ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バニラエアが就航路線を発表

2013.09.30 (Mon)
バニラエア 

エアアジア・ジャパンを引き継ぐバニラエアが記者会見を行い、就航路線と機体や制服の
デザイン、運賃を発表しました。で、肝心かなめの就航路線は、国内線は成田-福岡が消え
成田-那覇と成田-札幌、国際線は成田-台北(桃園)、成田-ソウル(仁川)の4路線のみ。

バニラエア設立のニュースではリゾートに特化した航空会社とアナウンスされていたので、
南西諸島の離島やマリアナ諸島、もしくは内地地方空港への就航を期待していたのですが、
そういうのは一切なし。まぁANAも今回は失敗できないし手堅く決めたのでしょう。

あとは今後の拡大に期待しプロモ運賃でも出たら札幌にでも行ってみるとしましょうかねぇ。
スポンサーサイト

映画 「踊る大捜査線 BAYSIDE SHAKEDOWN 2」

2013.09.29 (Sun)

踊る大捜査線 BAYSIDE SHAKEDOWN 2 [DVD]踊る大捜査線 BAYSIDE SHAKEDOWN 2 [DVD]
(2004/06/02)
織田裕二、柳葉敏郎 他

商品詳細を見る


9月28日の土曜プレミアムは「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」を
特別編集した海外バージョン。タイトルは「踊る大捜査線 BAYSIDE SHAKEDOWN 2」。
オリジナルとの違いは海外の上映に合わせて日本的ネタをカットして上映時間を18分短縮。
音楽はスカイウォーカーサウンドで再録音されているそうです。でも、日本でオンエアする必要ある?

北海道新幹線 新函館(仮称)駅 #2(2013/9/8)

2013.09.28 (Sat)
2013年夏の青春18きっぷで行く廃線になる江差線を乗り潰す道南周遊の旅です。
渡島大野駅
 
前回の続き)前回に続き建設中の北海道新幹線新函館(仮称)駅を紹介します。

渡島大野駅の様子を撮影していたら函館行きの普通列車が入線。ところで、大沼方面の
線路を見てもらう急勾配で登っていくのが分かるでしょうか?実は渡島大野から大沼までは
延々と登り急勾配。そのため函館本線には渡島大野の一つ手前の七飯から大沼までは
勾配を緩和するため高架で建設された別線の下り専用支線(通称:藤城線)があり下りの
特急・貨物列車は藤城支線を走行。本線は普通列車と上りの特急・貨物列車が走行。
続きを読む »

北海道新幹線 新函館(仮称)駅 #1(2013/9/8)

2013.09.27 (Fri)
2013年夏の青春18きっぷで行く廃線になる江差線を乗り潰す道南周遊の旅です。
渡島大野駅
 
前回の続き)2日目はレンタカーで廃線区間の駅をめぐり夜の飛行機で帰京します。

ホテルをチェックアウトしてから函館駅前の営業所でレンタカーを借りて2日目がスタート。
まだ青春18きっぷが最後の1回分のこっていますが、2日目は列車には乗らずにクルマで
江差線の各駅と撮影スポットをめぐり廃線前の姿を記録。さらに、建設中の北海道新幹線
新函館(仮称)、木古内の両駅と信号所に格下げになる知内駅を訪れます。

最初は新函館駅が併設される渡島大野駅。渡島大野駅は国鉄時代に無人化され、その後
ずっと普通列車しか停車しない函館本線のローカル駅でしたが、北海道新幹線新函館駅が
この場所に建設されることが決まり、現在2年半後の新幹線開業に向けて大工事中。
続きを読む »

江差線 湯ノ岱駅(2013/9/7)

2013.09.26 (Thu)
2013年夏の青春18きっぷで行く廃線になる江差線を乗り潰す道南周遊の旅です。
江差駅
 
前回の続き)木古内から江差行きの普通列車に乗車し1時間7分で終点の江差に到着。

江差到着で江差線の乗り潰しが完了。このあとは江差市街へ観光へ行くことなく乗ってきた
列車に再び乗車して湯ノ岱まで戻り湯ノ岱温泉へ向かいます。車輌は短い時間で折り返し
そのまま木古内行きとなりますが、一旦乗客全員が下車したあとで(このように)整列乗車。
なお、乗客のほとんどは私と同じ記念乗車組なので江差まで乗ってきた人が再び乗車。
続きを読む »

江差線 木古内-江差(2013/9/7)

2013.09.25 (Wed)
2013年夏の青春18きっぷで行く廃線になる江差線を乗り潰す道南周遊の旅です。
木古内駅
 
前回の続き)五稜郭から木古内行きの普通列車に乗車し約1時間10分で木古内に到着。

木古内と言えば青春18きっぱーにはお馴染みの駅。本州の蟹田と北海道の木古内の間は
特急列車しか走らない区間のため相互発着に限り特急自由席が青春18きっぷを含む
普通運賃で利用可能。青春18きっぱーの中にはこの特例を利用して青春18きっぷだけで
本州と北海道を移動し木古内で乗り換えたって方も多いでしょう。ただ、そんな特例区間も
北海道新幹線開業までで余命2年半。記念乗車するなら早くしないといけませんね(笑)。

このあとは、江差行きの普通列車に乗車し廃線になる木古内-江差を乗り潰します。
続きを読む »

【過去記事】流鉄2000形「なの花」号さよなら運転(4/28)アップ

2013.09.24 (Tue)
 

■2013.4.28

流鉄2000形「なの花」号さよなら運転
流鉄5000形「流星」号

最後まで残っていた流鉄2000形の「なの花」のさよなら運転をアップしました。
これで流鉄の車輌はすべて5000形となります。
続きを読む »

江差線 五稜郭-木古内(2013/9/7)

2013.09.23 (Mon)
2013年夏の青春18きっぷで行く廃線になる江差線を乗り潰す道南周遊の旅です。
五稜郭駅
 
前回の続き)森から函館行きの普通列車に乗車し1時間25分で五稜郭に到着。

列車は北海道新幹線の新函館駅が設置される渡島大野を出発すると藤城支線と合流し
七飯に到着。七飯から函館まで区間運転の普通列車もあり運転本数がそこそこ多い区間。
七飯からは複線となり大中山、桔梗を過ぎて江差線と合流するころには架線も見えてきて
目的の五稜郭に到着。函館本線、江差線とも全ての列車が函館に直通しますが、今回は
函館まで戻らず五稜郭で下車して江差線の列車に乗り換えます。
続きを読む »

函館本線 渡島大野駅(2013/9/7)

2013.09.22 (Sun)
2013年夏の青春18きっぷで行く廃線になる江差線を乗り潰す道南周遊の旅です。
森駅
 
前回の続き)森から函館行きの普通列車に乗車し五稜郭まで戻ります。

この写真の左がこれから乗車する函館行き普通列車、右が上りスーパー北斗キハ283系。
普通列車に使用される車輌は大沼から乗車してきたキハ40形1792。再び同じ車輌に乗車。
森駅は駅舎に接した単式ホーム1面1線、島式ホーム1面2線、合計2面3線で、乗り場は
駅舎側から1番線が上り長万部方面、3番線が下り大沼方面で、2番線は(このように)主に
折り返しの列車が使用します。
続きを読む »

函館本線 森駅(2013/9/7)

2013.09.21 (Sat)
2013年夏の青春18きっぷで行く廃線になる江差線を乗り潰す道南周遊の旅です。
森駅
 
前回の続き)大沼から砂原支線経由の森行きの普通列車に乗車し50分で森に到着。

砂原支線乗車によって(あらかた特急を使用しているものの)函館本線の乗り潰しが完了。
このあとは五稜郭に戻り今回の旅のメインとなる江差線の乗り潰しへと向かうわけですが、
運転本数が少なく次の上り列車まで1時間以上あるので、まずは駅周辺を散策します。
続きを読む »

ジェットスター・ジャパン ポイントサイト経由で航空券購入可

2013.09.20 (Fri)
ジェットスター・ジャパン 

9/20からポイントサイトのライフマイルを経由してジェットスター・ジャパンの国内線航空券を
購入するとポイントが貯まるようになりました。省コスト志向のLCCがポイントサイトに手数料
ばら撒くなんて思っていなかったのでノーマークだったのですが、調べてみたら、ほかにも
えんためねっと、PONY、お小遣いJP、ポケマNetなどを経由してもポイントが貯まるようです。

ただ、今は手間の割にポイントが貯まりづらい時代なのでほとんどのポイントサイトは退会済、
上記にあげたポイントサイトにどれも登録していないので手の出しようがないのですが。(笑)

函館本線 砂原支線 大沼-森 #2(2013/9/7)

2013.09.19 (Thu)
2013年夏の青春18きっぷで行く廃線になる江差線を乗り潰す道南周遊の旅です。
渡島砂原駅
 
前回の続き)前回に続いて函館本線砂原支線の駅を順に紹介します。

渡島沼尻の次は渡島砂原。支線の通称、砂原支線の元になった砂原の名前が付いた駅。
ウィキペディアによると、駅舎は鹿部駅と同形で建築当初の原型を良く留めているそうです。
地名の砂原はアイヌ語の「シャラ」(広い砂地)に由来し、成田線の佐原駅と区別するため
国名の「渡島」を付加。(ってか字も違うし、北海道と千葉じゃ混同しないと思うけどね(笑))
続きを読む »

函館本線 砂原支線 大沼-森 #1(2013/9/7)

2013.09.18 (Wed)
2013年夏の青春18きっぷで行く廃線になる江差線を乗り潰す道南周遊の旅です。
大沼駅
 
前回の続き)大沼から渡島砂原経由の森行きの列車に乗車し砂原支線を乗り潰します。

ウィキペディアによると、砂原支線は第二次世界大戦中の輸送力増強のために急勾配の
介在する函館本線のバイパスとして建設。現在は普通列車の運転が6往復+2しかない
超ローカル線。ただ、この支線は(赤字か黒字かで言えば間違いなく赤字だと思うけど)
普通列車のほかにトワイライトエクスプレス、はまなす、貨物の上り列車も走っているので
現状必要な路線なのか、それとも既にあるものだから有効活用してるだけなのかは不明。
続きを読む »

函館本線 函館-大沼(2013/9/7)

2013.09.17 (Tue)
2013年夏の青春18きっぷで行く廃線になる江差線を乗り潰す道南周遊の旅です。
函館駅
 
前回の続き)函館から長万部行きの普通列車に乗車し大沼へと向かいます。

これは函館駅車止め側にある函館本線の0キロポスト(のオブジェ)。ガラスにはわざわざ
「当駅は、函館本線(函館~小樽~札幌~旭川)総延長458.4kmの起点です。」の文字。
しかし、函館本線自体は2035年に予定される北海道新幹線の札幌延伸時に小樽-函館が
三セク転換の予定で、東北本線や信越本線同様JRの路線としては縮小される運命。
続きを読む »

函館本線 函館駅 #2(2013/9/7)

2013.09.16 (Mon)
2013年夏の青春18きっぷで行く廃線になる江差線を乗り潰す道南周遊の旅です。
函館駅
 
前回の続き)函館駅で寝台特急北斗星を撮影します。

本州からきた札幌行きの北斗星は函館で進行方向が変わり最後尾に機関車を付け替え。
ここから函館本線は非電化区間のため牽引はDD51形ディーゼル機関車重連。(正確には
津軽海峡線の特急も走る函館-五稜郭は電化区間で重複乗車となりますが、運賃計算の
特例で函館で下車しない限り函館-五稜郭の運賃は不要)
続きを読む »

函館本線 函館駅 #1(2013/9/7)

2013.09.15 (Sun)
2013年夏の青春18きっぷの旅、第3回は廃線になる江差線を乗り潰す道南周遊の旅です。
羽田空港
 
江差線は北海道新幹線新青森-新函館の開業に伴う五稜郭-木古内の三セク転換により
もともと木古内-江差がJR北海道の孤立路線となる可能性があったのですが、2012年8月
JR北海道が木古内-江差の利用客が少ないとし鉄道廃止の検討を発表。2013年3月には
地元自治体も同意し、4月に国土交通省に廃止届を提出。正式に2014年5月のGW明けに
廃止されることが決定したので、青春18きっぷ残り2回を使って乗り潰しに行ってきました。
続きを読む »

中央本線 相模湖駅 #3(2013/8/18)

2013.09.14 (Sat)
相模湖駅
 
前回の続き)115系に続いて相模湖駅で撮影した残りの車輌をまとめて紹介します。

まずは貨物を牽くEH200形電気機関車。EH200形は中央本線(や篠ノ井線)の勾配線区で
使用されたEF64形を置き換えを目的に開発。重連運転を解消するために2車体連結方式。
愛称は「ECO POWER ブルーサンダー」。(この画像では見づらいですが)、向かって右の
車体側面に「Blue Thunder」の文字が描かれています。
続きを読む »

中央本線 相模湖駅 #2(2013/8/18)

2013.09.13 (Fri)
相模湖駅
 
前回の続き)E351系・E257系に続いて相模湖駅で撮影した長野色の115系を紹介します。

まずは長野総合車両センター6連のC12編成。C編成は6連でC1編成からC14編成までの
合計84両が長野総合車両センターに在籍。今のところ廃車や置き換えの話はなし。
続きを読む »

中央本線 相模湖駅 #1(2013/8/18)

2013.09.12 (Thu)
相模湖駅
 
前回の続き)大月から高尾行きの普通列車に乗車に乗車し30分弱で相模湖に到着。

大月で少し発着する列車を撮影したあとは高尾行きの普通列車に乗車して相模湖に移動。
この撮影は予定していたわけではないけれど、相模湖駅での駅撮りが可能だったような
記憶があり急遽決定。(ただし、夕方で陽が低く上り下りとも光線は全くよくないのですが)
続きを読む »

富士急行線 大月駅(2013/8/18)

2013.09.11 (Wed)
大月駅
 
前回の続き)河口湖から大月行きの普通列車に乗車し1時間弱で終点の大月に到着。

富士急行線全線を乗り通し大月に戻ってきました。今日は往路は富士急行線直通列車に
乗車し中央線から乗り換えなしで寿に向かったため大月での下車はこの日初めて。まずは
駅そばで腹ごしらえをしてから駅舎と発着する列車を撮影。こちらはJR線の南西側にある
富士急行線大月駅。島式ホーム1面2線で車止め側に(このように)通路や改札があります。
続きを読む »

富士急行線 河口湖駅(2013/8/18)

2013.09.10 (Tue)
河口湖駅
 
前回の続き)三つ峠から河口湖行きの普通列車に乗車し約25分で終点の河口湖に到着。

河口湖に用があったわけではないものの、フリー切符を所持していたのでもったいないの
精神が発動し今回も富士急行線全線を乗車。改札を出ていつもの位置から駅舎を撮影。
雲がなければ駅舎のうしろに富士山が見えますが、残念ながら晴れているのに雲が多く
今回も河口湖駅の駅舎と富士山のコラボ写真は撮れず。
続きを読む »

富士急行5000形 (2013/8/18)

2013.09.09 (Mon)
寿-三つ峠
 
前回に続いて、北海道&東日本パスの残りを使用して撮影した富士急行線の車輌を紹介。
最後は富士急行5000形。富士急行で現役唯一の自社発注車輌で、この2両*1編成のみ。
続きを読む »

映画 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」

2013.09.08 (Sun)

インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国 スペシャルコレクターズ・エディション【2枚組】 [Blu-ray]インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国
スペシャルコレクターズ・エディション【2枚組】 [Blu-ray]

(2008/11/07)
ハリソン・フォード、ケイト・ブランシェット 他

商品詳細を見る


今夜の日曜洋画劇場は『インディジョーンズ クリスタル・スカルの王国』。
インディー・ジョーンズシリーズ最新作で前作最後の聖戦から約20年ぶりの作品。
作中でも前作から約20年経過しており舞台は1950年代。前作までナチス・ドイツと
繰り広げていた財宝の奪い合いは今作はソビエトに変化。それ以外は従来通りの
スピルバーグお得意の活劇となっています。
続きを読む »

JR東日本が日光線・烏山線の6駅舎を改装

2013.09.07 (Sat)
烏山駅
 

JR東日本が10月初に日光線の鶴田、鹿沼、今市の3駅と烏山線の仁井田、大金、烏山の
3駅の計6駅の駅舎を建て替えてリニューアルすると発表しました。建て替えの工事期間は
2014年3月まで。日光線はすでにほかの駅の建て替えを進めており今回の工事で全ての
駅のリニューアルが完了。烏山線は(先月訪れた)終点の烏山、7月まで有人駅だった大金、
かつて直営駅で列車交換も可能だった仁井田の歴史ある木造駅舎が解体されるそうです。
烏山駅舎前には「近代化遺産」なんて案内もありましたが、あっさりしたものです。
続きを読む »

江差駅@江差線

2013.09.07 (Sat)
 

江差線の終着駅、江差駅に到着。
来年春の配線を前に車内は記念乗車乗り鉄でいっぱい。
JRもそれを見越して記念グッズをスゲーたくさん売り出してる。
ただ、車内を見渡しても地元民がゼロなので廃線はいたしかたないか。

(写真を追加しました)

森駅@函館本線

2013.09.07 (Sat)
 

函館本線の森駅に到着。
名物のいかめし弁当は9月から580円に値上げになってました。
昔は500円くらいで買えたのに。

(写真を追加しました)

ホリデー快速富士山 183系・189系(2013/8/18)

2013.09.06 (Fri)
寿-三つ峠
 
前回に続いて、北海道&東日本パスの残りを使用して撮影した富士急行線の車輌を紹介。
今回は新宿及び小山から直通運転されるホリデー快速富士山。車輌は183・189系を使用。
まずは豊田車両センター189系M50編成。
続きを読む »

富士急行2000形 (2013/8/18)

2013.09.05 (Thu)
寿-三つ峠
 
前回に続いて、北海道&東日本パスの残りを使用して撮影した富士急行線の車輌を紹介。
今回は特急電車の富士急行2000形。JR東日本165系を改造したジョイフルトレインの
パノラマエクスプレスアルプスを富士急行が購入して改造。「フジサン特急」の愛称で運行。
続きを読む »

富士急行1000形・1200形 富士登山電車(2013/8/18)

2013.09.04 (Wed)
寿-三つ峠
 
前回に続いて、北海道&東日本パスの残りを使用して撮影した富士急行線の車輌を紹介。
今回は6000系導入前に富士急行の主力車輌だった1000形・1200形。6000系導入に伴い
廃車が発生していますが、現在も2両*5編成が在籍。
続きを読む »

富士急行6000系 (2013/8/18)

2013.09.03 (Tue)
寿-三つ峠
 
前回に続いて、北海道&東日本パスの残りを使用して撮影した富士急行線の車輌を紹介
(撮影順ではなく車種ごとのエントリーとなります)。今回は富士急で一番新しい6000系。
続きを読む »
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。