ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

埃及之旅 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジプトの旅 その12 -ルクソール・モーリス・ホテル-

2010.09.16 (Thu)
■3日目 2010.9.5

H.I.S『Impresso 3つの世界遺産を巡る!エジプト周遊6日間』で行くギザ&ルクソールの旅です。
モーリス・ホテル
DSC00669.jpg 
(前回の続き)旅行3日目は一日ルクソールを観光して夜に寝台列車でカイロへと戻ります。

こちらが昨晩宿泊した「モーリス・ホテル」。何てことはないオンボロエコノミーホテルで、
我々が宿泊したときは上半分ぐらいの階層は改装工事中でした。

で、半分改装工事で稼働率が低いからか、それともエコノミーホテルで元々サービスが悪いのか
理由は分かりませんが、朝食のビュッフェが酷いこと酷いこと。食べるものの種類も量も少なく
しかもカップや皿の数も足りない。さらには、これはホテル側の問題じゃないんだけど、この日の
主な宿泊者は我々のツアーのほか、韓国の団体ツアー客が泊まっていて、このバ韓国人どもが
ジュースをペットボトルや水筒に詰めたりパンを持ち出したりとやりたい放題。朝から気分悪い
続きを読む »
スポンサーサイト

エジプトの旅 その11 -ルクソールに到着-

2010.09.16 (Thu)
■2日目 2010.9.4

H.I.S『Impresso 3つの世界遺産を巡る!エジプト周遊6日間』で行くギザ&ルクソールの旅です。
20:40 カイロ空港
DSC00637.jpg 
前回の続き)カイロ空港に到着、これから飛行機でルクソールへと向かいます。

空港到着後は各自Eチケットを持ってチェックイン。そのあと再集合してから皆でサテライトへ
移動と、このあたりはツアー特有の面倒な団体行動が続きます。
続きを読む »

エジプトの旅 その10 -ガラスの小瓶と香水-

2010.09.15 (Wed)
■2日目 2010.9.4

H.I.S『Impresso 3つの世界遺産を巡る!エジプト周遊6日間』で行くギザ&ルクソールの旅です。
ナイル川(バスの車窓)
DSC00599.jpg 
前回の続き)ハーン・ハリーリのあとは香水瓶の土産物屋です。

ナイル川と夕日です。まもなく陽が沈みます。この日のツアーバスには現地ガイド、バスの
ドライバー、そしてツーリストポリスの3人のエジプト人が乗っていて、この3人は一日観光で
グッタリ状態の日本人とは対照的にウキウキ状態。それもそのはず、この3人だけは
好き勝手に飲食する日本人を横目に朝から何も食べておらず、まもなく断食の時間が終了。
このあと陽が沈むとバス移動中にもかかわらず、3人は嬉しそうに軽食を摂っていました。
続きを読む »

エジプトの旅 その9 -ハーン・ハリーリ-

2010.09.15 (Wed)
■2日目 2010.9.4

H.I.S『Impresso 3つの世界遺産を巡る!エジプト周遊6日間』で行くギザ&ルクソールの旅です。
14:50 エジプト考古学博物館
DSC00563.jpg 
前回の続き)モハメッド・アリ・モスクのあとはエジプト考古学博物館へと向かいます。

「エジプト考古学博物館」は別名「カイロ博物館」とも言い、かの有名なツタンカーメン王の
黄金のマスクをはじめ様々なエジプトの至宝が展示されている博物館です。

館内にはエジプトの遺跡から発掘されたものがところ狭しと置かれ収蔵品の数に対して
博物館の建物が小さすぎるという印象ですね。ガイドがロゼッタストーン以外は本物と
言っていたので、あまり説明もなく雑然と並べられている石だって実は一つ一つはとても
貴重なものだと思うんですが・・・とにかく詰め込みすぎでもったいない博物館ですね。
続きを読む »

エジプトの旅 その8 -モハメッド・アリ・モスク-

2010.09.14 (Tue)
■2日目 2010.9.4

H.I.S『Impresso 3つの世界遺産を巡る!エジプト周遊6日間』で行くギザ&ルクソールの旅です。
モハメッド・アリ・モスク(ガーマ・ムハンマド・アリ)
DSC00549.jpg 
前回の続き)昼食のあとはカイロ市内のイスラーム地区へと向かいます。

カイロ市内のイスラーム地区はイスラーム建築群が世界遺産に登録されていて、その数は
600以上。イスラーム地区と呼ばれる範囲は南北4km、東西2kmと広大ですが、ツアーで
訪れたのは南のシタデル、ムカッタムの丘の上に建つ「モハメッド・アリ・モスク」だけです。
続きを読む »

エジプトの旅 その7 -ケバブの昼食-

2010.09.14 (Tue)
■2日目 2010.9.4

H.I.S『Impresso 3つの世界遺産を巡る!エジプト周遊6日間』で行くギザ&ルクソールの旅です。
レストラン「Fish Boat」
DSC00456.jpg 
前回の続き)パピルスの土産物屋に寄ったあとは昼食です。

昼食は「Fish boat」と言うナイル川に浮かぶレストラン。ただし、ボートと名が付いていても
造りは船ではないので航行することはできないし、しっかり固定されています。
続きを読む »

エジプトの旅 その6 -パピルス紙の作り方-

2010.09.13 (Mon)
■2日目 2010.9.4

H.I.S『Impresso 3つの世界遺産を巡る!エジプト周遊6日間』で行くギザ&ルクソールの旅です。
BES PAPYRUS INSTITUTE
DSC00444.jpg 
前回の続き)スフィンクスでピラミッド地域観光は終了。このあとは土産物屋と昼食です。

格安ツアーとくれば土産物屋への強制連行。このツアーではギザで2軒、ルクールで2軒の
計4軒の土産物屋が組み込まれていて、まず最初に連れてこられた土産物屋はパピルスの
店。店舗は雑居ビルの1階と地下、雰囲気的にはツアー専門で通りがかりの一般観光客は
おそらく入れないでしょうね。

店名が「BES PAPYRUS INSTITUTE(ベス・パピルス研究所)」ってのがかえって怪しい。
続きを読む »

エジプトの旅 その5 -スフィンクス-

2010.09.13 (Mon)
■2日目 2010.9.4

H.I.S『Impresso 3つの世界遺産を巡る!エジプト周遊6日間』で行くギザ&ルクソールの旅です。
メンカウラー王のピラミッド
DSC00356.jpg 
前回の続き)三大ピラミッドが見渡せるパノラマポイントの次はスフィンクスへと移動します。

メンカウラー王のピラミッドは高さ65.5mと三大ピラミッドの中ではもっとも小さく一番奥に
あるので近くで観光している人は見当たりません。(もちろんこれも車窓から撮影しました)
まっ、地球の歩き方にも玄室は現在閉鎖中とあるので、近づく必要もないようですが。
続きを読む »

エジプトの旅 その4 -パノラマポイント-

2010.09.12 (Sun)
■2日目 2010.9.4

H.I.S『Impresso 3つの世界遺産を巡る!エジプト周遊6日間』で行くギザ&ルクソールの旅です。
ピラミッドパノラマポイント
DSC00350.jpg 
前回の続き)クフ王のピラミッドの内部に入場したあとは三大ピラミッドが見渡せるパノラマ
ポイントにバスで移動します。

「パノラマポイント」と言ってもなんてことはないちょっとした高台です。(笑) そうは言っても、
クフ王、カフラー王、メンカウラー王の3つのピラミッドが並んで見えるイイ場所であることには
違いないのですが。
続きを読む »

エジプトの旅 その3 -クフ王のピラミッド-

2010.09.12 (Sun)
■2日目 2010.9.4

H.I.S『Impresso 3つの世界遺産を巡る!エジプト周遊6日間』で行くギザ&ルクソールの旅です。
ギザのピラミッド地域入り口
DSC00279.jpg 
前回の続き)旅行2日目は一日ギザ・カイロを観光、夜の飛行機でルクソールに向かいます。

ホテルを朝の7時に出発し、まず向かった場所はギザのピラミッド群です。宿泊したホテルが
ギザだったのでピラミッド地域まではわずか20分で到着。すぐに観光できるのかと思ったら、
ここでガイドが衝撃の一言。

ガイド:「クフ王のピラミッド内部入場券だけは旅行社がまとめて購入することができないので、
これから列に並んで各自購入してください」

・・・とのこと。しかも販売開始が8時からで、あと30分この炎天下で並んで待つんだそうです。
(仕方がないとは言え、朝イチから面倒くせえなぁ
続きを読む »

エジプトの旅 その2 -ホライズン・ピラミッズ・ホテル-

2010.09.11 (Sat)
■1日目 2010.9.3

H.I.S『Impresso 3つの世界遺産を巡る!エジプト周遊6日間』で行くギザ&ルクソールの旅です。
カイロ空港(エジプト時間20:30)
DSC00262.jpg 
前回の続き)成田から13時間半の長いフライトでエジプト・カイロ空港に到着。

普段ならとっとと入国審査と税関を抜けて先に進みたいところですが、そこは添乗員付きの
ツアー。飛行機を降りたあとで一旦集合、全員で移動して入国審査の前に両替の時間を
しっかり取ると言う、個人旅行と比べるとかったるいぐらいの時間進行。結局、着陸してから
入国審査を抜けてターンテーブルの前まで1時間もかかりました。

ただ、ここからはツアーのイイところで、ターンテーブルの前からバスまで全員分の荷物を
(この写真のとおり)なぜか空港スタッフが運んでくれて、結果誰も税関で鞄を開けろとは
言われず、実質フリーパスで通関。これは楽チン。(笑)
続きを読む »

エジプトの旅 その1 -日本を出発-

2010.09.11 (Sat)
■1日目 2010.9.3

今回の旅行は、H.I.S「3つの世界遺産を巡る! エジプト周遊 6日間」、日数が短いものの
直行便のエジプト航空指定、添乗員同行でギザとルクソールの観光も付いて旅行代金は
118,000円と比較的お安くなっています。
往路はMS(エジプト航空)965便(成田発13:10→カイロ着19:40)、残念ながら成田空港で
機体を撮った写真がないのですが、機種はB777-300ERです。エジプト航空のウェブサイトに
よると、B777-300ERのエコノミー席は3-3-3の配列で幅は46cm、シートピッチは約86㎝、
リクライニング角度は約118°、足元にはフットレストも付いていて、まぁ快適なほうですね。

昼食(日本時間15:00頃)
DSC00241.jpg 
成田を出発して2時間後に昼食。メニューはサラダ、牛肉のトマトデミグラスソース添え
ロールパン・バター・チーズ・ドレッシング、抹茶のムースにカスタードソース添えです。
この中で私が一番気に入ったのは抹茶のムースケーキですね。デザートはイケテました。

残念ながら、エジプト航空は宗教上の理由でアルコールの提供はありません。ただし、
持ち込みは可能なので、どうしてもアルコールが飲みたい方は免税店でワインでも買って
おくことをお勧めします。(ビールでもイイですが、冷やしておくことはできませんよ(笑))
続きを読む »
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。