ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

2013年冬の青春18きっぷの旅 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯田線 豊川-豊橋(2013/12/29)

2014.01.12 (Sun)
2013年冬の青春18きっぷで行く東海道を横断しつつ未乗車路線を乗りつぶす旅です。



豊川稲荷
 
前回の続き)豊橋から飯田線の列車に乗車し豊川で下車。駅から徒歩5分で豊川稲荷に到着。

豊川稲荷は(ウィキペディアを引用すると)神社ではなく曹洞宗の寺院で正式には「妙厳寺(みょうごんじ)」。詳しくは「円福山 豊川閣 妙厳寺(えんぷくざん とよかわかく みょうごんじ)」と称する…らしい。豊川稲荷とは妙厳寺の境内に鎮守として祀られた「豊川枳尼真天」の通称ですが、稲荷の方が有名なため「豊川稲荷」の名で世間に広く知られ参道には寺院でありながら(このように)大きな鳥居も立っています。(でも、こういうのが神社仏閣の区別が曖昧な一般人が寺院と認識しないことを助長してるような(笑))
続きを読む »
スポンサーサイト

東海道本線・飯田線 浜松-豊橋-豊川(2013/12/29)

2014.01.11 (Sat)
2013年冬の青春18きっぷで行く東海道を横断しつつ未乗車路線を乗りつぶす旅です。



浜松駅(北口)
 
前回の続き)西鹿島から遠州鉄道の列車を乗り継いでJR浜松駅と接する新浜松に到着。

これはJR浜松駅北口にそびえ立つ地上8階の駅ビル、「MAY ONE(メイワン)」。ウィキペディアによると、JR東海のグループ企業が運営していて、メイワンは5月1日に開業したことから命名。ただし、「1日(ついたち)」は英語では「1st(first)」なので、どちらかと言えば和製英語をアルファベットで表記する“かっこ悪い”看板を掲げた状態。(まだ完全な造語のほうがマシだと思うんだけど)
続きを読む »

遠州鉄道 西鹿島-新浜松(2013/12/29)

2014.01.10 (Fri)
2013年冬の青春18きっぷで行く東海道を横断しつつ未乗車路線を乗りつぶす旅です。



西鹿島駅
 
前回の続き)天竜浜名湖線の列車を乗り継いで遠州鉄道との接続駅の西鹿島に到着。

遠州鉄道鉄道線はJR浜松駅と接する新浜松駅から天竜浜名湖線と接続する西鹿島駅まで浜松市街地をほぼ南北に結ぶ路線で路線距離は17.8km、駅数は18。地方鉄道の御多分にもれずモータリゼーションの影響で経営は苦しいものの、毎時5本(12分間隔)の高密度運転(早朝深夜を除く)を行うなど市民の足として活躍(って言うか、このクラスの路線にしてはフリークエントサービスはかなり優秀)。では、新浜松行きの普通列車に乗車。(車両は遠鉄1000形)
続きを読む »

天竜浜名湖鉄道 天竜二俣-西鹿島(2013/12/29)

2014.01.09 (Thu)
2013年冬の青春18きっぷで行く東海道を横断しつつ未乗車路線を乗りつぶす旅です。



天竜二俣駅
 
前回の続き)転車台見学ツアーのあとは天竜二俣駅に戻り新所原行きの普通列車に乗車。

天竜二俣駅に戻ると休憩する時間もなく次の新所原行きに飛び乗り(車両はTH2100型)。実は転車台見学ツアーは天竜二俣駅で約1時間後の1本あとの列車に乗り継ぐだけで参加可能と時間は有効的に使えますが、スケジュールがタイトで予定していた駅前北側に静態保存されているC58形389号機や西側の広場に置かれたキハ20形気動車とナハネ20形寝台客車は撮影できず(広場の車両はホームから撮影した画像にかろうじて写っていますが)。まっ静態保存なのでまた今度来たときに撮影すればいいですね(←実はこれが一番危ない(笑))。
続きを読む »

天竜浜名湖鉄道 天竜二俣駅(2013/12/29)

2014.01.08 (Wed)
2013年冬の青春18きっぷで行く東海道を横断しつつ未乗車路線を乗りつぶす旅です。



扇形車庫
 
前回の続き)掛川から天竜浜名湖鉄道の普通列車に乗車し約45分で天竜二俣に到着。

天竜二俣駅では構内に残る転車台や扇形車庫を見てまわる『転車台・鉄道歴史館見学ツアー』に参加します。見学ツアーは毎日1~2回開催で予約は不要。天竜二俣駅で見学記念硬券(鉄道利用者200円/それ以外300円)を購入すれば誰でも参加可能。ツアーは1回45分ほど、スタッフによる案内で通常は立入禁止の転車台が見学できます。ちなみに、この日の参加者は家族連れが多く子供も入れると30人ぐらい。(年末休みで多分参加者が多い方では?)
続きを読む »

天竜浜名湖鉄道 掛川-天竜二俣(2013/12/29)

2014.01.07 (Tue)
2013年冬の青春18きっぷで行く東海道を横断しつつ未乗車路線を乗りつぶす旅です。



天竜浜名湖鉄道 掛川駅
 
前回の続き)東海道本線の普通列車を乗り継いで天竜浜名湖鉄道との接続駅の掛川に到着。

天竜浜名湖鉄道は国鉄二俣線を引き継いだ第三セクター鉄道で、浜名湖北岸を経由して掛川と新所原を結ぶ天竜浜名湖線(通称:天浜線)を運営。もともと二俣線は戦前に東海道本線のバイパスとして建設。ウィキペディアによると、実際に戦中は迂回路としての役割を果たしたものの、その後は段々とローカル線化。国鉄分割民営化を待たずして1987年に三セク鉄道に転換されました。
続きを読む »

東海道本線 熱海-掛川(2013/12/29)

2014.01.04 (Sat)
2013年冬の青春18きっぷの旅、第1回は年末年始休みを利用し東海道を東から西へと移動しながら未乗車路線を乗りつぶす旅です。今回は早い段階で(航空券の比較的安いうちに)最終日の関空-成田(ジェットスター)の航空券だけ購入してあり、最後は一気に大阪/関西空港から成田空港へ飛行機で戻ってきます。



熱海駅
 
話のスタートはJR東海エリアの始まる熱海駅。もちろん熱海まで総武快速線と東海道線を乗り継いで来ていますが、例によって普通グリーン車が連結される首都圏の話は端折ります。初日は東海道線を乗り継いで掛川に向かい、掛川から未乗車の天竜浜名湖鉄道(東半分)と遠州鉄道を乗りつぶし。最後は再び東海道線に少し乗車し今夜の宿泊地の豊橋へと向かう計画。

熱海駅はJR東日本とJR東海の境界駅ですが、普通列車の乗り継ぎは比較的悪くないものの時間帯によってE231系10両・15両編成の乗客(青春18きっぱー)が3両・6両編成の車両に雪崩れ込むため、私はトイレ休憩も兼ねて熱海駅では列車を1本ずらします。まずは、熱海発島田行きの普通列車に乗車。(車両は211系3連LL18編成+313系3連)
続きを読む »
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。