ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【鉄道チャンネル】鉄道ニュース546 #31 「坂本亮さん(京都丹後鉄道)」

2015.06.30 (Tue)


1. 札幌市電 電停を移転、JR西日本 トワイライト瑞風ルート発表、JR東日本586系ニュース
2. 京都丹後鉄道 企画きっぷ発売(京都丹後鉄道 坂本亮さん)
3. 伊豆急行 リゾート21誕生30週年記念イベント、JR四国 学生フリーきっぷ発売ニュース
4. 渡辺雅史の今乗りたい列車 山陽新幹線ひかり442号
5. 和歌山電鐵 たま駅長死亡ニュース、週末イベント情報
スポンサーサイト

2015年J2第20節 徳島 vs 千葉(2015/6/28)

2015.06.29 (Mon)

チームの調子が悪いのか、それともただ単に弱い(実力)なのか?
そろそろ今シーズンの見切りをつけないとね。

ドコモ NOTTVがまたしても大赤字

2015.06.28 (Sun)

(ニュースサイトによると)ドコモグループのmmbiが運営するNOTTVがまたしても大赤字を出し経営改善が全く見られないことが分かったそうです。NOTTVは地上アナログ放送終了により空いたVHF帯を使用したスマートフォン向け有料放送で、昨今ほとんどのドコモ版Android端末はチューナーを内蔵し端末を新規に購入した場合は何だかんだで最初は契約を結ばされます(まっ間違いなく無料期間で解約しますが(笑))。そうやって一旦強制加入でお試し期間を設けているにもかかわらず、2015年3月時点で契約者数はわずか175万件と大赤字も当然と言った数字。

現状これといった改善策もなく加入者がこれ以上増える見込みもないのでとっとと止めて欲しいけど、総務省との約束なのかやめる気配なし。ただ、こうなってみるとアナログ放送跡地の利用を米クアルコム社とNTTドコモが争っていたのはいったい何だったのかって思いますね。兎にも角にも、総務省とドコモはメンツを捨ててアナログ放送跡地を再び更地化し国民の共有財産である電波の有効活用を再検討してほしいものです。

ドコモ改悪 半年以内の機種変更も月サポ適用不可

2015.06.28 (Sun)

情報サイト「すまほん!!」によると、NTTドコモが7月1日から通信料から割引く「月々サポート」の適用条件を変更したそうです。ドコモのウェブサイトには『2014年9月以降に発売された機種を過去6か月以内に「機種購入手続きがなされている回線」、「XiからFOMAへの契約変更がなされている回線」で購入の場合、本割引の対象外です。』とあり6ヶ月以内に機種変更すると機種変更後の機種分の月々サポートが付かないとのこと。

もちろん今までの機種変更したら前の機種の月々サポートが消えるルールも適用されるため、「機種変更」という一番割引のない方法で端末を購入していながら通信料は割引なしの定価地獄。これって抜け穴をふさぐどころか新機種が出たら半年以内でも買い換えたいっていう優良客つぶし。(まっここまでやってもドコモには古事記排除>優良客逃亡の打算があるのでしょうが)

私自身は月々サポートが一番冷遇される機種変更で端末を購入するつもりはないので今回の改悪でこれといった影響は受けないけど、新料金縛りや購入サポート13ヶ月縛り、SIMロック解除も他社に合わせて半年後とめちゃくちゃなことばかりしてくるドコモのには愛想が尽きました。今まではMVNOでの使用を考え自分用端末はドコモ版の購入と考えていましたが、キャリア版は二度と買いませんよ!!

【悲報】JR北海道 留萌本線廃止を沿線自治体に打診

2015.06.27 (Sat)

JR北海道が留萌本線の廃止を検討していることが明らかになりました。(北海道新聞によると)JR北海道の幹部が5月下旬に空知管内秩父別町を訪れ廃止の意向を伝えたとのこと。JR北海道は近年相次い起きた事故・トラブルに対処するため限られた経営資源を安全対策に優先的に投入する必要があり不採算路線の対策は急務とされ実際に動き出したものと思われます。

路線廃止は約1年かけて沿線各自治体と調整、公式の協議会を設置、自治体から廃止の同意取り付け、JRが国に届け出て路線を廃止する手順を踏み、JR北海道は留萌本線のうち冬場に長期運休するなど安全対策が追いつかない留萌-増毛(16.7km)を2018年度までに先行廃止したい考え。(とは言え手続きが順調に(?)進めば一括廃止も当然あるでしょうね)

無論JR北海道の路線廃止問題は留萌本線だけで済むわけもなく、災害により一部区間が運休中の日高本線、札沼線末端区間、夕張支線など今後廃止の話が一気に噴出してくる可能性もあり、乗るのも撮るのも急がないといけないかもしれませんね。

【訃報】和歌山電鐵 「たま駅長」死去

2015.06.24 (Wed)

和歌山電鐵によるとたま駅長が心不全のために亡くなったとのこと。たま駅長はメスの三毛猫で享年16歳、人間の年齢に換算すると80歳。6月28日に神式で社葬を執り行うそうです。(合掌)

【鉄道チャンネル】鉄道ニュース546 #30 「静岡鉄道 吉林史仁さん」

2015.06.23 (Tue)


1. 西武鉄道 観光列車、JR東日本 485系夜行列車、JR北海道 新型気動車ニュース
2. 静岡鉄道 新型車両形式・カラーリング発表(静岡鉄道 吉林史仁さん)
3. 神戸鉄道 新型車両、大阪南港ポートタウン線 新型車両、ぐんまワンデーパスニュース
4. 新コーナー 渡辺雅史の今乗りたい列車
5. 週末イベント予定

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 第20弾「洞爺湖~羅臼」

2015.06.22 (Mon)

録画したローカル路線バス乗り継ぎの旅をやっと視聴。今回は20回目の記念の回にしてルールが一部変更となり、出発地の洞爺湖から目的地の羅臼へ行く途中に地球岬、襟裳岬、納沙布岬の3つのチェックポイントに立ち寄り記念撮影する条件を追加。今後このチェックポイント立ち寄りルールが続くかわかりませんが、今回のルートでは岬立ち寄りは難関ではなく最後はシリーズ最速の4日目11時台にゴール。

(乗り物ニュースにも書いてありますが)視聴にあたりネットで調べたところ、一番バスマニアが指摘していたのが根室駅前バスターミナルでの乗り継ぎ。(番組上さらっと扱っているものの)釧路発根室行きの特急「ねむろ号」が定刻より早着し定刻着では乗り継げない納沙布岬行きのバスに乗車できる奇跡が起こり、(おそらく番組スタッフの想定より)時間に余裕ができて結果最速ゴールに繋がったようです。(ちなみに早着は降車専用区間でおきているのでバスの運行上問題ない)

さて、次回はどうなるのでしょう?人気コンテンツだけに今後も続くでしょうが、ルートやルール設定のさじ加減が一段と難しくなっていることだけは間違いないようです。

2015年J2第19節 大分 vs 千葉(2015/6/21)

2015.06.22 (Mon)

まっ今の順位に一喜一憂してる場合じゃないけど、勝ちは勝ち。6試合ぶりに勝利して4位に浮上。
チームの調子が悪くても、やっぱり聖地・大分銀行ドームは間違いないと(笑)
続きを読む »

JR西日本 「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」運行ルート発表

2015.06.21 (Sun)

JR西日本は「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」の運行ルートを発表しました。「トワイライトエクスプレス瑞風」はJR西日本が2017年春に運行開始を予定している豪華寝台列車で、JR九州が運行している「ななつ星」と同じ沿線の立ち寄り観光も含まれるクルーズタイプの列車。今回発表されたルートによると1泊2日の片道タイプと2泊3日の周遊タイプが用意され1日1回程度の立ち寄り観光が含まれます。詳細はニュースサイトを見てもらうとして、基本的に運行ルートは山陽本線と山陰本線のみ。まっJR西日本管内から出ないことは最初から分かっていましたが、それでも有名な観光地がある北陸地域や陰陽連絡線の走行はないようです。乗らない者としては面白ルートでの運行があると楽しめるのですがね(笑)

静岡鉄道 新型車両「A3000形」を2016年春から運行

2015.06.21 (Sun)

静岡鉄道は静岡清水線に導入する新型車両の製作開始を発表しました。形式名はA3000形で2両1編成、8年計画で12編成を製作。外観は7本をそれぞれ静岡らしさを象徴する「レインボーカラー」とし、残りの5本は現行型と同じ銀色ベース。今回、総合車両製作所に第1編成の製造を発注し2016年春の運行開始を予定しているそうです。
続きを読む »

【鉄道チャンネル】 新・鉄道ひとり旅 #12「山形鉄道編」

2015.06.20 (Sat)


「鉄道ひとり旅」の新シリーズ「新・鉄道ひとり旅」も早いものでもう第12回目。この番組はロケの都合上、何回か同一地域の路線の放送が続き、また別の地域の路線の放送に移るパターン。前回までの中国地方から打って変わって今回は東北地方の山形鉄道フラワー長井線。(ってことは次回はフルーツライン左沢線でしょうね?(笑))
続きを読む »

所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!【秘境駅】 五能線 驫木駅

2015.06.19 (Fri)

6月19日(金)の所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!では人気企画の秘境駅シリーズが放送されました。今回は観光路線として人気ローカル線の五能線から絶景で有名な驫木駅。出演者は毎度おなじみ安田大サーカス団長安田さん。弘前駅から五能線の列車に乗って(確か)昼ごろに驫木駅到着。まぁ知ってる人は知ってるでしょうが、驫木駅は「秘境駅」と呼ぶにはあまりに普通の場所に位置し駅前には国道101号がバッチリ通ってるというロケーション。青春18きっぷのポスターにも選ばれた景勝地として知られるため、ロケ中にツーリングのバイクや撮り鉄のクルマがやってきたりと意外と駅訪問者多し。そして夕方に海岸で出会った釣り人が「利用者は学生ぐらい」って話をすると夜の列車で(まさかのロケ初日にして)おばさんと女子高校生3人が下車。その中で駅から歩いて帰るという高校生の家まで付いて行ってVTR終了。

正直、過去に3日間ぐらい待ってやっと乗降客に出会えたパターンを繰り返してきたのでロケ初日で終わっちゃうとあっさり感が強かったのですが、まぁガチでやるとそういうこともあるのかな?次回はもう少し難関かつ本当の意味での秘境駅でお願いします(笑)

相模鉄道 車両リニューアル「YOKOHAMA NAVYBLUE」で塗装

2015.06.18 (Thu)

鉄道情報サイト「鉄道ニュース部」によると、相模鉄道が将来のJR線、東急線との相互乗り入れを見据えて車両や駅舎のリニューアルを進めていくそうです。特に車両は内装のリニューアルに合わせて外観を「「醸成」を生み出す、横浜らしさのある「YOKOHAMA NAVYBLUE」で塗装」するとのこと。真っ青な塗色がブランドを確立するのでしょうかね?私には良く分かりません(笑)

西武鉄道 秩父モチーフの観光電車導入を発表

2015.06.18 (Thu)

西武鉄道は「秩父」をモチーフに優雅な空間と時間を楽しむことのできる観光電車を2016年春以降に導入すると発表しました。車両は新車ではなく西武4000系4両1編成をリニューアルするとのこと。(ニュースサイトによると)運行区間は池袋・新宿-西武秩父、西武新宿-本川越などを予定。臨時電車として土休日を中心に年間100日程度の運行を予定。発表されたイラストはイメージで具体的なサービスや列車の愛称などは今後発表されます。

東京メトロ日比谷線・東武鉄道 相互直通新型車両発表

2015.06.17 (Wed)

東京メトロと東武鉄道は東京メトロ日比谷線と東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)の相互直通用新型車両の基本仕様を発表しました。現状3扉車両と5扉車両が混在する直通用車両を将来のホームドア導入に向けて20m4扉車両7両編成に統一。車両外観は東京メトロ、東武鉄道で異なりますが、主要設備を共通仕様化。(ニュースサイトによると)東京メトロの形式は13000系で外観デザインは歴代の日比谷線車両の系譜を踏襲し近未来的な形状アレンジを加えたもの。また、東武鉄道の形式は70000系で外観デザインは現在日比谷線直通用に使っている20000系のコンセプトカラー「ロイヤルマルーン」をもとに「赤」と「黒」ふたつの原色に再精製し先鋭的なカラーリングに昇華させものとのこと。導入は2016年度から2019年度が予定されています。

Xperia Z3+ (Z4グローバル版)E6553発売

2015.06.16 (Tue)

SONYがXperia Z4のグローバル版(と言うよりZ3+の日本版がZ4というべき?)Xperia Z3+ E6553を発売しました。日本国内での販売はありませんが、日本の技術適合認証を取得しており個人輸入もしくは海外ECサイトから購入し国内キャリアのSIMを挿しての使用は合法。対応バンドはLTE BAND1 /BAND2 /BAND3 /BAND4 /BAND5 /BAND7 /BAND8 /BAND12 /BAND17 /BAND20 /BAND28 /TD-LTE BAND40、W-CDMA 850MHz / 900MHz / 1900MHz / 2100MHz、GSM。

国内版のXperia Z4と違いグローバル版はおサイフケータイやワンセグ・フルセグTV、日本特有のBANDに非対応、そしてもちろんメーカー保証や国内の修理対応がありませんが、アンインストール出来ないキャリア謹製アプリやテザリング時のAPN強制切り替え等の嫌がらせがなくSIMフリー。何より最新OSアップデート不提供の問題に悩まなくて済むってのか最高。
続きを読む »

2015年J2第18節 千葉 vs 福岡(2015/6/14)

2015.06.15 (Mon)

まさかのホームで2戦連続引き分け。見えた!!今シーズンも自動昇格はない!!

海鮮丼@函館旅行

2015.06.14 (Sun)
 
今日は朝から函館駅前の市場で海鮮丼。
とは言え、これはホテルの朝食ビュッフェを付け替えたもの。
こういうサービスは有難い。

函館市電谷地頭駅@函館旅行

2015.06.13 (Sat)
 
函館市電全線乗りつぶし完了。(市電は皆様の受信料で走っています(嘘))
最後は函館山登ったけど霧で真っ白で夜景どころか何も見えず。

(2015年6月17日更新:誤字修正)

金森赤レンガ倉庫@函館旅行

2015.06.13 (Sat)
 
金森赤レンガ倉庫。

五稜郭@函館旅行

2015.06.13 (Sat)
 
五稜郭タワーからの眺め。

鮭いくら親子丼@函館旅行

2015.06.13 (Sat)
 
昼飯は函館駅前の市場で親子丼。
支払いはJALツアーズワンコインクーポン。

新函館北斗駅@函館旅行

2015.06.13 (Sat)
 
開業したての北海道新幹線に乗って新函館北斗駅到着(嘘)
これだけ立派な駅舎なのに在来線は現状無人駅。

函館駅@函館旅行

2015.06.12 (Fri)
 
函館到着。
駅舎入り口脇に巨大なH5系・・・函館駅には新幹線やって来ないのに(笑)
てか、道南いさりび鉄道のことがどこにも書いてないけど、大丈夫?
新幹線開業に浮かれてて悲惨な三セク鉄道運営のこと忘れてない?

SONY 42.4MPセンサーと5軸手ブレ補正を搭載した「α7R II」発表

2015.06.12 (Fri)

SONYがアメリカで裏面照射型42.4MPセンサーを採用したEマウントフルサイズ機「α7R II」を発表しました。「α7R II(ILCE-7RM2)」はその名前のとおりα7Rの後継機種で、α7 IIに搭載した5軸ボディー内手振れ補正を内蔵。世界初フルサイズ素子による4K動画撮影。最高感度はISO102400。AFは25点コントラストAF+像面位相差AF399点。動体感知アルゴリズム搭載で毎秒5コマ。価格は約3200ドルなので現在のレートで40万円弱といったところでしょうか。

まぁフルサイズ機は欲しいですが、私は逆立ちしても20万以上のカメラは買えないので噂される新型α7000(?)に期待ですかね。あと、SONYさん、APS-C用レンズの充実も宜しく。Vario-Tessar 「SEL1670Z」とGレンズ「SELP18105G」以来、これといったレンズが発売されてないと思うんだけど、もうAPS-Cはやる気ない?(笑)

新幹線検測車East-iが新函館北斗駅まで乗り入れ

2015.06.11 (Thu)

(産経ニュースによると)6月11日未明に新幹線検測車East-iが2016年春に開業する北海道新幹線の区間を初めて走り線路の状態などを検測しながら新函館北斗駅まで乗り入れたそうです。北海道新幹線は昨年12月からH5系による試験走行が続いており今後も開業に向けた試運転が続きます。なおEast-iは今夜12日未明に青森側に戻ります。

ちなみに私自身は今週末は函館旅行で北海道新幹線開業前の函館の様子を見てくる予定。まっ道南は2年前に江差線(木古内-江差)や知内駅廃止前の最後の撮影で訪れていて一応その時に建設中の新幹線木古内駅や新函館北斗駅も見ていますが、今回改めて撮影。ほかにも三セク転換区間や路面電車もやっつけてきます。

JR北海道 2017年度に新型一般気動車を試作

2015.06.10 (Wed)

JR北海道は国鉄時代に製作された一般気動車キハ40形の置き換え用の新型一般気動車の試作車を2017年度に製作すると発表しました。(ニュースサイトによると)新製する車両は同時期に制作される予定のJR東日本の新型電気式気動車と同一仕様。JR北海道は近年相次い起きた事故・トラブルに対処するため限られた経営資源を安全対策に優先的に投入する必要があり独自の車両開発は無理と判断したものと思われます。JR東日本は先月その新型一般気動車を2017年度から新潟地区に、2020年から秋田地区投入すると発表しており今後5年ほどで東北~北海道のキハ40系車両は一気に引退となりそうです。

ドコモ Xperia Z1(SO-01f)をどうするべきか?

2015.06.09 (Tue)

国内のキャリア版Xperia Z1にAndroid5.0が提供されないのに海外ではグローバル版にAndroid 5.1が提供されるというニュースは先日取り上げましたが、情報サイト「BUZZAP!」の記事を読んでいたら、アップデートが世代でほぼ一律に提供不提供が決められているのかと思いきや「GALAXY J SC-02F」や「GALAXY S4 SC-04E」にはAndroid5.0が提供されることを今日知りました。正直、韓国端末には興味がないのでGALAXYは無視してましたが、「ドコモのツートップ」として売りだされた2台のうち片や「SC-04E」にはアップデートが提供される一方、片や「Xperia A SO-04E」は不提供とはひどい話です。

これはSamsungかドコモか、はたまた両者の思惑によるものか分かりませんが、キャリア内でも優遇不遇があるのであれば馬鹿らしくてキャリアから購入できませんね。じゃぁ、ここで断言します。SONYやXperiaは好きだけど、方針が変わらない限り私は…

今後キャリアからAndroid端末は購入しません!!

どうせキャリアだって今の状況なら“iPhoneだけ捌きたい”状態だし、割引の多いときにiPhoneを購入してAndroidは余力のあるときに白ロムで購入ってパターンしかないかなって考えています。
続きを読む »

ドコモ Xperia Z4(SO-03G)は定価9万3312円

2015.06.08 (Mon)

ドコモはソニーモバイル製Xperia Z4(SO-03G)の発売日を6月10日と発表しました。定価は9万3312円で月々サポートは新規・機種変更3万7584円(1566円×24ヶ月)、MNP転入8万2944円(3456円×24ヶ月)。まっ「実質○円」の表記は嫌いですが、それでも定価は高いし機種変更の月々サポートは低いですねぇ。Xperia Z・Z1・Z1fのAndroid5.0不提供問題もあり、とりあえず今はキャリア版Xperia Z4に食指が一切動きません。(グローバル版Xperia Z3+はいくらになるのでしょうか?ただ、そうなると昨今の一段の円安はキツイなぁ~)
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。