ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR東海 リニア・鉄道館 #7 (2012/4/19)

2012.04.27 (Fri)
東海ツアーズリニア鉄道館1dayツアーで行くリニア鉄道館を訪れる名古屋日帰りの旅です。
モハ1形
 
前回の続き)クハ111形に続いて在来線エリアの車輌を紹介します。

モハ1形は鉄道省が製造した木製電車でこのモハ1035が現存する唯一の車輌だそうです。
ウィキペディアによると展示のモハ1035は1922年製造。現在の飯田線の三信鉄道に譲渡、
鉄道省に復籍、大井川鉄道に譲渡、さらにJR東海が譲り受けて伊那松島運輸区に保存を
経てここに来ました。
 
 
まるっきり新規で復元したんでしょうね。ニスの塗りたてって感じでピッカピカ。

EF58形電気機関車
 
続いてEF58形+スハ43形。EF58形は1946年から1958年まで、172両製造された旅客用
直流電気機関車です。特急列車つばめ、はとなどを牽引しました。

スハ43形客車
 
戦後に新設計された標準形3等客車です。それまでの客車と比べると居住性が改善され
新製直後は特急つばめにも使用されました。

 
車内は硬そうなボックスシートで今の列車と比べると、居住性はまるで良くありませんが、
これでも戦前の客車よりは相当良くなったんでしょうね。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。