ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予讃線 高松駅 #1 (2012/8/12)

2012.08.19 (Sun)
2012年夏の青春18きっぷで行くアンパンマントロッコ号乗車と春日大社参拝の旅です。
高松駅
 
前回の続き)徳島から列車を乗り継いで高松に到着。予約してある駅近くのホテルに
チェックインする前に高松駅のホームで発着する列車を撮影します。

高松はかつて本州と四国を結ぶ鉄道連絡船の宇高連絡船の接続駅だったので、函館と
同じように線路が行き止まりになる構造でホームは頭端式。跨線橋はなく行き止まり側に
(この写真の)駅舎があります。高松からは四国各地や岡山方面の列車が発着しており
ホームでの撮影とは言え、多種の車輌が撮影できたので順番に紹介します。
 
113系第1編成
 
まずは普通列車。驚いたことにJR四国に113系が在籍。しかも、車輌自体はJR東日本で
廃車になった4両編成3本(+部品取り車)の譲渡車で実は関東出身。それをJR西日本の
体質改善40Nリニューアル工事にならった更新と前照灯変更、オリジナルカラー塗装が
施され、もはや私の知っている113系とは別物になっています。(笑)

121系(翌朝撮影)
 
 
続いて琴平-坂出でも乗車した121系。113系と同じく国鉄からの継承車輌で、1987年に
初めて四国の国鉄路線が電化されるとき、その電化路線向けに製造。分割民営化の際は
すべての121系がJR四国に継承されました。車体帯は更新前後で青と赤に別れます。

JR四国5000系
 
 
次は先ほど坂出-高松で乗車したJR四国5000系。やはり特徴があるのは高松方先頭車
5100形。基本構造はJR東日本のE217系の2階建てグリーン車に運転台を追加。車内は
2階が指定グリーン席、1階が指定席。1階は青春18きっぷ+指定券で乗れますが、2階は
指定のグリーン席なので青春18きっぷは無効。グリーン券のほかに乗車券が必要です。

JR四国6000系
 
JR四国6000系はJR四国の直流近郊形電車。車体はステンレス製で、前面はFRP製。
これと言った特徴のない低コスト車輌。(笑)

6000系のほかに7000系近郊形電車もあるのですが、残念ながら出会えませんでした。
次回は特急列車の車輌を中心に紹介します。(次回に続く)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。