ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【寫眞館】会津鉄道

2009.08.26 (Wed)
ツーデーパスの旅の最後に会津若松で撮影したキハ8500系のほかに、今まで撮影した
会津鉄道の車輌の写真です。
キハ8500系気動車(会津若松駅で撮影)
 
キハ8500系は名鉄特急北アルプスに使われていたキハ8500系を名古屋鉄道から購入した
車輌で、AIZUマウントエクスプレスの愛称で運用されています。
続きを読む »
スポンサーサイト

磐越西線 郡山-会津若松(2009/8/15)

2009.08.25 (Tue)
ツーデーパスで行く鹿島臨海鉄道と水郡線乗り潰しの旅です。
JR東日本キハE130系(郡山駅で撮影)
 
前回の続き)上菅谷から約3時間で終点の郡山に到着。このあとは磐越西線の列車に
乗り換えて会津若松へと向かいます。

郡山に到着し水郡線の乗り潰しが完了。ただ、さすがに3時間乗りっぱなしは疲れました。
景色は良かったものの、水郡線が想像以上に冗長で、先に進んでいる感じがしないのが
結構きつかったですね。途中一箇所ぐらい下車して観光を入れれば良かったと反省。(笑)

さて、ホームを移動して次は磐越西線の列車に乗車します。
続きを読む »

水郡線 上菅谷-郡山(2009/8/15)

2009.08.25 (Tue)
ツーデーパスで行く鹿島臨海鉄道と水郡線乗り潰しの旅です。
上菅谷駅
 
前回の続き)常陸太田から上菅谷に戻り郡山行きに乗り換えて郡山へと向かいます。

常陸太田から上菅谷行きに乗り上菅谷に到着。このあとは郡山行きに乗り換えるのですが、
ここでちょっとしたアクシデント発生。上りの水戸行きが遅れているために下りの郡山行きの
列車もちょっと遅れるとのアナウンス。

遅れてると言っても10分強だったで普通だったら気にする必要もありませんが、実は郡山で
磐越西線に乗り換える時間が短かったのでちょっと心配に。(まっ、私が心配したところで、
列車の時間はなるようにしかならないんですが(笑))

さて、定時より遅れて郡山行きの普通列車が出発。(ここからは写真も少ないし速いですよ)
続きを読む »

日立電鉄(廃線) 常北太田駅跡(2009/8/15)

2009.08.25 (Tue)
ツーデーパスで行く鹿島臨海鉄道と水郡線乗り潰しの旅です。
常北太田駅跡
 
前回の続き)上菅谷から常陸太田行きの列車に乗車し水郡線支線終点の常陸太田に到着。
このあとは隣接する廃線になった日立電鉄の常北太田駅跡を見に行きます。

ちなみに旧駅舎には日立電鉄交通サービスの営業所が残っていますが、常陸太田駅整備に
ともない2010年に解体される予定です。
続きを読む »

水郡線 常陸太田駅(2009/8/15)

2009.08.24 (Mon)
ツーデーパスで行く鹿島臨海鉄道と水郡線乗り潰しの旅です。
常陸太田駅
 
前回の続き)上菅谷から常陸太田行きの列車に乗車し14分で終点の常陸太田に到着。

このあとは折り返し上菅谷行きになる乗ってきた列車に再び乗り上菅谷に戻るだけですが、
発車まで時間があるので周辺を散策。廃線になった日立電鉄の駅舎などを見てまわります。
続きを読む »

水郡線営業所 キハE130系気動車(2009/8/15)

2009.08.24 (Mon)
ツーデーパスで行く鹿島臨海鉄道と水郡線乗り潰しの旅です。
水戸駅
 
前回の続き)鹿島神宮から水戸まで鹿島臨海鉄道を乗り潰したあとは水郡線に乗り換え
水郡線を乗り潰しつつ郡山へと向かいます。

水郡線は茨城県水戸市の水戸と福島県郡山市の安積永盛を結ぶ路線ですが、水郡線の
名のとおり、福島側はすべての列車が東北本線に乗り入れ郡山まで運行されます。

また、途中の那珂市の上菅谷から分岐して常陸太田市の常陸太田までを結ぶ短い支線も
あり、今回は水戸から出発して上菅谷で一度乗り換え、常陸太田の支線を往復、そのあと
郡山まで乗車します。
続きを読む »

鹿島臨海鉄道 鹿島神宮-水戸(2009/8/15)

2009.08.24 (Mon)
ツーデーパスで行く鹿島臨海鉄道と水郡線乗り潰しの旅です。
長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅(車窓)
 
前回の続き)鹿島神宮から水戸行きの普通列車に乗り水戸へと向かいます。

鹿島神宮から10分強で、かつて日本一長い駅名だった長者ヶ浜潮騒はまなす公園前に
到着。現在は文字数では第4位に後退しましたが、読み仮名数では南阿蘇鉄道の
南阿蘇水の生まれる里白水高原と並んで22文字で、まだ日本一です。
続きを読む »

鹿島臨海鉄道 6000形(2009/8/15)

2009.08.23 (Sun)
ツーデーパスで行く鹿島臨海鉄道と水郡線乗り潰しの旅です。
鹿島臨海鉄道6000形
 
これが鹿島臨海鉄道で使われている6000形気動車です。鹿島臨海鉄道には6000形の
ほかにシートなどが豪華なハイグレード車の7000形気動車がありますが、7000形が
臨時列車など不定期にしか使われないため、普段乗車できる車輌は6000形になります。

製造年は古く1985年から1993年。日本車輌および新潟鐵工所のライセンス生産で
製造され、エンジン等走行系は国鉄キハ37形に準じています。車体は鋼製、1両でも
運転できるよう両側に運転台があります。
続きを読む »

鹿島臨海鉄道 鹿島神宮駅(2009/8/15)

2009.08.23 (Sun)
ツーデーパスで行くローカル線の旅、2日目は鹿島臨海鉄道と水郡線を乗り継いで郡山、
さらに会津若松を目指します。
佐倉駅
 
富士急行線乗り尽くしの翌日は未乗車の鹿島臨海鉄道と水郡線を乗り潰しつつ友人の
待つ会津若松へと向かう旅です。まずは千葉発の鹿島神宮行きの普通列車に乗車して
鹿島臨海鉄道と接続する鹿島神宮へと向かいます。(車輌は幕張車両センター113系)
続きを読む »

【寫眞館】 富士急行線(2009/8/14)

2009.08.23 (Sun)
今回の富士急行線の旅で紹介しきれなかった“B級写真”です。
河口湖駅前
 
これは河口湖駅前のバス駐車場に停まっていた観光用ボンネットバスです。

この写真を撮るときに近くにいたバス運転手たちの話が耳に入ってきたのですが、口々に
「お盆なのに客が少ない」、「やっぱり高速1000円の影響かな?」、「この先高速料金が
無料になったらどうなるんだ?」と不安を洩らしていました。

高速料金の値下げは、バス運転手にとってはかなり切実な問題のようです。
続きを読む »

富士急行線の旅 往路・復路(2009/8/14)

2009.08.22 (Sat)
ツーデーパスで行く富士急行線の旅です。
東京駅
 
富士急行線の旅なので、いきなり大月から始まっていますが、当然のことながら大月まで
往復中央線に乗っているので、今回は中央線の乗車した列車です。

中央快速の始発駅、東京です。こちらは、皆さんご存知、東京駅のシンボル、丸の内の
赤レンガ駅舎。現在は駅正面の広場とあわせて大規模な再開発工事中で赤レンガ駅舎を
本来の形態に復元する工事が行われています。
続きを読む »

富士急行線 河口湖駅 #2(2009/8/14)

2009.08.22 (Sat)
ツーデーパスで行く富士急行線の旅です。
河口湖駅(※)
 
富士急行線の終着駅、河口湖の近くの名勝と言えば、もちろん河口湖です。駅の名前は
河口湖ですが、駅からは意外と遠く徒歩で10分ぐらいかかります。

※後日撮影した駅舎後ろに富士山の見える写真に差し替えました
続きを読む »

富士急行線 河口湖駅 #1(2009/8/14)

2009.08.22 (Sat)
ツーデーパスで行く富士急行線の旅です。
河口湖(かわぐちこ)駅
 
大月から17番目の駅、富士急行線の終着駅の河口湖です。

ウィキペディアによると、立派な駅舎は2006年に建て替えられたもので駅施設のほかに
レストランや土産物屋、観光案内、バス窓口などを併設しています。

私の訪れたときは富士登山の最盛期で、駅構内にはたくさんの登山客、しかも
日本人だけではなく外国人も相当数でいて、話している言葉をざっと数えただけでも・・・

・・・英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、中国語、
韓国語・・・そのほか聞いたこともない言語が多数。さながら国際会議のようでした。(笑)
続きを読む »

富士急行線 富士吉田駅(2009/8/14)

2009.08.21 (Fri)
ツーデーパスで行く富士急行線の旅です。
富士吉田駅
 
大月から15番目の駅、富士吉田です。駅の構造はスイッチバックで櫛形ホーム2面3線。
行き止まり方向に(このような)駅ビルがあり、かつてはイトーヨーカ堂が入っていましたが、
2005年末に撤退。今は専門店街の“Q-STA(キュースタ)”となっています。
続きを読む »

富士急行線 下吉田駅 #2(2009/8/14)

2009.08.21 (Fri)
ツーデーパスで行く富士急行線の旅です。
下吉田駅
 
下吉田駅で下車し、まず向かった場所は富士吉田名物、吉田うどんの有名店の一つ、
新倉屋さんです。
続きを読む »

富士急行線 下吉田駅 #1(2009/8/14)

2009.08.21 (Fri)
ツーデーパスで行く富士急行線の旅です。
下吉田駅
 
大月から13番目、富士吉田から2つ手前の駅、下吉田です。駅舎は工業デザイナーの
水戸岡鋭治氏デザインでリニューアル、2009年7月に完了したばかりでピカピカでした。
続きを読む »

富士急行線 葭池温泉前駅(2009/8/14)

2009.08.20 (Thu)
ツーデーパスで行く富士急行線の旅です。
葭池温泉前(よしいけおんせんまえ)駅
 
大月から12番目、富士吉田からは3つ手前の駅、葭池温泉前です。その名のとおり
葭之池温泉”の最寄り駅となっています。今回はキャンペーンで富士急行の車内で
乗務員が入浴料10パーセントオフの利用券を配布していたので行ってみました。
(※キャンペーンがいつまで続くかは不明)
続きを読む »

富士急行線 禾生駅・十日市場駅(2009/8/14)

2009.08.20 (Thu)
ツーデーパスで行く富士急行線の旅です。
禾生(かせい)駅
 
今回の旅行で途中下車した駅と駅周辺の観光地を紹介します。

中央本線との接続駅の大月から3つ目の駅、禾生です。木造の小さな駅舎で駅周辺には
これと言って見るべき場所はありません。駅からかなり遠いものの、一応“山梨リニア
実験センター”の最寄駅と言うことになっています。

多分業務委託で駅業務をしていたオバちゃんはツーデーパスのことをよく知らなかったのか
提示した切符を「あれっこの切符は何だ?回収しなくていいのかな?」って怪訝そうな顔を
して見てました。(笑)
続きを読む »

富士急行線 トーマスランド号 #2(2009/8/14)

2009.08.20 (Thu)
ツーデーパスで行く富士急行線の旅です。
富士急行5000形電車 トーマスランド号
 
トーマスランド号は富士急ハイランド園内のきかんしゃトーマスのテーマパーク、
トーマスランドにちなんで富士急行5000形にきかんしゃトーマスのキャラクターを
あしらった列車です。
続きを読む »

富士急行線 トーマスランド号 #1(2009/8/14)

2009.08.19 (Wed)
ツーデーパスで行く富士急行線の旅です。
富士急行5000形 トーマスランド号
 
トーマスランド号は富士急ハイランド園内のきかんしゃトーマスのテーマパーク、
トーマスランドにちなんで富士急行5000形にきかんしゃトーマスのキャラクターを
あしらった列車です。各駅停車で運行され、普通乗車券で乗ることができます。

富士急行5000形は自社発注したオリジナルの車輌で形式の5000形は昭和50年に
登場したことに由来します。翌年には鉄道友の会ローレル賞を受賞しました。

ただ、資金難などから1編成しか発注されず、しかも他の車輌と連結できないので
運用上も制限がある、今となっては何とも残念な車輌となってしまいました。(笑)

では、車体に描かれた「きかんしゃトーマス」のキャラクターをご覧下さい。
続きを読む »

富士急行線 富士登山電車 #4(2009/8/14)

2009.08.19 (Wed)
ツーデーパスで行く富士急行線の旅です。
観光列車 富士登山電車
 
富士登山電車は富士急行1200形2両(1205+1305)を改装した観光列車です。
続きを読む »

富士急行線 富士登山電車 #3(2009/8/14)

2009.08.19 (Wed)
ツーデーパスで行く富士急行線の旅です。
観光列車 富士登山電車
 
富士登山電車は富士急行1200形2両(1205+1305)を改装した観光列車です。
続きを読む »

富士急行線 富士登山電車 #2(2009/8/14)

2009.08.18 (Tue)
ツーデーパスで行く富士急行線の旅です。
観光列車「富士登山電車」
 
富士登山電車のデザインは九州新幹線つばめなどを手がけた工業デザイナーの
水戸岡鋭治氏が担当し、ベースカラーは富士山麓鉄道開業当時の車輌、「モ1」
(河口湖駅前に展示)をイメージしています。
続きを読む »

富士急行線 富士登山電車 #1(2009/8/14)

2009.08.18 (Tue)
ツーデーパスで行く富士急行線の旅です。
観光列車「富士登山電車」(下吉田駅で撮影)
 
富士登山電車は富士急行1200形2両一編成を大幅に改装した観光列車です。
続きを読む »

富士急行線 1000・1200形(2009/8/14)

2009.08.17 (Mon)
ツーデーパスで行く富士急行線の旅です。
富士急行1000形(大月駅で撮影)
 
富士急行1000形は京王5000系を譲り受けた車輌で富士急行線の主力です。

座席はロングシートで各部は富士急行用に改造されていて、特に台車は京王電鉄が
1372mmの馬車軌間で軌間が異なるため狭軌のものに履き替えられています。
続きを読む »

富士急行線 フジサン特急(2009/8/14)

2009.08.17 (Mon)
ツーデーパスで行く富士急行線の旅です。
富士急行2000形 フジサン特急(大月駅で撮影)
 
富士急行2000形フジサン特急は165系ジョイフルトレイン、パノラマエクスプレスアルプスを
譲り受けた車輌で、6両1編成をそのまま前と後、3両2編成に分割したため第1編成と
第2編成では展望車が逆にあり、このように2編成揃っても展望車が並ぶことはありません。

なお、フジサン特急に乗車するには乗車券の他に特急料金が必要です。
続きを読む »

富士急行線 大月駅(2009/8/14)

2009.08.17 (Mon)
ツーデーパスで行くローカル線の旅、1日目は富士急行線の旅です。
車内貼り出し路線図
 
富士急行線は中央本線大月駅と河口湖駅を結ぶ全長26.6kmの路線です。

路線は途中の富士吉田でスイッチバックになっていて、正式には大月-富士吉田を
大月線、富士吉田-河口湖を河口湖線と言いますが、ほぼすべての列車は富士吉田で
進行方向を転換するだけで両線を直通運転し運行上も一体的に運行されています。

また、中央本線からの直通運転もあり189系やE233系列車が乗り入れをします。
続きを読む »
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。