ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

南東北之旅 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラビスパ裏磐梯&来夢(喜多方拉麺)

2009.10.19 (Mon)
■2009.10.11

前回の続き)磐梯山登山の往復4時間の苦行(?)を終えた後は裏磐梯へ車を走らせ
「ラビスパ裏磐梯」へ向かいました。(ちなみにさんざん“登山”と書いていますが、今回
登った「八方台登山口」は地元の小学生が“遠足”で登るコースです(笑))

ラビスパ裏磐梯
P1040204.jpg
ラビスパ裏磐梯」は裏磐梯高原の桜峠温泉にあり、屋内プールも備えた全天候型の
リゾート施設です。ここは温泉の日帰り入浴も可能で、今回は温泉だけの利用です。
(温泉入浴料500円(夏季料金700円))

温泉にタップリつかったあとは夕食です。喜多方へと向かい、昨日のリベンジも兼ねて
美味しい喜多方ラーメンの店を探すことにしました。
続きを読む »
スポンサーサイト

山大前やまとや食堂(米沢拉麺)

2009.10.16 (Fri)
■2009.10.10

前回の続き)大平温泉から米沢街地に戻ったところで時刻は夕方5時、結局いくら
南東北が東京から近いと言っても、一日で観光できた場所は秘湯と史跡2箇所のみ。
しかも、その史跡だって大河ドラマ特需で急に観光名所になったような何てことない
河っ原ですからね、時間を有効に使うのは難しいものです。(笑)

で、時間はちょっと早いですが、お腹も空いたので米沢で夕食にしました。

さぁ米沢と言えば夕食のメニューはもちろん「米沢牛」!!

・・・と言いたいところですが、お肉はそこそこ高いしあとで飲みながら食事はするので、
ここは出費を抑えて「米沢ラーメン」です。さっそく、手持ちのるるぶ山形を調べると、
すぐ近くに有名なお店があったので、そこに決定、直行しました。

P1040159.jpg
今回選んだお店は、「山大前やまとや」さん。その名の通り山形大学工学部の真ん前に
あります。入店して一番人気メニューの中華そばを頼むこと10分、出てきたラーメンは・・・
続きを読む »

秘湯大平温泉

2009.10.14 (Wed)
■2009.10.10

前回の続き)「直江石堤(谷地河原堤防)」をあとにして目的の「大平温泉」へと向かいます。

大平へは最上川に沿った一本道を辿って行くだけなんですが、この道は集落のある辺りまでは
綺麗に舗装されていて問題ないものの、(地図を見てもらいたいんですが)山に入った途端、
険しいのなんのって・・・まっ舗装されてないのは当たり前、途中すれ違えない細い道が延々と
続いて対向車に怯えながら運転。しかも、ところどころ車止めの無い断崖で脱輪したら最期って
感じの道でした。

P1040133.jpg
山道を30分弱走ってやっと到着。「さぁ温泉に入るぞ!!」といきたいところですが・・・
続きを読む »

直江石堤(谷地河原堤防)

2009.10.13 (Tue)
先週の3連休は久々に米沢と会津に行ってきました。

■2009.10.10

初日の目的地は“米沢八湯”の一つ、秘湯「大平温泉(おおだいらおんせん)」です。この大平温泉は
秘湯の名に相応しいほど山奥にあり、車で行けるとは言え、行くとなれば結局半日がかりになります。

まずは東北道を北上、福島飯坂ICで降りて国道13号を米沢方面へと向かいました。米沢市街地に入る
ずっと手前で左に曲がり、奥羽本線関根駅の近くを通りぬけ最上川を越えたら、あとは大平へと続く
一本道をひたすら南下すれば、目的地の大平温泉です。

・・・と、最上川を渡ったところで何やら幟旗がたくさん立っている場所を発見。

P1040132.jpg

幟旗には「天地人」の文字。って事は、ここも何かしら米沢藩上杉家、または直江兼続に関係する
史跡があるようなので、ちょっと立ち寄ってみました。
続きを読む »
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。