FC2ブログ

ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

ぐんまツーデーパスSP の記事一覧

上信電鉄 上州富岡駅

2013.03.02 (Sat)
上州富岡駅
 

下仁田から高崎行きの列車に乗車し約23分で上州富岡に到着。このあとは世界遺産候補の富岡製糸場へと向かいます。

上州富岡は上信電鉄の主要駅で有人駅となっています。ウィキペディアによると、駅舎は上信ハイヤー案内所と共用で築40年と古く近年中に建て替えが予定されているそうです。
続きを読む »

上信電鉄 上州富岡駅-高崎駅【乗りつぶし】

2012.07.13 (Fri)
上州富岡駅
 

世界遺産候補の富岡製糸場の見学を終え上州富岡駅に戻ってきました。このあとは上信電鉄、JRを乗り継いで帰京します。

上州富岡で列車を待っていると入線してきた高崎行きの車輌はさきほど下仁田駅で見た「人形処かんとう」広告車。(高崎方は300形クハ303) 車内は地元の高校生でいっぱい。
続きを読む »

旧・富岡製糸場 #2

2012.07.12 (Thu)
繰糸場
 

前回に続いて富岡製糸場の建築物を紹介します。

ブリュナ館の次は、繭から生糸を取る作業が行われていた繰糸場です。長さは約140.4m、幅12.3m、高さ12.1m。創業当時はフランス式の繰糸器300釜が設置され世界最大規模の工場でした。ここと(前回紹介した)東繭倉庫(の1階一部)だけが内部見学可能。
続きを読む »

旧・富岡製糸場 #1

2012.07.12 (Thu)
検査人館
 

上州富岡駅近くにある世界遺産候補の富岡製糸場を見学します。

正門を入ると、まず左手に検査人館と呼ばれる建物があります。(手前は入場券売り場)もともと生糸や機械の検査を担当したフランス人男性技術者の住居として建設されました。現在は事務所として使用。2階には皇族や政府役人が訪れたさいに使用されたとされる貴賓室が、ほぼ当時の状態で残されているそうですが、事務所なので外観のみの見学。
続きを読む »

上信電鉄 下仁田駅

2012.07.12 (Thu)
下仁田駅
 

高崎から上信電鉄の列車に乗車し約1時間で終点の下仁田に到着。

よく「たった一年見ないだけで大きく変貌した」なんて話をしますが、下仁田駅に関してはびっくりするほど変化がなく、銀河鉄道999号好評運行中の掲示物まで一年前のまんま。どうやら、ここは時間が止まってるらしい。(そんなわけないか(笑))
続きを読む »

上信電鉄 高崎駅-下仁田駅【乗車記録】

2012.07.11 (Wed)
高崎駅
 

吾妻線を乗り潰したあとは上信電鉄に乗り換え下仁田へと向かいます。

午前中に吾妻線を乗り潰して、これで群馬県内のJR・私鉄路線はすべて乗り潰しが完了。まっ細かいことを言えば八高線はデジカメを持ち歩く前に乗ったきりなのでブログに写真をアップできないし、当時は乗り潰しで乗車したわけではないので近いうちに乗り直したいと考えてはいるんですが。

で、この旅の目的である「群馬県内の路線乗り潰し」が完了したところで、午後は昨年のぐんまツーデーパスSPの旅でも乗車した上信電鉄に乗車し、終点の下仁田へ行き昼食に名物の下仁田かつ丼を食し、そのあとは富岡製糸場を訪れます。さて、時間もないので急ぎ下仁田行きに乗車。(車輌は上信電鉄6000系。外観は群馬日野自動車の広告車)
続きを読む »

川原湯温泉 #2

2012.07.11 (Wed)
川原湯温泉
 

川原湯温泉の共同浴場で入浴したあとは温泉街を歩いて駅へと戻ります。

この写真で見ると、撮影している場所と湖面橋の橋桁の高さがほとんど変わらないように思えますが、(おそらく)このあたりも八ッ場ダム完成後は水没します。そのため温泉街は最終的には全ての施設が移転することになっているものの、民主党政権が不安定なため移転の完全実施がいつになるのかは今のところ不明。
続きを読む »

川原湯温泉 #1

2012.07.11 (Wed)
川原湯温泉案内図
 

大前から高崎行きの普通列車に乗車し約25分で川原湯温泉に到着。このあとは八ッ場ダム完成時にダム湖に沈む川原湯温泉を散策します。

これが川原湯全体の案内図。これから行く川原湯温泉を中心に見所を網羅していますが、徒歩で回れるところは限られていて、まぁ川原湯温泉郷がいいところ。ちなみに、左端に描かれた日本一短いことで有名な樽沢トンネルが駅から2km、徒歩で約30分かかります。
続きを読む »

吾妻線 大前駅-川原湯温泉駅【乗車記録】

2012.07.10 (Tue)
大前駅
 

高崎から大前行きの普通列車に乗車し約1時間45分で終点の大前に到着。このあとは大前駅前を散策してから、折り返しの高崎行きの普通列車に乗車します。

前回のブログに書いた通り大前は駅舎のない無人駅で、(このように)ホームに待合室があるのみ。ちなみに乗客は数人しかいなかったのですが、検札も大前で切符回収もなし。こんなユルユルでいいんでしょうかねぇ?(笑)
続きを読む »

上越線・吾妻線 高崎駅-大前駅【乗りつぶし】

2012.07.10 (Tue)
高崎駅
 

旅行二日目は吾妻線を乗り潰してから上信電鉄で富岡製糸場を訪れます。

早朝6時にホテルをチェックアウトして朝一の吾妻線終着駅の大前行き普通列車に乗車。吾妻線は特急列車も含めると運行本数はおおよそ1時間に1本あるのですが、ほとんどの列車が終点一つ前の万座・鹿沢口まで。終点の大前まで行く列車は1日5本しかなく
そのうち1本は途中の長野原草津口発の吾妻線内の区間列車で、高崎発の大前行きは早朝、昼、夕方、夜の4本のみ。よって、この列車に乗らないわけにはいきません。(笑)
続きを読む »

信越本線 高崎駅-磯部駅【乗車記録】

2012.07.10 (Tue)
高崎駅
 

予定していた東武鉄道乗り潰しとSL撮影のあとは信越線の列車に乗車し磯部へと向かいます。

目的地は磯部駅近くの温泉郷、磯部温泉。ちなみに磯部温泉は温泉マーク発祥の地として知られ、また昔話の「舌切り雀」も安中の話で磯辺温泉の中には「すずめのお宿」を名乗るホテルも存在します。
続きを読む »

SLみなかみ織姫・SL七夕レトロみなかみ

2012.07.09 (Mon)
井野駅
 

午前中に群馬県内の東武鉄道を乗り潰したあとは両毛線の列車で井野に移動。昨年と同じように井野駅のホームからSLみなかみを撮影します。

ちなみに、この写真はSLの撮影が全て終わってから撮ったもので、(見てもわかるように)真っ黒な雨雲が広がって今にも降り出しそう。実はこのときすでに吾妻線では降雨量が規定値を超え運転中止。井野駅も後続の高崎行きの列車を待っているときに豪雨となりSL撮影は間一髪セーフといった感じでした。
続きを読む »
 | HOME |  Next »