ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【寫眞館】銚子電気鉄道 デハ1001(2012/4/8)

2012.04.18 (Wed)
銚子電鉄の「デキ3電気機関車90周年・復刻昭和の赤い電車記念イベント」で撮影した
銚子電鉄デハ1001です。
仲ノ町車庫
 
デハ1000形は営団地下鉄2000形を種車に両運転台に改造した車輌で、今回丸ノ内線
カラーに塗り替えられたデハ1002とハドソン桃太郎電鉄シリーズ20周年記念ラッピングの
デハ1001の2両が在籍。この日デハ1002は営業運転についていましたが、デハ1001は
仲ノ町車庫で休憩用車輌として開放されていました。
 
 
デハ1001の車内も桃鉄仕様。

(2009年8月撮影)
 
桃鉄と銚子電鉄のコラボはラッピング車輌だけでなく、3駅に協賛企画でしあわせ三像が
設置されていて、これは仲ノ町駅の「貧乏が去る」像。

 
続いて、笠上黒生駅上りホームに設置されている「貧乏をトリ」像。

 
最後は犬吠駅の「貧乏がイヌ」像。

 
桃太郎電鉄ラッピング車は2007年4月から3年間限定の予定が2010年4月に継続実施され
現在も運行。果たして4月以降もこのままなのでしょうか?
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。