ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海広州の旅 その13 -寝台列車の切符購入-

2007.12.31 (Mon)
■2日目 2007.12.9
部屋からの眺め
 
旅行2日目はとてもいい天気。

今回宿泊しているオンボロホテルには朝食は含まれていない(朝食を付けたところで
安いホテルは価格に見合わない)ので、まずは朝食を摂りに近所の食堂へ・・・

・・・と、言いたいところですが、その前にやらねばならないことがひとつあります。
それは上海→広州間の寝台列車の切符購入!!

季節的に何日も前に売り切れることはないと思いますが、この切符が購入できないと、
旅行の日程が大きく狂ってしまうので、朝一番で購入に向かいました。
続きを読む »
スポンサーサイト

上海広州の旅 その12 -友人到着&夜食-

2007.12.30 (Sun)
■1日目 2007.12.8

前回の続き) 南京東路から外灘までの散策を終えてホテルへと戻ります。
浦東地区
 
外灘散策を終え再び地下鉄に乗り宿泊したホテルへ。ホテルにチェックインしたあとに
昼寝で多少(かなり?)時間を無駄たものの、そのあとは有名観光地をめぐり初日にしては
まぁまぁ上出来。

とりあえず満足したので、シャワーでも浴びて寝ようかなぁ~と思ったところで大事なことを
思い出しました。それは・・・
続きを読む »

上海広州の旅 その11 -外灘名建築物図鑑 #4-

2007.12.29 (Sat)
■1日目 2007.12.8

前回の続き)「外灘」の建築物を北から南に順番に紹介します。
外灘5号(華夏銀行)
 
外灘5号は、旧・日清汽船(日本の商船会社)が入っていた建物です。1925年に
竣工し、レクターが設計した西洋風日本近代様式の建築物です。現在は壁面に
華夏銀行の看板が掲げられていますが、バーやレストラン、スパが店を構える
複合ビルになっています。
続きを読む »

上海広州の旅 その10 -外灘名建築物図鑑 #3-

2007.12.28 (Fri)
■1日目 2007.12.8

前回の続き)外灘の建築物を北から南に順番に紹介します。
上海外匯交易中心
 
上海外匯交易中心は、旧帝政ロシアに本拠を置いた旧・露清銀行の建物です。

1901年に竣工し、ドイツ人ベッカルの設計で上海初の鉄筋コンクリートの建築物でした。
露清銀行は、1917年のロシア革命以降も業務を続けていましたが、1926年に倒産し
この上海支店も閉鎖されました。現在はオフィスビルで、再開発の対象となっています。
続きを読む »

上海広州の旅 その9 -外灘名建築物図鑑 #2-

2007.12.27 (Thu)
■1日目 2007.12.8

前回の続き)外灘の建築物を北から南に順番に紹介します。
和平飯店北楼
 
和平飯店北楼は、旧・サッスーン・ハウスで、不動産王のサッスーンが
1929年に建てたものです。パーマー&ターナー事務所が設計した
アールデコ建築様式で縦の直線を強調した端正な造形と三角屋根が特徴の
外灘を代表する建築物の一つです。
続きを読む »

上海広州の旅 その8 -外灘名建築物図鑑 #1-

2007.12.26 (Wed)
■1日目 2007.12.8

前回の続き)南京東路の次は租界時代に建てられた建築群が残る外灘へと向かいます。


外灘
 
外灘(バンド)は、1920年代に欧米列強各国によって建築されたアールデコ調の
建築物が黄浦江沿いに1.5kmに渡って建ち並ぶ地区です。夜になると建物が
ライトアップされ、同時に対岸の近代的なビルが並ぶ浦東地区も眺められる
絶好の夜景スポットです。

それでは、北から南へ順番に外灘の建築物を紹介していきます。
続きを読む »

上海広州の旅 その7 -ドラえもん・ツリー-

2007.12.25 (Tue)
■1日目 2007.12.8

前回の続き)前回に引き続き、南京東路の写真を紹介します。
とりあえずクリスマスなので、上海で見かけた面白いクリスマスツリーからです。

 
どうですか?「ドラえもん・ツリー」です!! 通りのショーウィンドの中に飾ってありました。
続きを読む »

上海広州の旅 その6 -快餐(ファストフード)-

2007.12.24 (Mon)
■1日目 2007.12.8

前回の続き)上海一の繁華街、南京東路散策の続きです。
前回は著名な建築物を紹介したので、今回はファストフード店の写真を紹介します。
上海ではファストフードが大人気なのようで南京東路にも多くの店がありました。

必勝客
 
中国語で「必ず勝つ客」と書いて何の店だか分かりますか?
続きを読む »

上海広州の旅 その5 -夜の南京東路-

2007.12.23 (Sun)
■1日目 2007.12.8
前回の続き)ホテルにチェックインしたところで午後3時、このあと友人がJALの夜便で
来るのですが、空港到着が10時台。ホテルには深夜12時まで来ないと思われるので
夜まで暇。とりあえず一人で上海一の繁華街、南京東路でもブラブラしようかなぁ~と
ベッドで横になって上海のガイドブックを読んでいたら、モノ凄い睡魔が・・・

まぁ、前夜のブログにも書いたんですが、色々と忙しくてほとんど完徹、しかも行きの
飛行機でスパークリングワインとビールをしこたま飲んだんで、眠くてたまりません。

「仕方がない、ちょっとだけ“仮眠” !!」

・・・と思って目を閉じると、“爆睡”。仮眠どころか陽が沈むまで寝ちゃいました。(笑)

カーテンを閉めずに寝たので、目が覚めたら部屋が真っ暗なことにびっくり。寝過ぎを
反省し、少し時間は遅いものの当初の予定通り、南京東路へ出掛けることにしました。

 
ホテルを出て空港から来たルートを戻るように地下鉄を乗り継いで南京東路に到着。
続きを読む »

上海広州の旅 その4 -上海中亜飯店-

2007.12.22 (Sat)
■1日目 2007.12.8

前回の続き)地下鉄1号線上海火車站駅で下車し予約しておいたホテルに到着しました。
今回の旅行中、上海で宿泊するホテルは上海中亜飯。上海鉄道駅の真ん前に位置し、
地下鉄の駅にも近く、宿泊費もリーズナブルな“私好み”のホテルです。(笑)

では、お部屋を紹介します。

 
この写真で見ると小奇麗な感じもしますが、設備はかなり老朽化していてカーペットなど
ホント沁みだらけ、壁紙もとっくの昔に交換してもいいくらいの汚さでした。(苦笑)

しかも、枕もとの壁は・・・
続きを読む »

上海広州の旅 その3 -上海地下鉄-

2007.12.21 (Fri)
■1日目 2007.12.8

前回の続き)上海リニアで龍陽路駅に到着、このあとは上海地下鉄に乗り換えます。
上海轨道交通二号线
 
上海リニアの龍陽路駅は地下鉄二号線との接続駅で、ここからは地下鉄に乗って移動。

上海の宿泊は上海鉄道駅前のホテルを予約してあるので、2号線で人民広場駅まで行き、
1号線に乗り換えて上海火車站駅で下車しました。

では、今回は上海地下鉄の概要を簡単に紹介します。
続きを読む »

上海広州の旅 その2 -リニアモーターカー-

2007.12.20 (Thu)
■1日目 2007.12.8

前回の続き)成田を出発して3時間で上海浦東空港に到着しました。
備忘録その1」に書いたとおり、浦東空港の両替所は手数料がバカ高いのでATMを探すと
入国審査の手前にシティバンクのATMを発見。しかもこのATM、言語選択に日本語があり
操作は簡単、クレジットカードのキャッシングで難なく人民元をゲット。

税関と入国審査を抜けたら、“磁浮列車(Maglev Train)”の案内に従いリニアモーターカーの
駅へと向かいました。

 
ちなみに、上海リニアモーターカーは正式名称を「上海磁浮列車」と言い、英語では
“Shanghai Maglev Train”。“Transrapid(トランスラピッド)”とはドイツで開発された
磁気浮上式高速鉄道の方式を指す言葉で、販売会社名にもなっています。

運転区間は上海浦東空港と龍陽路駅の間約30kmで、最高速度は430km/h、同区間を
およそ7分で結びます。
続きを読む »

上海広州の旅 その1 -日本を出発-

2007.12.19 (Wed)
■1日目 2007.12.8

今回の旅行はANA無料特典航空券を使っての上海・広州周遊です。他に時間帯は違うものの
同じ日程のJAL便で友人一人が同行、それとは別に後半の広州だけさらに知人一人が参加する、
いわば現地集合現地解散の、何とも大変な旅行になっています。(笑)
成田空港
 
全日空で中国に行くと言えば、飛行機はもちろん“コレ”ですね。ANA中国路線就航20周年を
記念してパンダのデザインに塗装された「FLY!パンダ」です。
続きを読む »

中国から無事帰国

2007.12.18 (Tue)
投稿が遅くなりましたが、昨晩10日間の中国旅行から無事帰国しました。旅行中に
粗雑なブログにTB、コメントして頂いた皆様、有難うございました。

さて、旅行記の方ですが、実は今回の中国旅行では毎日繁華街やダウンタウンを
ブラブラして露店や市場を見て歩いていただけで、時系列で紹介する程の事もないので、
後ほどスポット別に小出しにしていきます。

しかも、上海や広州は、北京みたいな世界遺産の観光スポットがないので、
“これぞ中国”みたいな観光地は紹介できません。もしかしたら数回で終わるかも・・・(笑)
いや、頑張って投稿数を稼ぎますよ!!(※)

で、今日は帰国翌日と言うことで恒例(?)のキャッシング繰り上げ返済をしてきました。
レートを記載しておくので、よかったら参考にして下さい。

今回の旅行中にキャッシングしたのは2回、Masterカードを使って、初日の12月8日に
上海空港のシティバンクのATMと、12月12日に上海市内の中国交通銀行のATMで
人民元を引き出しました。

結果から先に言うと、レートは1RMB=15.09~15.10円(1万円=662元)で、同じ日に
友人が市内の銀行窓口で交換したら1万円が約648元だったので、10日間の金利を
入れても1RMB=15.15円(1万円=659.8元)と、キャッシングの方がちょっとイイですね。

ちなみにATMですが、空港のシティバンクのものは言語が日本語も選択できて簡単に
使えたのですが、市内で使った中国の銀行のものは、一応英語のメニューもあるものの、
機械によってメニュー画面が異なり英語があやふやな私には厳しいものがありました。(笑)

しかも、交通銀行で引き出すまで、上海銀行や農業銀行のATMで試してはエラー画面で
はじかれ、途中一回は機械がフリーズしたままでカードがなかなか戻らず、焦りながら
“リターン”のボタンを連打しましたよ。

まぁ、このへんはチャイナクオリティなので、もしかしたら実はクレジットカードをATMに
飲み込まれるリスクがあったのかもしれませんが。(苦笑)


※当時ブログ民では一日一つブログをアップするとネットマイルがもらえました

蘇州寒山寺@上海

2007.12.11 (Tue)
pmermelada193924.jpg 

今日は蘇州に行ってきました。
往復和諧号に乗り、往路はCRH1型、復路はCRH2型でした。
とりあえず、高速鉄道は制覇です。

明日上海に出発

2007.12.08 (Sat)
さて、突然ですが、明日上海に向けて出発します!!

えっ?!、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、先週末に航空券の予約が確定して
今週末はもう出発です。しかも、宿泊なんか今週に入って予約しました。

そりゃ、慌ただしわけですね。(苦笑)

で、深夜12時をまわった今でも、まだ荷造りが終わってないし、多少出発前に
片付けなきゃならないこともあるんで今夜は半徹になりそうです。その上、旅行中の
ブログも、これから一気に投稿するって言うんだから(※)・・・まぁ、未開のジャングルに
行くわけじゃないんで荷物は適当に着の身着のままで行って、あとは現地で買います。

ブログの方は過去の口コミからコピーするんで、かなり粗雑になりますが、ご容赦下さい。
もし出来そうだったら、現地からも更新・投稿も試みてみます。

それでは、ちょこっと(?)、中国に行ってきま~す!!(笑)


※当時ブログ民では一日一つブログをアップするとネットマイルがもらえました

備忘録その4

2007.12.06 (Thu)
最初はガイドブックで調べた美味しそうなレストランとかをメモするための「備忘録」の
予定だったのに、結局、毎日「リニアに乗りたい」とか、「高速列車に乗りたい」とか
くだらないことばかり書いてますね。(笑)

まぁ、実際問題行ったことがない場所のガイドブックって、読んでもピンと
来ないってのもあるんですが、それ以上に実生活が忙しくて、ほとんど予習が
進んでいません。

それに加えて、ブログには書かなかったけれど、実は上海広州のホテルと
往復航空券を押え終わった頃に、もう一つ用事(頼まれ事)ありました。それは・・・

ホテルと航空券の新たな予約です!!

実は、さらにもう一人、追加で参加する事になり急遽ホテルと航空券を予約しました・・・

しかも、面倒な事に“別行程”での参加で?!

どう言うことかと言うと、追加の同行者曰く、「中国には一緒に行きたいけど、
都合で全部は無理だから、後半の広州部分だけ参加する。それと香港経由で
行きたいから香港往復と香港・広州の宿泊を押えてくれ。」とのこと。

私の中では、「えっ、来るのはイイけど、何故広州往復じゃなくて香港往復?」って
疑問があったんですが、どうしても香港に“も”行きたいそうです。

で、自分達の予約を終えた直後に、またも往復航空券と香港広州のホテル探しをしてて
昨日かな、水曜日にやっと追加分の予約も完了しました。(疲れた・・・)

でも、追加の予約は面倒だとは思ったんですが、この話を聞いた時は、「じゃぁ、
香港経由で来るなら迎えに行くって理由でCRH1に乗れるかも!!」って、グッドアイデアが
浮かんだんで、即、航空券探しとホテル探しを安請け合いしちゃいました。(笑)

で、そのあと、「香港でいつ合流しようか?」って訊いたら、「香港に来なくていいよ。
勝手に広州に行くから、広州のホテルで待ってて」だって・・・

そりゃ、ないよぉ~(苦笑)

それにしても、ひとりで香港で何するんだろう?やっぱり“夜総会”?(笑)

備忘録その3

2007.12.05 (Wed)
同行する友人には内緒ですが、今回の中国旅行で一番の目的は「D列車」に乗ること。
多分友人にとっては交通手段に過ぎないんだろうけど、私はとても楽しみにしてます。(笑)

「D列車」とは、通称「CRH(China Railway High-speed・中国高速鉄道)」のことで、
現在は中国語で調和を意味する「和諧」号と言う名で呼ばれています。ちなみに、
D列車とは「動車組列車(动车组列车)」、“dongche”の頭文字を取ったものです。

「D列車」の車輌は、カナダ・ボンバルディア社提携のCRH1型(珠海地域・広州-深圳)、
日本の新幹線E2系に“よく似た”CRH2型(上海を中心とする長江デルタ地域)、
ドイツのICE3に準じたCRH3型(2008年営業開始予定)、フランス・アルストム社提携の
CRH5型(東北地域)の4種類があります。(CRH4型は未発表)

で、今回の旅行中に乗車してみたいのが、CRH2型とCRH1型です。
(って言うか、運行してる地域を見れば当然ですね(笑))

CRH2型は、上海滞在中に、蘇州か杭州へ日帰り旅行で行けば、恐らく日程的に
無理はないのですが、問題はCRH1型です。実は、最初の予定では、帰りの便を
香港発にして、最終日に広州から深圳までCRH1型に乗るつもりでした。

ところが、特典航空券も購入した航空券も、香港発の便が取れず、予約できた航空券は
広州発となってしまいました。これでは、CRH1型に乗るには広州と深圳を往復する
必要があります。

まぁ、私ひとりだったら、D列車に乗るためだけに深圳まで往復してもイイけど、友人は
絶対に「そんなのお金と時間の無駄!!」って言うと思うんで、どうやって騙くらかすか・・

何か、香港か深圳に連れ出す適当な理由(嘘)は、ないかなぁ~(苦笑)

備忘録その2

2007.12.04 (Tue)
とりあえず往復の航空券と広州上海全泊分のホテルは押えてありますが、実はまだ
予約が取れていない宿泊と交通手段が一つあります。それは・・・

“上海-広州間の寝台列車”です。

まぁ時期的に満席になるとは思えないのですが、万が一切符売り場で“没有”って
言われたらどうしようかと、今、内心ドキドキです。(笑)

で、今回、乗車しようと思っている寝台列車は、上海17:09発 - 広州東10:19着、
乗車時間なんと17時間(!?)の、「T99次」。

実はこの列車、ちょっと面白くて時刻表を見ると、同じ時間で広州東行きのT99Aと
九龍(香港)行きのT99Bの、二種類があります。どう言うことかと言うと、(おそらく)
中国大陸内用のT99Aと、香港直通のT99Bが連結して運転されます。

香港直通車のT99Bの但書きには、「乘客亦不能在此站下車」とあり、乗客は上海駅で
中国出境審査を受け、ホームも車輌もT99Aとは区切られ、お互い行き来できず、
途中停車駅でホームに降りることも不可能で、上海で乗ったが最後、香港到着までは
軟禁状態になります。

逆に、T99Aは、途中停車駅で乗降があるので、時間があればホームにも出れそうです。

そして「列車到達廣州東站後,將會與T99A列車分開,故停站時間稍長」との
但書きからすると、広州東に到着後にT99Aと切り離され、T99Bだけが香港に向かうようです。

さぁて、“乗り鉄”だったら、どちらの方が魅力的なんでしょうか。

私的には、国際列車気分が味わえる香港直通車に興味がありますが、途中停車駅で
ちょっとホームに出て外の空気も吸えないってのは、難点ですね~。それじゃなくても
上海-広州の17時間でさえ、十分長すぎるのに。(笑)

備忘録その1

2007.12.03 (Mon)
一応、航空券とホテルの予約は取れたので、あとは金とパスポートさえ持って行けば
旅行に行けなくもないのですが、そこは何せ“小心者”なんで、毎日暇を見つけては、
ガイドブックやネットの口コミを読んで、せっせと上海と広州の下調べをしています。(笑)

で、せっかく集めた情報なんで、今日から「備忘録」としてブログにメモしておきます。

今日は「両替」についてです。

中国の両替は、ほぼ全国一律レートであまりレートを気にせずどこでも両替できますが、
実は「上海浦東空港」では手数料が取られます。(Shanghainavi参照)

詳しくは、Shanghainaviのページの下の方に書いてありますが、日本円で3万円までは
50元、3万1000円から6万2000円までは25元の手数料が必要で、6万3000円以上なら
無料のようです。(中国銀行の場合)

・・って事は、1万円札1枚を両替すると、約650元が600元に目減りするんですね。
(それじゃ、千円札1枚だけを両替すると、約15元しか出てこないんでしょうか?)

う~ん、これは酷い!!

中国の物価からして、この手数料設定は完全に外国人相手のボッタクリでしょう。これを
回避するには、ATMでキャッシングするか、成田空港の1元=18円ぐらいのふざけた
レートで交通費分だけ小額を両替するか・・・

さきほど、使い残しの人民元を探したら、15元ぐらい出てきたんで、リニアの乗車券が
クレジットカードで購入できれば、リニアと地下鉄で、市内まで行けそうですが・・・でも、
リニアの切符がクレカで買えるか、どこにも書いてないんだよなぁ~(困)

ホテルを予約

2007.12.02 (Sun)
さて、航空券を押えてしまったので、もう後戻りはできません。(←後戻りって何だよ(苦笑))

今日は休みを利用して一日中ホテル予約サイトと“睨めっこ”していました。

そりゃ、お金に余裕があれば、金に物を言わせて高級ホテルを予約するのは簡単ですが、
いかんせん予算は限られています。それに私も友人も、それほど優雅なホテルライフを
追及するタイプじゃないので、基本的に雨露さえ凌げればOKです。

それでも、ホテル選びに多少の条件もあります。一番はもちろん、立地です。渋滞を避ける
意味でも、できるだけタクシーに乗らないで済むように、郊外じゃなく地下鉄の駅の近くで、
あとは周辺に適当なメシ屋とコンビニかスーパーがあるとイイですね。

まぁ、広州は何度か行ってるので土地勘もあり、ホテル提供の地図でも大体どのあたりか
解るんですが、問題は上海です。上海にはまだ一度も行った事がないので、「○○路に
面していて観光に便利」なんて書いてあっても、良いのか、悪いのか・・・ましてや、ホテル
提供の簡略化した地図では、どこにあるのか見当もつきません。

結局、今日は上海のホテルを検索して候補を絞り予約を入れたら一日が終わっちゃいました。

ちなみに予約したホテルですが、さすがにドミトリーや招待所と言った類いの安宿では
ないものの、場所と値段で選んだんで、相当ボロそうです。(ブログネタになりそぅ~(笑))

航空券を予約

2007.12.01 (Sat)
おととい妄想で書いた『上海in-広州outのオープンジョー計画』ですが、友人が結構、
乗り気だったので、昨日ちょっと検索して旅行社に電話して空席を確認してみました。

すると、簡単に空席は見つかり、値段も思っていたよりも安いので、最後にもう一度
友人に「上海in-広州outのチケットが○万円であったけど、どう?」って訊くと・・・

「う~ん、まぁ、ちょっと割高だけどいいんじゃない。それで行こうよ。」

・・・と、あっさりOKの返事。

私的には、「やっぱ高いから、(最初の予定通り)格安航空券にしよう。」って返事を
期待してただけに、ちょっと困っちゃいました。(苦笑)

さて、そうなると私の航空券ですが、選択肢は2つ、現金○万円出して同じ航空券を
購入するか、虎の子のマイル“1万6000マイル”を吐き出して無料特典航空券を取るか。

基本的に私の中では、1マイル=1.5~2円なんで、2円以上の価値があれば、マイルを
使うこと自体は問題ないんだけど、もっと貯めたい気持ちも少しあります。

で、結論としては、「人生この先どうなるか分からないし、せっかくマイルが貯まっても
仕事や生活環境が変わってしまい無料特典航空券として使えるか判らないので使える
時に使っておこう」って言う、“いつもの” 理由付けで、使う事にしました。(笑)

ちなみに過去何度もこの理由を持ち出しては、2万マイルを越えると近隣諸国の
無料特典航空券に換えています。(しかも、仕事も生活も変化なし)

まぁ、これじゃ一生、遠距離の無料特典航空券はゲットできないですねぇ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。