ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海広州の旅 その23 -豫園 #7-

2008.01.10 (Thu)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)上海の定番観光スポット、江南随一の庭園、「豫園」を紹介します。
内園入り口
 
玉玲瓏を過ぎると出口が見えますが、南側にまだ内園と呼ばれる庭園があります。

内園は、もともと1780年に鎮守神を祀る城隍廟の後園として建設され、1956年に
豫園に合併しました。豫園が明代の庭造りであるのに対し、内園は清代の典型的な
小庭園で、比較的戦火による被害も少なく、独特の雰囲気を持っています。
続きを読む »
スポンサーサイト

上海広州の旅 その22 -豫園 #6-

2008.01.09 (Wed)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)上海の定番観光スポット、江南随一の庭園、豫園を紹介します。
会景楼
 
会景楼は豫園のほぼ中央にあり、1820年創建ですが、近年修復されたものです。
続きを読む »

上海広州の旅 その21 -豫園 #5-

2008.01.08 (Tue)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)上海の定番観光スポット、江南随一の庭園、豫園を紹介します。
龍壁
 
点春堂万花楼の間にある壁の上部は龍壁と呼ばれる龍の装飾が施してあり
豫園の名物の一つになっています。当時、龍は皇帝のシンボルであり、臣下が
龍を装飾に用いることは禁止されていたのですが、ここの龍はもし咎められたら
「これ龍とは別の生き物」と申し開きするために、本来5本爪とされる龍を3本爪に
してあります。(そうは言っても、絶対権力の皇帝に咎められたら終わりの様な
気がするんですが・・・(笑))
続きを読む »

上海広州の旅 その20 -豫園 #4-

2008.01.07 (Mon)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)上海の定番観光スポット、江南随一の庭園、豫園を紹介します。
複廊
 
回廊の奥の藤棚の先を右に曲がると、右に魚楽榭と言う東屋があり、その先に
壁で隔てられた二重廊下の複廊があります。

複廊は向かって右側が男性用、左側が女性用に分かれていて、男性用の方が
天井が高くて庭の景色が素晴らしく、逆に女性用は天井が低く、景色はあまり
良くありません。ただし、両方の廊下を隔てる壁にはところどころに色々な形の
穴が空けられていて、それぞれの窓から両方が眺められるようになっています。
続きを読む »

上海広州の旅 その19 -豫園 #3-

2008.01.06 (Sun)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)上海の定番観光スポット、江南随一の庭園、豫園を紹介します。

 
仰山堂の脇には(↑このように)元代に河北省安陽県で作られたと言われる
鉄製の獅子像があります。この獅子像の先が遊廊(漸入佳境)です。
続きを読む »

上海広州の旅 その18 -豫園 #2-

2008.01.05 (Sat)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)上海の定番観光スポット、江南随一の庭園、豫園を紹介します。
仰山堂
 
三稲堂の奥には、大きな二層の楼閣の仰山堂と呼ばれる建物があります。

仰山堂は、その名の通り池の向こう側の築山大假山を望む建物です。
1866年に創建され、2階は巻雨楼の名が付いています。残念ながら観光客は
2階に上がることはできません。
続きを読む »

上海広州の旅 その17 -豫園 #1-

2008.01.04 (Fri)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)適当に豫園商城を見てまわったあとは上海の定番観光スポット、
江南随一の名園と言われる、豫園を観光します。
豫園
 
では、さっそく入場券を買って豫園に入場しましょう。(入場料30元)
続きを読む »

上海広州の旅 その16 -豫園商城-

2008.01.03 (Thu)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)上海博物館を観光し、途中昼食をとりながらぶらぶら歩くこと1時間、
目的の豫園に到着。豫園とそのまわりの豫園商城を観光します。
豫園商城
 
豫園商城は上海を初めて訪れた日本人観光客なら必ず行くであろう上海観光の
定番スポット、豫園に隣接する商業地域です。
続きを読む »

上海広州の旅 その15 -「拆」が意味するもの-

2008.01.02 (Wed)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)上海博物館観光のあとは昼食です。
昼食

ここは蒸篭から流れ出る湯気の匂いに誘われて入ってみたものの、小籠包の
味はイマイチ。大失敗の昼食となりました。(笑)

午後は上海観光の定番、豫園へと向かいます。地図で見ると豫園までは
2kmぐらいあったのですが、近くに地下鉄の路線もなし、腹ごなしと街散策を
兼ねて歩いていくこと。
続きを読む »

上海広州の旅 その14 -上海博物館-

2008.01.01 (Tue)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)地下鉄の人民広場駅から歩くこと10分、上海博物館に到着しました。
上海博物館
 
上海博物館は中国国内の貴重な青銅器、陶器、書画、玉器などの骨董が
収蔵されている博物館です。外観は、上部に円盤、下部が鼎の形状をしていて、
最上部には取っ手のような半円が東西南北の四箇所にあります。
(入場料20元 ※2008年3月より入場無料)
続きを読む »
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。