ブログに綴る鉄旅の記録

旅行記を毎日ダラダラと綴っています。旧ブログ民の記事を順次引越し中。@付記事は現地・携帯からの投稿です。

中國・北京之旅 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京上海の旅 その7 -頤和園 #4-

2011.10.25 (Tue)
■2日目 2011.10.15

前回の続き)世界遺産の頤和園を観光します。
蘇州街
 
蘇州街は万寿山北側の水路沿いに乾隆帝が1762年に蘇州商人の街並みを
再現して造営したもので、自由に買い物を楽しむことができなかった皇帝や
妃たちがここで買い物ごっこを楽しみました。

現在は土産物屋や港南料理のレストランが建ち並び、入場には頤和園自体の
門標のほかに10元の入場料が必要です。(ただ、通し券には入場料が含まれる)
続きを読む »
スポンサーサイト

北京上海の旅 その6 -頤和園 #3-

2011.10.23 (Sun)
■2日目 2011.10.15

前回の続き)世界遺産の頤和園を観光します。
万寿山
 
長廊を散策したあとは仏香閣のある万寿山を登ります。万寿山には乾隆帝が
昆明湖を浚渫した土砂で築いたとの伝承がありますが、実は自然の山のようです。

この浚渫した土砂で築いた説ってほんの数年前のガイドブックに載っていたような
気がするのですが、もう否定なんですね。(笑)
続きを読む »

北京上海の旅 その5 -頤和園 #2-

2011.10.23 (Sun)
■2日目 2011.10.15

前回の続き)世界遺産の頤和園を観光します。
長廊
 
楽寿堂の次は昆明湖の北岸に沿って建てられた回廊の長廊です。回廊の
長さは728m、梁には花鳥画、風景画、歴史画などが描かれています。
続きを読む »

北京上海の旅 その4 -頤和園 #1-

2011.10.22 (Sat)
■2日目 2011.10.15

前回の続き)上海までの切符を購入したあとは地下鉄で頤和園へと向かいます。
頤和園
 
北京地下鉄を乗り継ぎ4号線の北宮門駅で下車。徒歩10分で目的の頤和園に到着。

頤和園は5年前のツアーで最初に観光した場所。当時は午後に北京空港に到着し
そのまま空港からバスで頤和園に直行、確か4時ぐらいから閉園までの1時間で
楽寿堂から長廊の途中までを見ましたが、頤和園にはほかにも見どころがたくさん。
今回はそのリベンジです。(笑)
続きを読む »

北京上海の旅 その3 -高速鉄道の切符購入-

2011.10.22 (Sat)
■2日目 2011.10.15

前回の続き)旅行2日目は上海までの切符を購入してから頤和園へと向かいます。
北京鉄道駅
 
旅行2日目、朝起きてまずは切符購入のために鉄道駅へ。ニュースでは京滬高速鉄道は
不人気のために空席が目立つと報道されていますが、まぁ先に買っておけば精神的にも
安心できるので、面倒でも先に済ませておくことに。
続きを読む »

北京上海の旅 その2 -北京宝辰飯店-

2011.10.21 (Fri)
■1日目 2011.10.14

前回の続き)東直門駅から2度(!?)タクシーに乗り予約してあるホテルに到着しました。
北京宝辰飯店(パラゴンホテル)
 
今回予約しておいたホテルは北京鉄道駅の真ん前に位置する宝辰飯店です。(翌日撮影)

宿泊費はエクスペディアから予約してスーペリアで1泊6000円程度。比較的リーズナブルで
地下鉄の駅にも近く、価格も立地も私好みのホテル。(笑)
続きを読む »

北京上海の旅 その1 -北京首都国際空港に到着-

2011.10.21 (Fri)
■1日目 2011.10.14

今回の旅行は、京滬高速鉄道に乗車するJAL特典航空券で行く北京上海周遊です。

今年の春頃期限切れを迎えるマイルがあり、どこに行こうか考えた結果乗り鉄の血が騒ぎ(?)
中国の京滬高速鉄道に乗車する旅に決定。すぐさま気候が良くて人出が少なくなると思われる
国慶節後の10月中旬の北京in上海outのオープンジョーチケットをゲット。

・・・と、まぁ、ここまでは良かったんですが、ご存知の通り中国高速鉄道で例の大事故が起こり
さらには出発直前に上海地下鉄でも270人以上が負傷する追突事故も起こり、なんだか中国に
行くこと自体が憚れる雰囲気の中、周囲にはこっそり黙って行ってきました。(笑)

なお、同行者はいつもの“中国旅行仲間”が同じ日程でデルタ航空できています。
成田空港
 
JL(日本航空)869便(成田発18:15→北京着21:15)、機種はB737-800です。離陸が遅れ
1時間押しぐらいで成田空港を出発しました。
続きを読む »
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。