ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士急行の新型車両は205系そっくり!?"富士急の日"2/29に6000系デビュー!

2012.02.29 (Wed)
 
富士急行は新型車輌の6000系を導入、2/29の「富士急の日」(日本記念日協会認定)より
運転を開始すると発表しました。

新型車両のデザインは「富士登山電車」や下吉田駅と富士山駅の駅舎リニューアルなどを
手がけた水戸岡鋭治氏で外観は富士山をイメージしたブルーを基調、内装は床やつり革に
木を使いシートはオリジナルモケットで水戸岡氏らしいデザインになっています。

6000系の種車は京葉線で運行していた205系(写真は改造前の姿)、3両編成で運転され、
今年3月までに2本を、2012年度内にさらに2本導入予定。・・・ってことは、老朽化の激しい
1000形・1200形は急いで撮影しないといけませんね。(笑)
続きを読む »
スポンサーサイト

十鉄電車3/31営業終了を正式に報告-代替バスは十和田・三沢両市街地直結

2012.02.28 (Tue)
 
十和田観光電鉄は十和田市-三沢の営業運転を3/31で終了すると正式に報告しました。
翌4/1からは十和田市中心街から旧十和田市駅と三沢駅を経由して三沢市中心街までの
路線バスの運行を開始します。

廃止の理由については利用者の減少と老朽化した設備更新の費用が捻出できないなどを
あげていますが、沿線には学校が多く利用者がそこそこいるのに廃線。十和田市駅舎の
建て替え問題にかこつけた廃線ありきの結論付けのような気がしてならないんですけどね。

どちらにせよ、またひとつ貴重な地方鉄道が幕を閉じますね。撮影済みの全駅については
後日まとめて紹介します。
続きを読む »

第18回ちばぎんカップ 柏レイソル戦(2012/2/26)

2012.02.27 (Mon)


点差こそ1点ですが、内容的には完敗。さすがはJ1リーグチャンピオンにしてCWC4位の
レイソル様。おととしは同じJ2だったのに完全に差をつけられましたね。まぁ、レイソルとの
実力差を嘆いても仕方がないし、もう目標が違うのでウチはウチのサッカーを目指すだけ。

ただ、米倉の全治2ヶ月半は痛すぎ・・・

飯田線豊橋-豊川「119ファイナル号」運転、最終日に豊橋駅でイベントも

2012.02.26 (Sun)
 
JR東海は飯田線119系の引退を記念し開催する「ありがとう119ウィークス」の追加企画を
発表しました。豊橋-豊川で臨時列車「119ファイナル号」を運行、最終運行日の3/31には
豊橋駅で「ファイナルイベント」を開催します。

飯田線119系は昨年の夏に辰野-岡谷で乗車し、かろうじて写真もありますが、残念ながら
飯田線全線は乗車したことがなく目玉の登場当時の青色に白帯の塗装になったE4編成も
結局、撮影できないままファイナルとなっちゃいました。(まっあと1ヶ月ありますが、撮影に
行くのは仕事の都合上不可能)

これって全車廃車になっちゃうんでしょうかねぇ?1両ぐらいリニア鉄道館に保存されない?
続きを読む »

特急「ワイドビューふじかわ」も復活-台風で被災した身延線、3/17に再開

2012.02.25 (Sat)
 
JR東海は鉄道が不通となっている身延線内船-身延の運転再開を3/17と発表しました。
同時に特急「ワイドビューふじかわ」も運転を再開するそうです。

身延線は2011年9月に上陸した台風15号によって被災。9/26に身延-甲府、11/14に
西富士宮-内船が運転を再開しましたが、特に被害の大きかった内船-身延は不通のまま
代行バスによる輸送が実施されています。

当初、前線運転再開は3月末を予定していましたが、復旧作業のめどが立ったことから
ダイヤ改正の3/17に所定のダイヤに戻し特急ワイドビューふじかわの運転も再開します。

身延線といえば、乗り潰しに行った日にちょうど台風直撃。甲府に到着したところで運休を
知らされのこのこ中央線で戻ってきた苦い思い出のある路線。再開したので今年の夏こそ
乗り潰しに行きたいと思います。(まっ、予定は未定だけどね(笑))
続きを読む »

仙石線と石巻線の一部区間が3/17復旧-陸前大塚-陸前小野は山側に移設

2012.02.24 (Fri)
 
JR東日本は3/17に仙石線陸前小野-矢本と石巻線石巻-渡波の運転を再開すると発表。
また仙石線陸前大塚-陸前小野は元の位置より約500m山側に移設して復旧となります。

東日本大震災で被災した仙石線と石巻線のうち、仙石線高城町-陸前大塚は現在の
位置で復旧する一方、陸前大塚-陸前小野は街づくり計画に合わせて移設。不通区間の
高城町-陸前小野の運転再開は工事着手から2年程度を見込んでいるそうです。

仙石線復旧区間のうち、石巻寄りは全列車気動車での運転。この写真のように石巻駅で
仙石線の電車が見られるのはいつの日になるんでしょう?なお、石巻線の渡波から先の
女川までの区間はまったく運転再開の見込みが立っていません。
続きを読む »

会津鉄道 新1000yen札発行記念列車(2012/2/19)

2012.02.23 (Thu)
会津若松駅
 
485系国鉄色あいづライナーを撮影したとき、ついでに撮影した車輌を紹介します。

最後は会津鉄道で普通列車に使用されるAT-500・550形です。新潟トランシス製18.5m
NDCで車体がそれまでの車輌より大型化されています。AT-500形とAT-550形は同型で
違いはトイレの有無。AT-500形にはトイレがないので基本的にAT-550形やAT-650形と
連結して運用されますが、(この写真のように)単行でトイレ無しの列車もあります。

AT-500形・550形はそれぞれ2両在籍。そのうち各1両のAT-502とAT-552が野口親子の
肖像画をあしらわれた「新1000yen札発行記念」のラッピング車輌になっています。
続きを読む »

会津鉄道 会津浪漫号(2012/2/19)

2012.02.22 (Wed)
会津若松駅
 
485系国鉄色あいづライナーを撮影したとき、ついでに撮影した車輌を紹介します。

これは会津若松駅で撮影した会津鉄道のお座トロ展望列車です。お座敷車+トロッコ車+
展望車の3両編成で、お座敷車とトロッコ車の乗車にはトロッコ整理券(300円)が必要。
続きを読む »

仙台車両センター719系(2012/2/19)

2012.02.21 (Tue)
会津若松駅
 
485系国鉄色あいづライナーを撮影したとき、ついでに撮影した車輌を紹介します。まずは、
先月の信越周遊の旅でも乗車した磐越西線仕様719系。主に郡山-会津若松で運転。
続きを読む »

仙台車両センター485系 あいづライナー(2012/2/19)

2012.02.20 (Mon)
会津若松駅
 
JR東日本があいづライナーを485系国鉄色からあかべぇと起き上がり子法師のラッピングを
ほどこした車輌に交代すると発表したので、最後の(?)485系国鉄色のあいづライナーを
撮影してきました。

ちなみに新たにあいづライナーの任に就く車輌は元・東武線直通特急の日光、きぬがわに
使われていた485系で、塗装は変えずラッピングだけほどこされ約1年ぶりに現役に復帰。
今週末の25日には、会津若松駅に国鉄色車輌とラッピング車輌が並べられ、お披露目の
出発セレモニーが開催されます。
続きを読む »

篠ノ井線 姨捨駅(2012/2/12)

2012.02.19 (Sun)
JR東日本は2010年7月に信州デスティネーションキャンペーンに向けてスイッチバックの
篠ノ井線姨捨駅をリニューアル。手小荷物扱い窓口が再現され、内壁や天井、建具などを
修繕。また、後日2番線ホームに展望台が設置されています。
姨捨駅
 
長野電鉄屋代線の各駅を巡ったあとは長野道に乗って帰京ですが、その前に篠ノ井線の
姨捨駅に寄ってから高速道に入ります。

これがスイッチバック駅にして日本三大車窓のひとつが見られる姨捨駅です。駅は山の
中腹に位置し、駅付近の本線がおよそ25‰の急勾配のためホームは本線上に作られず
本線にクロスするように発着線と引き上げ線があるスイッチバック方式になっています。
続きを読む »

長野電鉄 屋代線(2012/2/12)

2012.02.18 (Sat)
長野電鉄は2012年4月1日に屋代線(屋代-須坂)の鉄道事業を廃止します。
須坂駅
 
長野から須坂まで2000系乗車したあとは3月で廃線となる屋代線の駅を順に探訪します。

これは元日比谷線の営団3000系を改造した3500系。屋代線を走る普通列車の屋代行き。
乗車するわけではないので、ちらっとしか見ていませんが、車内にはカメラを持った人が
何人もいておそらく乗客の多くが廃線前の記念乗車。逆に地元民は数人しか乗っておらず
廃線も致し方ないかなぁって感じ。
続きを読む »

長野電鉄 2000系D編成(2012/2/12)

2012.02.17 (Fri)
長野電鉄は2000系D編成の運転を終了します。運転終了日は2012年3月31日。
D編成の引退にともない長野電鉄では2000系全車輌の運転が終了します。
村山-日野
 
長野市内のホテルに宿泊し翌朝は3月末で引退する2000系D編成を撮影してから記念に
乗車します。

2000系D編成はすでに定期運用からは引退してますが、現在は特別運行で主に土日の
朝に須坂-長野の一往復を普通列車として運行しています。まずは粉雪が舞う激寒の中、
須坂発長野行きを村山橋近くの築堤で撮影。
続きを読む »

長野電鉄 湯田中駅(2012/2/11)

2012.02.16 (Thu)
長野電鉄 湯田中駅
 
地獄谷野猿公苑でニホンザルを撮影したあとは山を下り湯田中温泉まで戻ってきました。
このあとは湯田中駅前温泉の楓の湯に入ってからホテルに向かいます。

これは長野電鉄長野線終着駅の湯田中です。ウィキペディアによると、標高は599.76m、
(ってか600mで良くない?(笑))。長野電鉄線の中では最高地点に位置し、名前の通り
信州湯田中温泉郷の玄関口となっています。
続きを読む »

液晶保護フィルム プロ用ガードフィルム

2012.02.15 (Wed)

エツミ 液晶保護フィルム プロ用ガードフィルム ソニーα NEX-5/NEX-3対応 E-1898エツミ 液晶保護フィルム プロ用ガードフィルム
ソニーα NEX-5/NEX-3対応 E-1898

(2010/06/04)
エツミ

商品詳細を見る

NEX-5を買ってだいぶ経つけど、今更ながら液晶保護フィルムを購入しました。

ただ、貼ったときは綺麗だったのに気がついたらフィルムに横線の傷が入っていて
がっかり。どこで傷つけたんだろう?(まさか、気付かなかっただけで最初から・・・?!)

地獄谷野猿公苑(2012/2/11)

2012.02.14 (Tue)
地獄谷野猿公苑は長野県山ノ内町の地獄谷温泉にあるニホンザルの保護施設です。
野生のニホンザルが温泉に入る様子が観察できる施設として知られ冬場に温泉に入る
ニホンザルの姿は海外でも有名で多数の外国人観光客が訪れます。

 
横川駅でSLバレンタインを撮影したあとは、昼食をとってから上信越道を飛ばして一気に
信州湯田中温泉へ移動。今回は湯田中温泉よりさらに山の奥にある地獄谷温泉に行き
地獄谷野猿公苑で温泉に入るニホンザルを撮影します。

上林温泉にある専用駐車場にクルマを止めてそこから林道を歩くこと30分。地獄谷温泉の
地獄谷野猿公苑に到着です。(入苑料500円)
続きを読む »

快速 SLバレンタイン(2012/2/11)

2012.02.13 (Mon)
JR東日本は2012年2月11日-12日に快速SLバレンタインを運転。運転区間は高崎10:40発-
横川11:44着。車輌はD51形蒸気機関車+12系客車5両+DL。座席は全車指定席。
群馬八幡-安中
 
前日の快速SL内房100周年記念号に続き、またしてもSL撮影。とは言っても、今回は
知人二人と連休に長野の温泉に行くついでに鉄道も撮影するビミョーな旅行です。(笑)

まずは、関越道を藤岡ICで降りて安中市の陸橋へ。ここは架線柱が上下線の間にあり
車輪周りもよく見えるガーター橋と好条件でありながら、国道からお手軽に撮影できる
超人気、超有名ポイント。それでも内房線に多く行ってるのか思ったより撮影者は少なめ。

ただ、この日は連休初日で関越道下りの渋滞が半端なく撮影ポイント到着がギリギリ。
しかも、撮影前にメモリーカードをよく確認しなかったため、カメラに差しっぱなしにしていた
低規格の古いSDカードで撮影してしまったので連写したら書き込みが間に合わず客車が
ガーター橋に到達する前にシャッターがきれなくなっちゃいました。(画像はトリミングです)

なんともダメダメなスタートですね。(苦笑)
続きを読む »

内房線・久留里線開業100周年記念 ラッピングトレイン(2012/2/10)

2012.02.12 (Sun)
JR東日本は内房線と久留里線の開業100周年を記念しラッピングトレインを運転します。
運転期間は2012年2月10日から12月28日まで。運転区間は、内房線、外房線、東金線。
209系6両編成のうち3本をラッピングトレインとして、1号車と6号車のドア横にステッカー、
前面には100周年のヘッドマークを掲出。
千葉駅
 
先日、快速SL内房100周年記念号を撮影するために乗車した列車が内房線・久留里線
開業100周年記念 ラッピングトレインでした。(車輌は209系C601編成)

まぁ、運転は12月まで続くので慌てて撮影する必要はありませんが。(笑)

快速 SL内房100周年記念号 #2(2012/2/10)

2012.02.11 (Sat)
JR東日本は内房線と久留里線の開業100周年を記念して快速SL内房100周年記念号を
運転。運転日は2012年2月10日-12日。運転区間は千葉みなと12:57発-姉ヶ崎13:46着、
15:05発-木更津15:32着。車輌はC61形+旧型客車。
巌根駅
 
前回の続き)姉ヶ崎駅でSL内房100周年記念号を撮影したあとは先発の普通列車に
乗車し巌根駅に先回り。巌根駅で上り線のホームから通過するSLを撮影します。

巌根駅に到着するとホーム端はすでに人で埋まっていて、そこからもほぼ鈴なり状態。
駅員の指示に従って黄色い線上に順番に並んで撮影場所は確保したんですが、まわり
ほとんどが一眼レフを構えるなか、隣の小学生~中学生ぐらいのガキがおもちゃのような
コンデジを所持。

嫌な予感がしたんですが、案の定、列車が来ると身を乗り出してきて、(ご覧のとおり)
見事にガキの手が入っちゃいました。(あぁ、もっと望遠で切ればよかった・・・)

まぁ、気分は悪いものの、ガキに文句を言っても仕方ないので諦めて後続の普通列車に
乗車して次は木更津へと向かいます。
続きを読む »

快速 SL内房100周年記念号 #1(2012/2/10)

2012.02.10 (Fri)
JR東日本は内房線と久留里線の開業100周年を記念して快速SL内房100周年記念号を
運転。運転日は2012年2月10日-12日。運転区間は千葉みなと12:57発-姉ヶ崎13:46着、
15:05発-木更津15:32着。車輌はC61形+旧型客車。
姉ヶ崎駅
 
SL内房100周年記念号の運転は金曜日も含めて週末の3日間もありますが、ネットで
調べると試運転から結構な混み具合で土・日曜は恐ろしいほどの混雑が予想されるため
金曜の仕事を昼過ぎで切り上げ午後から撮影に行ってきました。

そうは言っても沿線で待ち構えるほど時間に余裕はなく、まずは姉ヶ崎の長時間停車に
追いき姉ヶ崎駅で撮影。そのあと、普通列車で巌根に先回りしてホームから駅撮り。再び
後続の普通列車で追いかけ、最後は木更津駅で撮影します。
続きを読む »

【過去記事】青春18きっぷ津山線の旅(8/14)アップ

2012.02.09 (Thu)
 

■2011.8.14

山陽本線 倉敷-岡山
津山線 岡山-津山
旧津山扇形機関車庫 #1
旧津山扇形機関車庫 #2
姫新線 津山-姫路
東海道・山陽本線 姫路-京都

夏の青春18きっぷの旅、3日目の津山線をアップしました。

昨年夏の青春18きっぷは最初の3回をお盆期間の中国地方周遊、
4回目を東京総合車両センターへの往復、5回目を塩尻日帰りに使い
東京総合車両センター夏休みフェアと辰野支線を乗り潰しの旅は
すでにアップしてあるので、これで夏の青春18きっぷ関連は全て終了。

これからは秋の鉄道イベントを中心にアップしていきます。
続きを読む »

流鉄2000形「青空」・「なの花」(2012/2/5)

2012.02.09 (Thu)
馬橋駅
 
馬橋駅のJRのホームから流鉄2000形を撮影しました。
続きを読む »

伊豆急行 リゾート21・黒船電車 車輌展示会(2012/2/5)

2012.02.08 (Wed)
伊豆急行は2012年2月5日にJR品川駅で車輌展示会を開催。開催時間は11:30~15:00、
開催場所は品川駅8番線ホーム。展示される車輌は伊豆急行2100系リゾート21黒船電車
8両編成(グリーン車1両連結)。「伊豆急行開業50周年」オリジナルヘッドマークを掲出。
品川駅
 
真岡鐵道のSL重連を撮影したあとは小山へ行き湘南新宿ラインに乗車。大崎を経由して
品川まで行き、伊豆急行2100系黒船電車を撮影。
続きを読む »

真岡鐵道 SL重連運転 #2(2012/2/5)

2012.02.07 (Tue)
真岡鐵道は2012年2月5日にSL重連運転を実施。運転区間は下館10:37発-茂木12:02着、
茂木14:28発-下館15:57着の一往復。
下館駅
 
前回の続き)下館駅の真岡鐵道のホームに入線するSLもおかを撮影します。
続きを読む »

真岡鐵道 SL重連運転 #1(2012/2/5)

2012.02.06 (Mon)
真岡鐵道は2012年2月5日にSL重連運転を実施。運転区間は下館10:37発-茂木12:02着、
茂木14:28発-下館15:57着の一往復。
下館駅
 
真岡鐵道が所有するC11形、C12形2両によるSL重連運転を実施するので大回り乗車で
下館まで行き撮影してきました。

下館に到着すると、真岡鐵道ホームにはすでにC12形が入線していてC11形+客車3両が
側線に後進で入ってくるところでした。(写真はC11形+客車3両が側線で停止したところ)

2010年8月に撮影したときはディーゼル機関車に牽かれていましたが、今日はディーゼル
機関車の姿はなし。結局、下館までどうやって回送されてきたかは分からずじまい。(笑)
続きを読む »

【過去記事】青春18きっぷ芸備線山陽本線の旅(8/13)アップ

2012.02.05 (Sun)
 

■2011.8.13

芸備線 備後落合-三次
芸備線 三次-広島
山陽本線 広島駅 #1
山陽本線 広島駅 #2
山陽本線 広島-倉敷
山陽本線 倉敷駅

夏の青春18きっぷの旅、2日目の芸備線~山陽本線をアップしました。

芸備線と言えば、2012年3月のダイヤ改正でさらなる減便が決定。
乗客の少ない備後落合-三好で、早朝の備後落合→三好と最終の
三次→備後落合を廃止、奥出雲おろち号と接続する日中の
三次⇔備後落合の1往復を奥出雲おろち号運転日のみの臨時化、
朝方の三次⇔備後庄原の1往復を休日運休と、休日は定期列車が
3往復も減便となり、なんと1日6往復しか走らない区間となります。

・・・もう、限界かなぁ

東北本線 宇都宮駅 #2(2012/1/9)

2012.02.04 (Sat)
2011年冬の青春18きっぷで行く定期運用から引退するきたぐに乗車と信越周遊の旅です。
宇都宮駅
 
前回の続き)宇都宮駅を発着する列車のうち今回は烏山線のキハ40形気動車です。

烏山線は宝積寺と烏山を結ぶ路線で、運行される列車の多くは宝積寺から東北本線に
乗り入れて宇都宮まで運転しています。非電化路線で使用される車輌は宇都宮運転所
キハ40形8両。塗色は白地に緑のラインが入った烏山線色6両と、烏山線開業88周年を
記念して2011年に朱色とクリーム色の国鉄急行色に塗りかえた2両があります。
続きを読む »

東北本線 宇都宮駅 #1(2012/1/9)

2012.02.03 (Fri)
2011年冬の青春18きっぷで行く定期運用から引退するきたぐに乗車と信越周遊の旅です。
宇都宮駅
 
前回の続き)磐越西線、東北本線を乗り継いで宇都宮に到着。上野行きの宇都宮線の
列車に乗車する前に日光線と烏山線の列車を撮影します。

まずは日光線の車輌です。日光線は宇都宮から日光までを結ぶ路線で、2009年3月に
日光線開業120周年記念事業の一環で駅設備や運行車輌が西洋風レトロ調に改装され
観光客を意識した作りになっています。(車輌は小山車両センター107系0番台N2編成)
続きを読む »

特急はまかぜなどで活躍、キハ181系気動車がミャンマーへ

2012.02.02 (Thu)
キハ181形(旧津山扇形機関車庫で撮影)
 
JR西日本は特急はまかぜなどに使用され2010年末に引退したキハ181系気動車15両を
ミャンマー鉄道省へ譲渡すると発表しました。

今回の譲渡はミャンマー鉄道省の要請を受けたもので、留置場所の下関総合車両所に
隣接する下関地平コンテナ基地から下関港まで陸送、下関港から海上輸送されます。

まぁ、これで譲渡先がタイやマレーシアだったら比較的簡単に乗りに行くことができますが、
ミャンマーは厳しいですねぇ。とは言え、昨今の政情変化で少しは行きやすくなったのかな?
続きを読む »

磐越西線 会津若松-郡山(2012/1/9)

2012.02.01 (Wed)
2011年冬の青春18きっぷで行く定期運用から引退するきたぐに乗車と信越周遊の旅です。
会津若松駅
 
前回の続き)昼食のあと喜多方からAIZUマウントエクスプレスに乗車し会津若松に到着。
このあとは郡山行きの普通列車に乗車し郡山へと向かいます。

駅名票の隣の駅名が二つとも同じ方に書かれていることからも分かる通り、磐越西線は
会津若松駅でスイッチバックする構造で、運転系統も一部喜多方まで乗り入れる列車を
除いて会津若松を境に東西に分かれているので全線乗り潰すにしても乗り換えが必要。
今回は会津若松で乗り換えて東北本線との接続駅の郡山を目指します。
続きを読む »
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。