ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大宮総合車両センター251系・253系(2013/8/25)

2013.08.31 (Sat)
新宿駅
 
小海線乗り潰しの旅の最後に撮影した二つの車輌を紹介。まずは新宿駅で撮影した251系。

主に特急スーパービュー踊り子に使用される251系は1990-92年に登場。10両編成*4本が
大宮総合車両センター在籍。2002年からリニューアル工事が行われ現在のカラーに変更。
リニューアルされたとはいえ、20年以上経過しているため引退してもおかしくないのですが、
今のところそう言った話は聞きませんね。
続きを読む »
スポンサーサイト

中央本線 小淵沢-新宿(2013/8/25)

2013.08.30 (Fri)
2013年夏の青春18きっぷで行く小海線を乗り潰す信州周遊の旅です。
小淵沢駅
 
前回の続き)野辺山から小淵沢行きの八ヶ岳高原列車に乗車し約30分で小淵沢に到着。

今回の旅の目的である小海線を乗り潰してお馴染み中央本線小淵沢駅に到着。ここからは
普通列車を乗り継いもいいのですが、1時間ほど待つとホリデー快速ビューやまなしがあり
新宿まで乗り換えなしで確実に座って帰れるのでホリデー快速ビューやまなしに乗車します。
(ただ、この列車に使用される215系は座席に難があり長時間乗車はホント嫌なのですが)
続きを読む »

小海線 中込-小淵沢(2013/8/25)

2013.08.30 (Fri)
2013年夏の青春18きっぷで行く小海線を乗り潰す信州周遊の旅です。
中込駅
 
前回の続き)中込から小淵沢行きの普通列車に乗車し野辺山へと向かいます。

旧中込学校に続いて向かう場所はJR最高地点駅の野辺山。野辺山ではレンタサイクルを
借りて駅から2kmほどのところにあるJR線最高地点を訪れます。(まぁ小海線沿線には
ほかにも多くの名所旧跡がありますが、今回はベタに定番訪問(笑))(車輌はキハ112形)
続きを読む »

小海線 滑津-中込(2013/8/25)

2013.08.29 (Thu)
2013年夏の青春18きっぷで行く小海線を乗り潰す信州周遊の旅です。
旧中込学校
 
前回の続き)滑津駅で下車し駅近くにある旧中込学校を訪れます。

佐久市のウェブサイトによると、旧中込学校は国内最古級の洋風学校建築で1875年竣工。
設計・施工はアメリカで建築を学んだ地元出身の市川代治郎氏で建築費は村内篤志家の
寄付により賄われたそうです。1919年まで使用され、1969年国の重要文化財、国の史跡に
指定。現在は隣接する資料館とともに内部が公開されています。(入場料250円)
続きを読む »

小海線 小諸-滑津(2013/8/25)

2013.08.29 (Thu)
2013年夏の青春18きっぷで行く小海線を乗り潰す信州周遊の旅です。
小諸駅
 
前回の続き)小諸から小海線の普通列車に乗車し滑津へと向かいます。

小諸駅の小海線ホームは改札口から一番遠い4-5番線。しなの鉄道とは改札を通らずに
乗り換えが可能ですが、ウィキペディアによると、発車間際に乗車券のチェックを行うことが
あるそです(ただ、この日はノーチェック)。 また、駅舎老朽化のため小諸市の施設などを
併設した橋上駅舎に改築する予定があるらしいので、そうなれば改札分離でしょうね。
続きを読む »

トランスアジア航空 成田-台北(桃園) 就航

2013.08.28 (Wed)
トランスアジア航空 

台湾のトランスアジア航空(復興航空)が9/26から成田-台北(桃園)に就航するにあたり
就航キャンペーンを開始。運賃は18000円~で燃油サーチャージは別となります。
東京⇔台北はFSCのほかにLCCではエアアジア・ジャパンとスクートも就航していますが、
トランスアジア航空就航で更にプロモ運賃が出てくることが期待されます。

運行スケジュール(9/26-10/26)は、GE605便 成田13:20-台北15:45、GE606便 台北
08:10-成田12:20の毎日一往復で時間的にはイマイチ。短い旅行日数で現地滞在時間を
長く取りたい人には向かないものの、スクートよりは使いやすそうです。

しなの鉄道 軽井沢-小諸(2013/8/25)

2013.08.28 (Wed)
2013年夏の青春18きっぷで行く小海線を乗り潰す信州周遊の旅です。
軽井沢駅
 
前回の続き)軽井沢から小諸行きの普通列車に乗車し小諸へと向かいます。

軽井沢駅に保存されている車輌を撮影したあとは小諸行きの普通列車に乗車し小海線との
接続駅の小諸へと向かいます (車輌は115系S26編成(元N53編成))。 当たり前ですが、
軽井沢から小諸まではしなの鉄道乗車で青春18きっぷは使えないので別途乗車券を購入。
時刻表を見ると、たかだか22kmの距離なのに470円とは・・・やっぱり三セク鉄道は高い!!
続きを読む »

しなの鉄道 軽井沢駅(2013/8/25)

2013.08.27 (Tue)
2013年夏の青春18きっぷで行く小海線を乗り潰す信州周遊の旅です。
軽井沢駅
 
前回の続き)しなの鉄道乗車前に軽井沢駅に静態保存されている車輌を見て回ります。

これは北口西側に復元された旧駅舎。旧軽井沢駅は長野新幹線開業にともない駅舎が
橋上化され旧駅舎は解体されたのですが、復元され(旧)軽井沢駅舎記念館として使用。
軽井沢町のウェブサイトによると、外観は明治末期の姿を忠実に再現とあり内部は1階に
草軽軽便鉄道や信越本線の鉄道関連物の展示、2階の貴賓室は歴史記念室として再現、
屋外には鉄道機関車輌が静態保存されています。
続きを読む »

信越本線 高崎-横川・JRバス関東 碓氷線(2013/8/25)

2013.08.27 (Tue)
2013年夏の青春18きっぷで行く小海線を乗り潰す信州周遊の旅です。
高崎駅
 
前回の続き)2日目は高崎からスタート。旧信越本線をたどり小諸へと向かいます。

ホテルに朝食は付いておらずコンビニで購入した軽食で朝食はとったものの、高崎駅から
出発するとなれば「上州の朝がゆ」弁当を買わないわけにはいきません。(写真の時計を
見てもらっても分かるとおり)時刻はまだ7時半になっていないので今日は余裕かなぁ?と
思いきやタッチの差で売り切れ。残念ながら今回も食べられず。
続きを読む »

高崎線 上野-高崎(2013/8/24)

2013.08.26 (Mon)
2013年夏の青春18きっぷの旅、第2回は小海線を乗り潰す信州周遊の旅です。
上野駅
 
お盆休みを北海道&東日本パスで旅したので8月下旬時点で青春18きっぷがまだ4回分も
残っており今回は土曜を半ドンで切り上げて高崎に前泊し翌朝から旧・信越本線をたどって
小諸から小淵沢まで小海線を乗り潰す信州周遊の旅です。

普段は普通グリーン車が連結される東京近郊区間の話は端折りますが、今回は上野から。
高崎までは最後の211系で運転される933Mに乗車しようと時間調整したものの、入線した
車輌はE233系L08編成。以前だったら積極的には乗りたくなかった211系に今日は乗れず
残念な気持ちになるとは何とも複雑(笑)。
続きを読む »

IGRいわて銀河鉄道・東北本線 盛岡駅(2013/8/15)

2013.08.26 (Mon)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。
盛岡駅
 
前回の続き)金田一温泉から盛岡行きの普通列車に乗車し約1時間20分で盛岡に到着。

盛岡に到着し東北新幹線延伸に伴って三セク転換された旧・東北本線の乗り潰しが完了。
写真は最後に乗車したIGR7000系ですが、この4日間、よく701系と同系車に乗りましたね。
JRと三セク転換区間は初日の交流区間に入った黒磯から今日の盛岡まで気動車以外の
普通列車は福島-米沢の719系を除くと、すべて701系とその同系車。正直、飽きました(笑)。
続きを読む »

映画 「トランスポーター3 アンリミテッド」

2013.08.25 (Sun)

トランスポーター3 アンリミテッド [Blu-ray]トランスポーター3 アンリミテッド [Blu-ray]
(2010/01/15)
フランソワ・ベルレアン、セーム・シュルト 他

商品詳細を見る


小海線を乗り潰す信州周遊の旅から戻り夜遅く帰宅。正直、疲れました。
何が疲れたってホリデー快速ビューやまなし215系の普通車のイスはやっぱおかしい!!
長時間乗車すると体が痛いよ。帰ってきたらトランスポーター3見ようと日曜洋画劇場を
予約録画したけど、そんな元気なし。もう寝ます。
続きを読む »

野辺山駅@小海線

2013.08.25 (Sun)
 

日本一標高の高い駅、野辺山に到着。
残念ながら高原も大雨。

(写真を追加しました)

青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道 八戸-盛岡(2013/8/15)

2013.08.25 (Sun)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。
八戸駅
 
前回の続き)八戸から二戸行きの普通列車に乗車し金田一温泉へと向かいます。

八戸から盛岡までの旧・東北本線は県境で経営会社が変わり、青森県の青い森鉄道と
岩手県のIGRいわて銀河鉄道の2社にまたがる運行。そのため運賃は2社合算2960円と
非常に高く、青春18きっぷの旅でも3410円で乗車できる東北新幹線でのワープが定石。
ただし今回はIGRいわて銀河鉄道も乗り降り自由な北海道&東日本パスを持っているし、
そもそも第三セクター転換後の区間を乗り潰すことが目的なのでワープはしません(笑)。
続きを読む »

青い森鉄道 野辺地-八戸(2013/8/15)

2013.08.24 (Sat)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。
野辺地駅
 
前回の続き)下北から運休列車に代わって運転された代行バスに乗車し野辺地に到着。

大湊線を乗り潰せないまま青い森鉄道と大湊線の接続駅の野辺地に戻ってきました。
(写真右の)代行バスを下車して、まずは駅舎を撮影。本来の計画どおりの乗り鉄であれば
往路は青森から直通の大湊行き、復路は大湊から直通の八戸行きの列車に乗ったので
この駅舎は見られなかったはずですが、運休のお陰(?)で撮影することができました(笑)。
続きを読む »

青い森鉄道・大湊線 青森-野辺地-下北(2013/8/15)

2013.08.24 (Sat)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。
青森駅
 
前回の続き)最終日は大湊線と旧・東北本線を乗り潰してから新幹線こまちで帰京します。

出発前に駅舎を撮影。ウィキペディアによると、地元は老朽化により建て替えたいものの、
移転とか橋上化とか、いろいろ意見があり難航中。(つまり、当分このままってことか(笑))

奥の斜張橋は青森ベイブリッジ。名称は当時はやりの横浜ベイブリッジからとったらしいが、
正直・・・(自主規制)。まぁ横浜ベイブリッジが出来たてのころは私も週末になると千葉から
大黒埠頭までわざわざ行ったクチなのでベイブリッジに憧れる気持ちは理解できるけどね。
続きを読む »

奥羽本線・青い森鉄道 青森駅(2013/8/14)

2013.08.23 (Fri)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。
青森駅
 
前回の続き)前回に続いて青森駅を発着する列車を紹介します。

これは青森県内の旧・東北本線の経営を引き継いだ青い森鉄道の車輌で青い森701系。
その名のとおりJR東日本701系とほぼ同一。第三セクター転換時にJR東日本から譲受した
0番台2連*8本と(この写真の)自社新製の100番台2連*1本が在籍。塗色は水色を配した
青い森鉄道オリジナル、側面にキャラクターのモーリーが大きく描かれています。2011年に
撮影したときは譲受車はJR時代のままモーリーのステッカーを貼って使用していましたが、
現在は全車輌青い森鉄道のデザインに塗装が変更されたそうです。
続きを読む »

津軽線 蟹田-青森(2013/8/14)

2013.08.23 (Fri)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。
蟹田駅
 
前回の続き)蟹田から青森行きの普通列車に乗車し青森へと向かいます。

ホームで待っていると、やってきた列車は今朝も乗車した701系N-1編成。蟹田-三厩で
乗車した列車が往復ともキハ40形568だったので、今日は一日同じ車輌ばかり乗車(笑)。
3日目は乗車距離は短いし乗車した車両の種類も少なく内容的には物足りないような・・・
続きを読む »

津軽線 津軽二股-蟹田(2013/8/14)

2013.08.22 (Thu)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。
津軽二股駅
 
前回の続き)津軽二股から青森行きの普通列車に乗車し蟹田へと向かいます。

津軽今別駅で貨物列車が撮影できず何ら成果を残せないまま津軽二股駅に戻りホームで
次の蟹田行きの普通列車を待っているとやってきた列車は今朝も乗車したキハ40形568。
非冷房で暑くてたまらないのか前面貫通扉を開けっ放しにして車内に風を通しながら走行。
続きを読む »

海峡線 津軽今別駅(2013/8/14)

2013.08.22 (Thu)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。
津軽二股駅
 
前回の続き)津軽二股で下車し北海道新幹線新駅予定地の津軽今別駅を撮影します。

津軽二股・津軽今別駅は(この写真のとおり)隣接していますが、下車した津軽二股駅は
JR東日本の津軽線の駅。一方、築堤の上に見える津軽今別駅は(本州にありながら)
JR北海道の海峡線の駅で両駅は正式には連絡駅になっておらず北海道新幹線開業時に
津軽今別駅が新幹線の駅にリニューアルされた場合に一体化するかは現時点で未定。
続きを読む »

津軽線 蟹田-三厩-津軽二股(2013/8/14)

2013.08.21 (Wed)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。



蟹田駅
 
前回の続き)青森から蟹田行きの普通列車に乗車し約40分で終点の蟹田駅に到着。

津軽線は蟹田駅の先の海峡線と分岐する新中小国信号場以北は非電化のため蟹田-三厩は気動車による運転。車輌は八戸運輸区キハ40系を使用。塗色は白地に赤い帯の盛岡色。この日は蟹田行きの列車から40人ぐらいが乗り継ぎ。(窓が開けられていることからも分かるとおり)車輌は真夏には厳しい非冷房。正直、乗客がそこそこ多いお盆ぐらいは2両運転だと思ったものの期待は裏切られキハ40形1両の運転で車内は満席。(車輌はキハ40形568)
続きを読む »

奥羽本線・津軽線 弘前-青森-蟹田(2013/8/14)

2013.08.21 (Wed)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。



弘前駅
 
前回の続き)弘前駅から青森行きの普通列車に乗車し青森へと向かいます。

奥羽本線の普通列車乗車前に弘前駅東側の駅前に出て城東口と弘南鉄道駅舎を撮影。3日目の主な目的は津軽線の乗り潰しで、このあとは青森へ移動し津軽線の列車に乗車。蟹田を経由して終点の三厩まで行ってから北海道新幹線の新駅が建設される津軽二股駅まで戻り、新駅建設前の津軽二股駅・津軽今別駅を撮影し再び青森に戻ってくるだけの(連日の長距離移動に比べれば(笑))ライトプラン。
続きを読む »

弘南鉄道弘南線 弘前-黒石(2013/8/14)

2013.08.20 (Tue)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。



弘前駅
 
前回の続き)3日目は弘前駅からスタート。青森へ行き三厩まで津軽線を乗り潰します。

津軽線の蟹田-三厩は運転本数が少なく朝イチの列車に乗車するには弘前の出発は早朝5時半。さすがにそれは無理なので、次の2本目の列車に時間を合わせると今度は弘前出発が9時半。まぁ正直言って9時まで寝ていてもイイのですが(笑)、せっかく青森まで来て朝寝坊ではもったいないのでまずは弘南鉄道の乗り潰し。JR乗車前に弘南鉄道弘南線を往復します。
続きを読む »

弘南鉄道大鰐線 大鰐-中央弘前(2013/8/13)

2013.08.20 (Tue)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。



大鰐駅
 
前回の続き)大館から青森行きの普通列車に乗車し30分で大鰐温泉に到着。

JR弘前駅と弘南鉄道中央弘前駅では多少位置が違うものの、大鰐温泉駅からJRを使えば12分で弘前に到達できますが、あえて倍以上の28分もかかる弘南鉄道大鰐線を利用。これは6月末に大鰐線の存廃問題が浮上したからで今回は時間よりも未乗車区間の乗り潰しを優先しました。

さて、まずは乗車前に車輌を撮影。これは留置されていたデハ7031+デハ7032の2両編成。青い帯で「銀河/東奥義塾」のヘッドマーク掲出。
続きを読む »

奥羽本線 大館-大鰐温泉(2013/8/13)

2013.08.19 (Mon)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。



大館駅
 
前回の続き)秋田から大館行きの普通列車に乗車し約1時間50分で終点の大館に到着。

朝から乗り続けてきた奥羽本線ですが、大館に到達し終点の青森まであと1本。と言っても、実はこの日の目的地は弘前で、しかも大鰐温泉駅からは弘南鉄道大鰐線に乗り換える予定。これは6月末の株主総会で船越社長が大鰐線を2017年3月で廃止する意向を示したからで、先月に一旦廃止方針を撤回したものの、いつどうなるか分からないので乗れるときに乗車。(まっ廃線が決まれば十和田観光電鉄同様、撮影のため一度はクルマで来るんですがね)

さて、青森行きの普通列車に乗車。(車輌は引き続き青森行きとなったN-2編成)
続きを読む »

奥羽本線 秋田-大館(2013/8/13)

2013.08.19 (Mon)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。



秋田駅
 
前回の続き)新庄から秋田行きの普通列車に乗車し約2時間50分で終点の秋田に到着。

昨年大晦日に下車したときは西口駅前のホテルに宿泊し西口側しか見なかったので今回は東口側に一度出てみました。と言っても、商業施設は西口側のほうが多いので駅舎を撮影したらすぐに東西連絡自由通路を通って西口のステーションビルトピコへ行き秋田名産品で昼食。
続きを読む »

奥羽本線 新庄-秋田(2013/8/13)

2013.08.18 (Sun)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。



新庄駅
 
前回の続き)新庄から秋田行きの普通列車に乗車し終点の秋田へと向かいます。

前回のエントリーに「写真撮ってないで並ばないと」と書きましたが、なんとか座席を確保。奥羽本線の新庄発は9-10時台の設定がなく(私の乗車した)この列車に乗客が集中するかと思いきや、ほぼ全員座れる楽勝状態。これなら車窓も撮れる・・・と思っていたら発車間際の接続する新幹線つばさが新庄に到着した途端、新幹線から乗客が雪崩れ込んできて通勤電車状態(驚)。(こんなに混むなら快速こまくさを走らせろよ!! 新幹線利用者が701系にうんざりしてたぞ)
続きを読む »

奥羽本線 山形-新庄(2013/8/13)

2013.08.18 (Sun)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。



新庄駅
 
前回の続き)山形から新庄行きの山形新幹線に乗車し50分で終点の新庄に到着。

山形から新庄まではスマホを使い初めてモバイルSuica特急券で乗車。モバイルSuica特急券は新幹線駅相互発着で指定席を利用すると、割引なしの自由席利用と同じ値段で指定席が利用可能で、(えきねっとなどで割引がない限り)紙の切符よりお得。

ただ、疑問だったのは山形駅の中間改札機がスマホをかざしただけで通れてしまったこと。私はちゃんと在来線部分の有効な乗車券(北海道&東日本パス)を持っていたけど、人的チェックがないと不正乗車が可能のような・・・まぁ、良く分かりませんね。
続きを読む »

奥羽本線 米沢-山形(2013/8/13)

2013.08.17 (Sat)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。



山形駅
 
前回の続き)米沢から山形行きの普通列車に乗車し山形へと向かいます。

米沢から山形までの区間は普通列車の運転がおおよそ1時間に1本あり移動が楽な区間。しかも以前に高畠駅で下車して太陽館の温泉で入浴したり赤湯駅近くの赤湯温泉を訪れたりと何度か来ているので沿線はスルー。米沢から約45分で終点の山形に到着。
続きを読む »

奥羽本線 福島-米沢(2013/8/13)

2013.08.17 (Sat)
北海道&東日本パスで行く奥羽本線と旧・東北本線を乗り潰す北東北周遊の旅です。



福島駅(新幹線口)
 
前回の続き)2日目は福島からスタート。奥羽本線の列車を乗り継いで秋田へと向かいます。

(皆さん御存知のとおり)奥羽本線の福島-新庄間は標準軌に改軌され新在直通運転方式の山形新幹線の一部として運転されており、同じ路線を走る普通列車には山形線の愛称が付けられています。そのうち福島・山形の県境を超える板谷峠の区間は山形新幹線は1時間に1本以上運転されているのに普通列車だと1日6往復しか運転がない、いわゆる青春18きっぷの旅における“難所”。通常は山形新幹線でワープするのが常套手段ですが、今回は福島に前のりしたので始発の米沢行き列車に乗車し板谷峠を普通列車で越えます。
続きを読む »
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。