は2010年の平城遷都1300年記念事業をめどに行われた
土地区画整理事業に合わせて順次高架化。最後まで地平ホームから発着していた
桜井線が2010年3月に高架化され駅施設の高架化が完了。そのあとも整備が進められ
今年の3月に(写真正面の商業施設の)ビエラ奈良がグランドオープンしました。ちなみに
レトロチックな旧駅舎もちょっとだけ曳家で移動し駅前に保存されています。

旧奈良駅舎
 
旧奈良駅舎は2009年7月に奈良市総合観光案内所としてリニューアルオープン。相輪を
設置した寺院風の屋根が特徴の旧奈良駅舎は高架化で取り壊しも検討されましたが、
市民運動などで保存が決定。私が十ウン年前に奈良に来たときはもちろん現役で非常に
印象的な建物だったので再会にちょっと感激。

奈良駅からは奈良交通バス春日大社本殿行きの路線バスに乗車。この路線は東大寺へ
行くときにも乗車するため、私が乗車したときは乗客の半分は外国人。その割にバス停の
時刻表や路線図には中途半端にしか英語の説明がなく、外国人に「Todai-ji temple?」と
やたら訊かれ、そのたびにつたない英語で説明。

観光大国目指すんなら中国人観光客誘致する前に、このくらいちゃんとしとけっちゅうの!!

 
奈良駅から10分ちょっとで終点の春日大社本殿に到着。バスを下車して駐車場を抜けると
二之鳥居と世界遺産石碑。この手の石碑って世界遺産の神社仏閣に行くと大抵あるけど、
必須アイテムなんでしょうか?

 
二之鳥居には車舎(くるまやどり)、祓戸神社(はらえどじんじゃ)があり、その昔、貴族は
車舎に牛車や馬を繋ぎ祓戸神社で身を清めてから二之鳥居をくぐったそうです。

 
さぁ、それでは世界遺産の春日大社を参拝しましょう。
次回から世界遺産の春日大社を紹介します。(次回に続く)

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。