ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR九州 883系電車(2011/12/31)

2012.01.13 (Fri)
2011年冬の青春18きっぷで行く瀬戸内マリンビュー乗車と世界遺産厳島神社参拝の旅です。
博多駅
 
前回の続き)博多駅で撮影した特急型電車を順に紹介します。787系の次は883系です。

883系は1995年に博多と大分を結ぶ特急にちりんとして運転を開始しました。カーブの多い
路線に合わせた振り子式車輌で博多-大分の所要時間をそれまでより20分短縮しています。
 
 
車輌のデザインは787系に引き続き水戸岡鋭治氏。登場当初は塗色が異なり、前面には
フェンダーミラーが付いていましたが、リニューアルにより取り外され塗色も濃青色に統一。

 
車体は軽量構造のステンレス製で前頭部のみが普通鋼製。これはAo18編成で、もともと
5両編成だったAo6~8編成は2008年に7両編成化する際に塗色は同じでもアルミ合金製の
デザインの異なる中間車2両を組み込んでAo16~18編成としたため明るいところで見ると
実は結構へんてこな編成。(笑)

 
これは10月から運転を始めた大分県の観光をPRするラッピングトレインの大分県観光号。
(車輌はAo4編成)2012年1月上旬までの運転が予定されています。

 
最後は883系と885系の並び。次は隣の885系です。

 
・・・と、その前に415系が来たので撮影。JR九州も国鉄型車輌がホント少なくなりましたね。

 
よく見たら、後ろはステンレス鋼製の1500番台でした。
次回は885系の写真を紹介します。(次回に続く)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。