ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上信電鉄 上州富岡-高崎(2012/7/8)

2012.07.27 (Fri)
ぐんまツーデーパスSPで行く群馬県内の路線乗り潰しの旅です。
上州富岡駅
 
前回の続き)世界遺産候補の富岡製糸場の見学を終え上州富岡駅に戻ってきました。
このあとは上信電鉄、JRを乗り継いで帰京します。

上州富岡で列車を待っていると入線してきた高崎行きの車輌はさきほど下仁田駅で見た
「人形処かんとう」広告車。(高崎方は300形クハ303) 車内は地元の高校生でいっぱい。
 
高崎駅
 
上州富岡から40分弱で終点の高崎に到着。最後に下仁田方の250形デハ251も撮影。

 
高崎駅ホーム裏の留置線には電気機関車デキ1形や上信電鉄200形・300形の姿が。
本当は一両一両しっかり撮影したいもののフェンス越しなので、この角度のみ。このあとは
高崎線の快速アーバンに乗り換えるだけですが、少しだけ高崎駅で駅撮りします。

 
考えてみると、高崎駅では何度も乗降して西口はよく撮影しているのに新幹線側の東口は
一度も撮影していないので東口を出て駅舎を撮影。駅舎は商業施設が多数入居する
JR東日本の商業施設「E’site(イーサイト)」。正面に見える建物はヤマダ電機LABI1高崎。

 
列車を待っていたら、「ググっとぐんま観光キャンペーン」のヘッドマークを掲出した115系
T1146編成が入線してきたので急ぎ撮影。昼間に同じくヘッドマーク掲出のT1143編成を
撮影し、これで2編成ゲット。(ほかにもヘッドマーク掲出編成はあるのでしょうか?)

 
高崎線の主力車輌はE231系。このほかに211系も運用されていますが、先日高崎線にも
E233系の投入が発表されたので順次置き換えが進むと思われます。

さぁこれで全て終了。細かいお金の話をすると、ぐんまツーデーパスSPは高崎線は新町、
東武伊勢崎線だと川俣までがフリーエリアで、今回のように高崎線で日暮里まで帰ると
1450円。昨年のように、両毛線で伊勢崎に戻り東武伊勢崎線で牛田まで行けば780円と
半額近いのですが、所要時間が30分も余計にかかるうえ、両毛線の乗り継ぎが悪く次の
桐生行きが1時間後と、昨年と同じルートで帰ると帰宅が夜中になってしまうので素直に
JRで帰京し、ぐんまツーデーパスSPの旅は終了です。(終)

<2012/7/8乗車記録>
高崎6:14発 - (525M) - 大前7:57着 / 8:21発 - (528M) - 川原湯温泉8:45着 / 11:37発 - (532M) - 高崎13:05着 / 13:19発 - 下仁田14:18着 / 14:48発 - 上州富岡15:11着 / 17:33発 - 高崎18:11着 / 18:35発 - (快速アーバン3940M) - 上野20:07着
普通運賃換算 高崎→大前 1450円 / 大前→川原湯温泉 320円 / 川原湯温泉→高崎 1110円 / 上信電鉄1日乗車券 2160円 / 高崎→新町 230円 / 合計 5270円
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。