ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

中國・上海之旅 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海の旅 その3 -圓苑(興国路店)-

2010.02.18 (Thu)
■1日目 2010.2.5

前回の続き)ホテルにチェックインして、ここからは3日後の帰国まで完全フリータイムです。
さて、ホテルの部屋があまりにも快適だったので部屋から一歩も出たくなかったのですが、寝てても
観光は向こうからやってきてくれないので仕方なく外出・・・(あぁ“サロゲート”があったらなぁ(苦笑))

横着することを考えてた罰か、ホテルを出てから地下鉄「上海体育館」駅の方向が分からず、適当に
歩き始めたらスタジアムの周りをグルグル、駅の入り口を見つけるまでモノ凄く時間がかかり、さらに
駅に着いてからも100元札がなかなか崩せず、地下鉄に乗るまで1時間以上もかかっちゃいました。

宋慶齢故居
P1050185.jpg 
まず向かったのはフランス租界時代の面影を残す「衡山路」です。・・・が、散策し始めた頃でもう
薄暗く、あまり観光って気分になれません。目をつけてた「宋慶齢故居」も前まで行ったんですが、
閉館時間で入場できませんでした。(おかしいなぁ、最初の計画では虹橋空港に午後1時に着くから
3時ぐらいから余裕で観光できると思ってたんだけどねぇ、時間の経つのは早いものです(笑))
続きを読む »
スポンサーサイト

上海の旅 その2 -上海富豪東亜酒店-

2010.02.17 (Wed)
■1日目 2010.2.5

前回の続き)羽田を出発しておよそ2時間半、上海虹橋空港に到着しました。
上海虹橋空港
P1050177.jpg 
↑こちらが「上海虹橋空港」です。ターミナルビルは開港当時の第1ターミナルしかなかった成田を
思い出させるこぢんまりとした造りです。(実は3月に巨大第2ターミナルが供用開始らしい)

ツアーは我々のようなリーガル上海指定と、もう一つ中山公園近くのホテル指定の参加者だけを
一台のマイクロバスに乗せホテルへと向かいました。
続きを読む »

上海の旅 その1 -羽田空港を出発-

2010.02.16 (Tue)
■1日目 2010.2.5

今回の旅行は、H.I.S「日本航空で行く!フリープラン上海4日間(リーガル上海イーストアジアホテル
指定)」、旅行代金は格安の3万4800円です。

今回のツアーは日本航空“羽田発”の上海虹橋便指定、ホテルもリーガル上海指定と、格安ながら
エアもホテルも指定で、予定が立てやすいのが特徴です。
羽田空港
P1050173.jpg 
JL(日本航空)8877便(羽田10:25→上海虹橋12:50)、機種はB777-200。今回の旅行は人生初の
羽田空港を利用した海外旅行になりました。一緒に行く友人は「やっぱ羽田はちけーよ。国際化
万々歳だな(笑)」と喜んでいましたが、京成沿線に住み成田空港まで約30分で行ける私としては、
朝の通勤電車に旅行鞄を持って2時間乗るだけで疲れました・・・

でも、このことを友人に話したら、「オレはいつもそうやって成田空港まで行ってんの。たまにはオレの
苦労も知れ!!」だって。(まぁね、彼の言うことの方が正論ですが(苦笑))
続きを読む »

上海広州の旅 その23 -豫園 #7-

2008.01.10 (Thu)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)上海の定番観光スポット、江南随一の庭園、「豫園」を紹介します。
内園入り口
 
玉玲瓏を過ぎると出口が見えますが、南側にまだ内園と呼ばれる庭園があります。

内園は、もともと1780年に鎮守神を祀る城隍廟の後園として建設され、1956年に
豫園に合併しました。豫園が明代の庭造りであるのに対し、内園は清代の典型的な
小庭園で、比較的戦火による被害も少なく、独特の雰囲気を持っています。
続きを読む »

上海広州の旅 その22 -豫園 #6-

2008.01.09 (Wed)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)上海の定番観光スポット、江南随一の庭園、豫園を紹介します。
会景楼
 
会景楼は豫園のほぼ中央にあり、1820年創建ですが、近年修復されたものです。
続きを読む »

上海広州の旅 その21 -豫園 #5-

2008.01.08 (Tue)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)上海の定番観光スポット、江南随一の庭園、豫園を紹介します。
龍壁
 
点春堂万花楼の間にある壁の上部は龍壁と呼ばれる龍の装飾が施してあり
豫園の名物の一つになっています。当時、龍は皇帝のシンボルであり、臣下が
龍を装飾に用いることは禁止されていたのですが、ここの龍はもし咎められたら
「これ龍とは別の生き物」と申し開きするために、本来5本爪とされる龍を3本爪に
してあります。(そうは言っても、絶対権力の皇帝に咎められたら終わりの様な
気がするんですが・・・(笑))
続きを読む »

上海広州の旅 その20 -豫園 #4-

2008.01.07 (Mon)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)上海の定番観光スポット、江南随一の庭園、豫園を紹介します。
複廊
 
回廊の奥の藤棚の先を右に曲がると、右に魚楽榭と言う東屋があり、その先に
壁で隔てられた二重廊下の複廊があります。

複廊は向かって右側が男性用、左側が女性用に分かれていて、男性用の方が
天井が高くて庭の景色が素晴らしく、逆に女性用は天井が低く、景色はあまり
良くありません。ただし、両方の廊下を隔てる壁にはところどころに色々な形の
穴が空けられていて、それぞれの窓から両方が眺められるようになっています。
続きを読む »

上海広州の旅 その19 -豫園 #3-

2008.01.06 (Sun)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)上海の定番観光スポット、江南随一の庭園、豫園を紹介します。

 
仰山堂の脇には(↑このように)元代に河北省安陽県で作られたと言われる
鉄製の獅子像があります。この獅子像の先が遊廊(漸入佳境)です。
続きを読む »

上海広州の旅 その18 -豫園 #2-

2008.01.05 (Sat)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)上海の定番観光スポット、江南随一の庭園、豫園を紹介します。
仰山堂
 
三稲堂の奥には、大きな二層の楼閣の仰山堂と呼ばれる建物があります。

仰山堂は、その名の通り池の向こう側の築山大假山を望む建物です。
1866年に創建され、2階は巻雨楼の名が付いています。残念ながら観光客は
2階に上がることはできません。
続きを読む »

上海広州の旅 その17 -豫園 #1-

2008.01.04 (Fri)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)適当に豫園商城を見てまわったあとは上海の定番観光スポット、
江南随一の名園と言われる、豫園を観光します。
豫園
 
では、さっそく入場券を買って豫園に入場しましょう。(入場料30元)
続きを読む »

上海広州の旅 その16 -豫園商城-

2008.01.03 (Thu)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)上海博物館を観光し、途中昼食をとりながらぶらぶら歩くこと1時間、
目的の豫園に到着。豫園とそのまわりの豫園商城を観光します。
豫園商城
 
豫園商城は上海を初めて訪れた日本人観光客なら必ず行くであろう上海観光の
定番スポット、豫園に隣接する商業地域です。
続きを読む »

上海広州の旅 その15 -「拆」が意味するもの-

2008.01.02 (Wed)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)上海博物館観光のあとは昼食です。
昼食

ここは蒸篭から流れ出る湯気の匂いに誘われて入ってみたものの、小籠包の
味はイマイチ。大失敗の昼食となりました。(笑)

午後は上海観光の定番、豫園へと向かいます。地図で見ると豫園までは
2kmぐらいあったのですが、近くに地下鉄の路線もなし、腹ごなしと街散策を
兼ねて歩いていくこと。
続きを読む »

上海広州の旅 その14 -上海博物館-

2008.01.01 (Tue)
■2日目 2007.12.9

前回の続き)地下鉄の人民広場駅から歩くこと10分、上海博物館に到着しました。
上海博物館
 
上海博物館は中国国内の貴重な青銅器、陶器、書画、玉器などの骨董が
収蔵されている博物館です。外観は、上部に円盤、下部が鼎の形状をしていて、
最上部には取っ手のような半円が東西南北の四箇所にあります。
(入場料20元 ※2008年3月より入場無料)
続きを読む »

上海広州の旅 その13 -寝台列車の切符購入-

2007.12.31 (Mon)
■2日目 2007.12.9
部屋からの眺め
 
旅行2日目はとてもいい天気。

今回宿泊しているオンボロホテルには朝食は含まれていない(朝食を付けたところで
安いホテルは価格に見合わない)ので、まずは朝食を摂りに近所の食堂へ・・・

・・・と、言いたいところですが、その前にやらねばならないことがひとつあります。
それは上海→広州間の寝台列車の切符購入!!

季節的に何日も前に売り切れることはないと思いますが、この切符が購入できないと、
旅行の日程が大きく狂ってしまうので、朝一番で購入に向かいました。
続きを読む »

上海広州の旅 その12 -友人到着&夜食-

2007.12.30 (Sun)
■1日目 2007.12.8

前回の続き) 南京東路から外灘までの散策を終えてホテルへと戻ります。
浦東地区
 
外灘散策を終え再び地下鉄に乗り宿泊したホテルへ。ホテルにチェックインしたあとに
昼寝で多少(かなり?)時間を無駄たものの、そのあとは有名観光地をめぐり初日にしては
まぁまぁ上出来。

とりあえず満足したので、シャワーでも浴びて寝ようかなぁ~と思ったところで大事なことを
思い出しました。それは・・・
続きを読む »

上海広州の旅 その11 -外灘名建築物図鑑 #4-

2007.12.29 (Sat)
■1日目 2007.12.8

前回の続き)「外灘」の建築物を北から南に順番に紹介します。
外灘5号(華夏銀行)
 
外灘5号は、旧・日清汽船(日本の商船会社)が入っていた建物です。1925年に
竣工し、レクターが設計した西洋風日本近代様式の建築物です。現在は壁面に
華夏銀行の看板が掲げられていますが、バーやレストラン、スパが店を構える
複合ビルになっています。
続きを読む »

上海広州の旅 その10 -外灘名建築物図鑑 #3-

2007.12.28 (Fri)
■1日目 2007.12.8

前回の続き)外灘の建築物を北から南に順番に紹介します。
上海外匯交易中心
 
上海外匯交易中心は、旧帝政ロシアに本拠を置いた旧・露清銀行の建物です。

1901年に竣工し、ドイツ人ベッカルの設計で上海初の鉄筋コンクリートの建築物でした。
露清銀行は、1917年のロシア革命以降も業務を続けていましたが、1926年に倒産し
この上海支店も閉鎖されました。現在はオフィスビルで、再開発の対象となっています。
続きを読む »

上海広州の旅 その9 -外灘名建築物図鑑 #2-

2007.12.27 (Thu)
■1日目 2007.12.8

前回の続き)外灘の建築物を北から南に順番に紹介します。
和平飯店北楼
 
和平飯店北楼は、旧・サッスーン・ハウスで、不動産王のサッスーンが
1929年に建てたものです。パーマー&ターナー事務所が設計した
アールデコ建築様式で縦の直線を強調した端正な造形と三角屋根が特徴の
外灘を代表する建築物の一つです。
続きを読む »

上海広州の旅 その8 -外灘名建築物図鑑 #1-

2007.12.26 (Wed)
■1日目 2007.12.8

前回の続き)南京東路の次は租界時代に建てられた建築群が残る外灘へと向かいます。


外灘
 
外灘(バンド)は、1920年代に欧米列強各国によって建築されたアールデコ調の
建築物が黄浦江沿いに1.5kmに渡って建ち並ぶ地区です。夜になると建物が
ライトアップされ、同時に対岸の近代的なビルが並ぶ浦東地区も眺められる
絶好の夜景スポットです。

それでは、北から南へ順番に外灘の建築物を紹介していきます。
続きを読む »

上海広州の旅 その7 -ドラえもん・ツリー-

2007.12.25 (Tue)
■1日目 2007.12.8

前回の続き)前回に引き続き、南京東路の写真を紹介します。
とりあえずクリスマスなので、上海で見かけた面白いクリスマスツリーからです。

 
どうですか?「ドラえもん・ツリー」です!! 通りのショーウィンドの中に飾ってありました。
続きを読む »

上海広州の旅 その6 -快餐(ファストフード)-

2007.12.24 (Mon)
■1日目 2007.12.8

前回の続き)上海一の繁華街、南京東路散策の続きです。
前回は著名な建築物を紹介したので、今回はファストフード店の写真を紹介します。
上海ではファストフードが大人気なのようで南京東路にも多くの店がありました。

必勝客
 
中国語で「必ず勝つ客」と書いて何の店だか分かりますか?
続きを読む »

上海広州の旅 その5 -夜の南京東路-

2007.12.23 (Sun)
■1日目 2007.12.8
前回の続き)ホテルにチェックインしたところで午後3時、このあと友人がJALの夜便で
来るのですが、空港到着が10時台。ホテルには深夜12時まで来ないと思われるので
夜まで暇。とりあえず一人で上海一の繁華街、南京東路でもブラブラしようかなぁ~と
ベッドで横になって上海のガイドブックを読んでいたら、モノ凄い睡魔が・・・

まぁ、前夜のブログにも書いたんですが、色々と忙しくてほとんど完徹、しかも行きの
飛行機でスパークリングワインとビールをしこたま飲んだんで、眠くてたまりません。

「仕方がない、ちょっとだけ“仮眠” !!」

・・・と思って目を閉じると、“爆睡”。仮眠どころか陽が沈むまで寝ちゃいました。(笑)

カーテンを閉めずに寝たので、目が覚めたら部屋が真っ暗なことにびっくり。寝過ぎを
反省し、少し時間は遅いものの当初の予定通り、南京東路へ出掛けることにしました。

 
ホテルを出て空港から来たルートを戻るように地下鉄を乗り継いで南京東路に到着。
続きを読む »

上海広州の旅 その4 -上海中亜飯店-

2007.12.22 (Sat)
■1日目 2007.12.8

前回の続き)地下鉄1号線上海火車站駅で下車し予約しておいたホテルに到着しました。
今回の旅行中、上海で宿泊するホテルは上海中亜飯。上海鉄道駅の真ん前に位置し、
地下鉄の駅にも近く、宿泊費もリーズナブルな“私好み”のホテルです。(笑)

では、お部屋を紹介します。

 
この写真で見ると小奇麗な感じもしますが、設備はかなり老朽化していてカーペットなど
ホント沁みだらけ、壁紙もとっくの昔に交換してもいいくらいの汚さでした。(苦笑)

しかも、枕もとの壁は・・・
続きを読む »

上海広州の旅 その3 -上海地下鉄-

2007.12.21 (Fri)
■1日目 2007.12.8

前回の続き)上海リニアで龍陽路駅に到着、このあとは上海地下鉄に乗り換えます。
上海轨道交通二号线
 
上海リニアの龍陽路駅は地下鉄二号線との接続駅で、ここからは地下鉄に乗って移動。

上海の宿泊は上海鉄道駅前のホテルを予約してあるので、2号線で人民広場駅まで行き、
1号線に乗り換えて上海火車站駅で下車しました。

では、今回は上海地下鉄の概要を簡単に紹介します。
続きを読む »

上海広州の旅 その2 -リニアモーターカー-

2007.12.20 (Thu)
■1日目 2007.12.8

前回の続き)成田を出発して3時間で上海浦東空港に到着しました。
備忘録その1」に書いたとおり、浦東空港の両替所は手数料がバカ高いのでATMを探すと
入国審査の手前にシティバンクのATMを発見。しかもこのATM、言語選択に日本語があり
操作は簡単、クレジットカードのキャッシングで難なく人民元をゲット。

税関と入国審査を抜けたら、“磁浮列車(Maglev Train)”の案内に従いリニアモーターカーの
駅へと向かいました。

 
ちなみに、上海リニアモーターカーは正式名称を「上海磁浮列車」と言い、英語では
“Shanghai Maglev Train”。“Transrapid(トランスラピッド)”とはドイツで開発された
磁気浮上式高速鉄道の方式を指す言葉で、販売会社名にもなっています。

運転区間は上海浦東空港と龍陽路駅の間約30kmで、最高速度は430km/h、同区間を
およそ7分で結びます。
続きを読む »

上海広州の旅 その1 -日本を出発-

2007.12.19 (Wed)
■1日目 2007.12.8

今回の旅行はANA無料特典航空券を使っての上海・広州周遊です。他に時間帯は違うものの
同じ日程のJAL便で友人一人が同行、それとは別に後半の広州だけさらに知人一人が参加する、
いわば現地集合現地解散の、何とも大変な旅行になっています。(笑)
成田空港
 
全日空で中国に行くと言えば、飛行機はもちろん“コレ”ですね。ANA中国路線就航20周年を
記念してパンダのデザインに塗装された「FLY!パンダ」です。
続きを読む »
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。