ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東武小泉線 館林-西小泉(2012/7/7)

2012.07.10 (Tue)
ぐんまツーデーパスSPで行く群馬県内の路線乗り潰しの旅です。
館林駅
 
前回の続き)東武佐野線を乗りつぶしたあとは、西小泉行きの普通列車に乗り換えて
東武小泉線を乗り潰します。

と、その前に改札を出て駅舎を撮影。ウィキペディアによると館林駅は1998年に関東の駅
百選に選定。選定理由は「しゃれた模様の窓がある洋館風の駅舎で小規模ながら歴史を
感じさせる駅」だからだそうです。
 
 
小泉線のホームは切り欠き4番線。佐野線同様にワンマン運転の2両編成を使用。

西小泉駅
 
館林から20分弱で終点の西小泉に到着。ちなみに、小泉線は館林-西小泉とその途中の
東小泉から太田までの路線があり、私の乗車した時間は乗り潰しに非常に都合が良く、
東小泉で太田方面の赤城行き普通列車に接続するのですが、その列車はすぐに発車せず
西小泉行きの列車が西小泉を折り返して東小泉に戻ってきてからの発車。お陰で効率良く
乗車できました。

 
ホームから車止め方向を眺めると、こんな感じ。おそらく貨物線の仙石河岸線がこの先に
伸びていたんだと思われます。

 
列車の折り返しまで数分しかありませんが、急ぎ改札を出て駅舎を撮影。

 
西小泉駅のホームは島式1面2線。隣には乗ってきた電車と同じ8000系が留置。

 
折り返し館林行きとなる、乗ってきた電車に再び乗車します。
このあとは東小泉に戻り赤城行きの普通列車に乗り換えます。(次回に続く)

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。