ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

中国・上海の旅 の記事一覧

2010年2月中国・上海の旅 その24

2010.03.07 (Sun)
■4日目 2010.2.8


続きを読む »

2010年2月中国・上海の旅 その23

2010.03.06 (Sat)
■4日目 2010.2.8


続きを読む »

2010年2月中国・上海の旅 その22

2010.03.05 (Fri)
■3日目 2010.2.7


続きを読む »

2010年2月中国・上海の旅 その21

2010.03.04 (Thu)
■3日目 2010.2.7

上海科技館

蜘蛛展(Spiders)
続きを読む »

2010年2月中国・上海の旅 その20

2010.03.03 (Wed)
■3日目 2010.2.7

上海科技館

機器人世界(World Of Robots)
続きを読む »

2010年2月中国・上海の旅 その19

2010.03.02 (Tue)
■3日目 2010.2.7

上海科技館

続きを読む »

2010年2月中国・上海の旅 その18

2010.02.28 (Sun)
■3日目 2010.2.7

宴点秀

続きを読む »

2010年2月中国・上海の旅 その17

2010.02.27 (Sat)
■3日目 2010.2.7


続きを読む »

2010年2月中国・上海の旅 その16

2010.02.26 (Fri)
■3日目 2010.2.7

続きを読む »

2010年2月中国・上海の旅 その15

2010.02.25 (Thu)
■2日目 2010.2.6

上海姥姥


続きを読む »

2010年2月中国・上海の旅 その14

2010.02.24 (Wed)
■2日目 2010.2.6


続きを読む »

2010年2月中国・上海の旅 その13

2010.02.23 (Tue)
■2日目 2010.2.6


続きを読む »

2010年2月中国・上海の旅 その12

2010.02.22 (Mon)
■2日目 2010.2.6


続きを読む »

2010年2月中国・上海の旅 その11

2010.02.21 (Sun)
■2日目 2010.2.6

上海鉄路博物館

続きを読む »

2010年2月中国・上海の旅 その10

2010.02.20 (Sat)
■2日目 2010.2.6

上海鉄路博物館

続きを読む »

2010年2月中国・上海の旅 その9

2010.02.19 (Fri)
■2日目 2010.2.6

呉越人家

続きを読む »

2010年2月中国・上海の旅 その8

2010.02.18 (Thu)
■2日目 2010.2.6

上海自然博物館

続きを読む »

2010年2月中国・上海の旅 その7

2010.02.17 (Wed)
■2日目 2010.2.6

上海自然博物館

続きを読む »

2010年2月中国・上海の旅 その6

2010.02.16 (Tue)
■2日目 2010.2.6

上海自然博物館

続きを読む »

2010年2月中国・上海の旅 その5

2010.02.15 (Mon)
■2日目 2010.2.6

上海自然博物館

キランタイサウルス(Chilantaisaurus 「吉蘭泰のトカゲ」の意味)
続きを読む »

2010年2月中国・上海の旅 その4

2010.02.14 (Sun)
■2日目 2010.2.6

南京西路

続きを読む »

2010年2月中国・上海の旅 その3

2010.02.13 (Sat)
■1日目 2010.2.5

ホテルにチェックインしたら3日後の帰国便まで完全フリータイム。ホテルの部屋があまりにも快適だったので部屋から一歩も出たくないところですが、寝てても観光地は向こうからやってきてくれないので仕方なく外出・・・(あぁ“サロゲート”があったらなぁ(笑))

横着することを考えてた罰か、ホテルを出てから地下鉄上海体育館駅の方向が分からず、適当に歩き始めたらスタジアムの周りをグルグル。結果、駅入口を見つけるまでモノ凄く時間がかかり、さらに駅に着いてからも100元札がなかなか崩せず地下鉄に乗るまで1時間以上もかかる始末。

宋慶齢故居
 
まず向かったのはフランス租界時代の面影を残す「衡山路」。・・・が、散策し始めた頃でもう薄暗く観光って気分でもなし。目をつけてた「宋慶齢故居」も前まで行ったんですが、閉館時間で入場でず。(おかしいなぁ、最初の計画では上海虹橋空港に午後1時に着くから3時ぐらいから余裕で観光できると思ってたんだけどねぇ、時間の経つのは早いものです(笑))
続きを読む »

2010年2月中国・上海の旅 その2

2010.02.12 (Fri)
■1日目 2010.2.5

上海虹橋空港
 
羽田空港を出発しておよそ2時間半で上海虹橋空港に到着。写真が上海虹橋空港のターミナルビル。第1ターミナルしかなかった開港当時の成田空港を思い出させるこぢんまりとした造り。(実は3月に巨大第2ターミナルが供用開始らしい)

ツアーは我々のようなリーガル上海イーストアジアホテル指定と、もう一つ中山公園近くのホテル指定のツアー参加者を混在でマイクロバスに乗せホテルに向けて出発。
続きを読む »

2010年2月中国・上海の旅 その1

2010.02.11 (Thu)
■1日目 2010.2.5

今回の旅行は、H.I.S「日本航空で行く!フリープラン上海4日間(リーガル上海イーストアジアホテル指定)」で行く上海旅行で、旅行代金は格安の3万4800円。 ツアー内容は日本航空“羽田発”の上海虹橋便指定、ホテルもリーガル上海指定と、格安ながらエアもホテルも指定。



羽田空港
 
上海までの往路はJL8877便(羽田10:25→上海虹橋12:50)、機種はB777-200。今回は人生初の羽田空港を利用した海外旅行。一緒に行く友人は「やっぱ羽田はちけーよ。羽田国際化万々歳だな(笑)」と喜んでいたが、京成本線沿線に住み成田空港まで約30分で行ける私としては、朝の通勤電車に旅行鞄を持って2時間乗るだけで疲れました・・・

でも、このことを友人に話したら、「オレはいつもそうやって成田空港まで行ってんの。たまにはオレの苦労も知れ!!」だって。(まぁね、彼の言うことの方が正論ですが(笑))
続きを読む »

上海広州の旅 その23 -豫園 #7-

2008.01.10 (Thu)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)上海の定番観光スポット、江南随一の庭園、「豫園」を紹介します。
内園入り口
 
玉玲瓏を過ぎると出口が見えますが、南側にまだ内園と呼ばれる庭園があります。

内園は、もともと1780年に鎮守神を祀る城隍廟の後園として建設され、1956年に
豫園に合併しました。豫園が明代の庭造りであるのに対し、内園は清代の典型的な
小庭園で、比較的戦火による被害も少なく、独特の雰囲気を持っています。
続きを読む »

上海広州の旅 その22 -豫園 #6-

2008.01.09 (Wed)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)上海の定番観光スポット、江南随一の庭園、豫園を紹介します。
会景楼
 
会景楼は豫園のほぼ中央にあり、1820年創建ですが、近年修復されたものです。
続きを読む »

上海広州の旅 その21 -豫園 #5-

2008.01.08 (Tue)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)上海の定番観光スポット、江南随一の庭園、豫園を紹介します。
龍壁
 
点春堂万花楼の間にある壁の上部は龍壁と呼ばれる龍の装飾が施してあり
豫園の名物の一つになっています。当時、龍は皇帝のシンボルであり、臣下が
龍を装飾に用いることは禁止されていたのですが、ここの龍はもし咎められたら
「これ龍とは別の生き物」と申し開きするために、本来5本爪とされる龍を3本爪に
してあります。(そうは言っても、絶対権力の皇帝に咎められたら終わりの様な
気がするんですが・・・(笑))
続きを読む »

上海広州の旅 その20 -豫園 #4-

2008.01.07 (Mon)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)上海の定番観光スポット、江南随一の庭園、豫園を紹介します。
複廊
 
回廊の奥の藤棚の先を右に曲がると、右に魚楽榭と言う東屋があり、その先に
壁で隔てられた二重廊下の複廊があります。

複廊は向かって右側が男性用、左側が女性用に分かれていて、男性用の方が
天井が高くて庭の景色が素晴らしく、逆に女性用は天井が低く、景色はあまり
良くありません。ただし、両方の廊下を隔てる壁にはところどころに色々な形の
穴が空けられていて、それぞれの窓から両方が眺められるようになっています。
続きを読む »

上海広州の旅 その19 -豫園 #3-

2008.01.06 (Sun)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)上海の定番観光スポット、江南随一の庭園、豫園を紹介します。

 
仰山堂の脇には(↑このように)元代に河北省安陽県で作られたと言われる
鉄製の獅子像があります。この獅子像の先が遊廊(漸入佳境)です。
続きを読む »

上海広州の旅 その18 -豫園 #2-

2008.01.05 (Sat)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)上海の定番観光スポット、江南随一の庭園、豫園を紹介します。
仰山堂
 
三稲堂の奥には、大きな二層の楼閣の仰山堂と呼ばれる建物があります。

仰山堂は、その名の通り池の向こう側の築山大假山を望む建物です。
1866年に創建され、2階は巻雨楼の名が付いています。残念ながら観光客は
2階に上がることはできません。
続きを読む »
 | HOME |  Next »