ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土讃線・予讃線 佃-高松(2012/8/12)

2012.08.18 (Sat)
2012年夏の青春18きっぷで行くアンパンマントロッコ号乗車と春日大社参拝の旅です。
佃駅
 
前回の続き)徳島から阿波池田行きの列車に乗車し約1時間40分で佃に到着しました。

本来であれば徳島線運転系統上終着駅である一つ先の阿波池田まで乗車し、阿波池田-
佃は往復する予定でしたが、乗り換え時間が7分間しかないのに佃到着が約5分遅れ。
このまま乗り通して万が一阿波池田行きの列車到着と同時に入れ替わりで琴平行きの
列車が発車すると乗り遅れてしまうので安全策をとって佃で下車。
 
 
何もない駅で待つこと10分。まずは土讃線高知行きの普通列車が到着。車輌はJR四国
1000形気動車。1000形は全長21m級、車体はステンレス製、1990年から新潟鐵工所で
製作。両運転台で(このように)1両から運用されています。

 
続いて乗車する琴平行きの普通列車が到着し佃駅で列車交換。前面にはアンパンマンの
キャラクターステッカー付き。(ただ、キャラクターは何だか知らないけど(笑))

琴平駅
 
佃から約50分弱で終点の琴平に到着。途中徳島県と香川県の県境では有名な秘境駅の
坪尻でスイッチバック&特急との列車交換もあったのですが、残念ながらあたりは真っ暗。
撮影しても何が何だか分からないので写真は一切なし。

 
土讃線は琴平まで非電化、多度津-琴平は電化区間で、普通列車のほとんどは琴平で
運転系統が分かれているので、ここで高松行きの普通列車に乗り換え。(車輌は121系)

坂出駅
 
そのまま乗り続けても高松に到着しますが、マリンライナーの追い越しがあるので坂出で
一旦下車。坂出は瀬戸大橋線開業にともない高架化されており雰囲気は完全都会の駅。

 
7分ほどで後続の快速マリンライナーが到着。(車輌はJR四国5000系+223系5000番台)
どうせ乗るなら特徴的な先頭車5100形に乗車したいけど、短い区間ではもったいないので
普通に平屋建て車に乗車。

高松駅
 
琴平から通算1時間弱で高松に到着。最後はマリンライナーをダブルで撮影できました。
このあとは高松駅に発着する列車を撮影します。(次回に続く)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。